漫画の地球儀

Twitterの『お題箱』の使い方!【メリット、デメリット、開設方法、見つける方法、DM、通知】

スポンサーリンク

ツイッターのお題箱の開設方法

f:id:rick1208:20200615151820p:plain
お題箱とは、ツイッターと連携して使用可能な匿名投稿サービスです。個人を特定できない形での投稿が可能で、受け取った側も送った側も、ツイッターと連携していればそれをチェックする方法も簡単なものになります。

その設定方法も、ツイッターでログインするだけと簡単です。創作活動のお題を集めるためのリクエストボックスとしてに使用している人もいますし、お題箱とは名ばかりで感想を集めるものとして使用している人もいます。

とはいえ、お題箱のサービスの内容が分からないことにはそれに関しても理解できないと思いますので、まず最初は、ツイッターのお題箱を解説する方法の説明から入りましょう。

お題箱のページを開きツイッターアカウント認証をする

f:id:rick1208:20200615151635p:plain
まず、お題箱を作成可能なページを開きます。リンクは下記のとおりです。
お題箱 | ツイッターアカウントで作れるリクエストボックス

お題箱とはツイッターアカウントさえあれば解説が可能なサービスですので、ツイッターのアカウントを所持しているのであればそれ以上のアカウントの作成は不要です。

お題箱の作成画面には「アカウント作成、ログイン」と表示されていますが、このアカウント作成というのはツイッターと連携するのでの設定をするものを指し示します。
f:id:rick1208:20200616013522p:plain
「アカウント作成、ログイン」を選択すると、ツイッターへのログインを促す画面に遷移します。

ここに表示されている注意事項ですが、ツイッターとお題箱のサービスをアプリ連携することで乗っ取られるような機能はつけていません、という表示です。安心して使用してください。

では、ツイッターにログインしてお題箱を開設しましょう。
f:id:rick1208:20200616013531p:plain
アプリ連携のチェックの画面に切り替わりますので、ここでツイッターにログインします。なお、すでにログインしている場合、連携したいアカウントがそれで合っていればそのまま連携アプリを認証してください。連携したいアカウントが異なる場合は1回ログアウトして、ログインしなおしてください。

もしログインしていない場合や1回ログアウトした場合はツイッターのユーザー名とパスワードを記入してログインします。
f:id:rick1208:20200616013539p:plain
登録は上記の流れで終了になります。連携が終了すると下記のような画面が表示されます。
f:id:rick1208:20200616013547p:plain

メールアドレスなどは必要ない

f:id:rick1208:20200615151617p:plain
ツイッターのアカウントだけで可能だったことが分かりましたでしょうか。上記のとおり、お題箱の登録にはツイッターアカウント以外に必要なものはありません。

お題箱はメールアドレスや電話番号などといったものは必須ではないため、気軽に使用することが可能ですね。ただし、通知を受け取るときにメールアドレスが必要になる場合があります。それについては口述します。

ツイッターのお題箱のメリットとデメリット

f:id:rick1208:20200616013619p:plain
先ほども申し上げた通り、ツイッターのお題箱とは匿名でお題などを受け取ることが可能なサービスです。ここでは、そのサービスのメリットとデメリットをそれぞれ挙げていきます。

メリット

f:id:rick1208:20200615151128p:plain
お題箱とはいえ、使用方法は人それぞれです。どんなふうに使用するかによってメリットは大きいでしょうが、どんな使用方法であっても共通の部分について説明していきましょう。

無料で使用可能

まず最初に挙げられるメリットは、何よりも無料で使用可能なという点でしょう。だからこそ多くの人がツイッターのお題箱を開設し、気軽に受け取ったり送ったりという活動が可能なのです。

匿名なので気軽に書き込める

こちらはお題箱に書き込む側からのメリットになりますね。お題箱とは匿名で使用可能なサービスであるという点が最大限に生きるのがここになります。

リプで話しかけるのは恥ずかしいけれど、匿名であれば話しかけやすい、と思っている人も多く、お題以外にも感想や質問などを書き込む人もいます。

コミュニケーションツールとして使える

上記の延長線上になりますが、お題箱のメリットとしてコミュニケーションツールとして使用可能な点も魅力的な部分になります。

匿名、という点から、フォローフォロワー外の人からも受け取ることが(設定すれば)可能です。片道フォローだから、フォロー外だからという理由で創作活動をしている人宛てにリプできない方にとってのコミュニケーションをとるための手段として、お題箱のサービスは匿名性が高いという点もあり使用する人は多くいます。

デメリット

f:id:rick1208:20200615163813p:plain
ツイッターのお題箱のメリットがあるその反面、もちろんデメリットもあります。お題箱の匿名性の高さを使用した悪質な利用者がいるのも事実で、それにより筆を折った方もいます。

匿名がゆえに悪用する人がいる

お題箱とは匿名性が高いサービスであると申し上げましたが、それを悪用して悪口をいう人もいるというデメリットもあります。それこそ手ひどく悪口を言われたり、自分自身や好きな作品をけなされたりと散々な目にあっている利用者がいるのも事実です。

匿名だから誰かは分からない、というメリットが、逆にデメリットにもなってしまっています。

悪口を言われても特定は難しい

そして何より厄介なのが、匿名性の高さゆえに悪口を言う人を特定するが難しいことです。お題を受け取る範囲が広ければ広いほど、なおさら難しいことになります。そのデメリットを使用する人がいるのがそもそも悪いわけですが・・・・・・。

また、仮に範囲が狭くても、悪口を言った人は飄々として話しかけたりすることもあり、送った側が自分自身でぼろを出さない限り特定するのはかなり難しいです。

ツイッターでお題箱の使用方法、設定方法

f:id:rick1208:20200615163715p:plain

では、ツイッターでお題箱を使う方法やその設定方法の説明に移動しましょう。

お題の募集方法

f:id:rick1208:20200615163527p:plain
お題の募集方法ですが、基本的にはタイムラインにお題箱の設置を公開することで募集をすることが可能です。
URLは、お題箱のページの「自分自身のお題箱」を選択すると表示されます。
f:id:rick1208:20200616013914p:plain
他の人がそのお題箱のページを見た時の様子のチェックもここで可能です。URLは画面下部に表示されています。

ツイートをボタンを押せばツイートしてお題箱を宣伝することが可能ですので、ツイートして募集してみましょう。
f:id:rick1208:20200616013921p:plain
なお、ツイートボタンからツイートすると、URLと#odaibakoというハッシュタグがともにツイートされますので、そこに一言二言言葉を添えておくといいかもしれません。
f:id:rick1208:20200616013928p:plain

フォローしている人のお題箱を見つける方法

f:id:rick1208:20200615165258p:plain
なお、フォローしている人がお題箱を設置している場合、その人のお題箱を探すことも可能です。お題箱のページでお題箱を見つけるを選びます。
f:id:rick1208:20200616013944p:plain
すると、ツイッターでフォローしている人のうちお題箱を設置している人のお題箱を探すことが可能です。
f:id:rick1208:20200616013949p:plain

お題の送信方法

f:id:rick1208:20200615165335p:plain
では、お題の投稿方法の説明に移動しましょう。お題を投稿するときはログインしていてもいなくても構いませんが、ログインしておくと送ったお題を後でチェックすることが可能です。

投稿したお題に不備があれば消去も可能です(消去すれば受け取った側の受け取り箱からも消えます)ので、管理面でも便利です。お題箱を所持していて誰かのお題箱にお題を投稿したい場合はログインしておくといいでしょう。

投稿方法ですが、お題を送りたいツイッターユーザーのお題箱に向かってください。
f:id:rick1208:20200616014009p:plain
赤枠で囲った部分がお題を記入する欄になります。1000字以内でお題を記入しましょう。送信を選択すると、チェックのダイアログが表示されます。
f:id:rick1208:20200616014016p:plain
ここで送信を押せば、ツイッターのお題箱に投稿終了です。

受け取ったお題、送ったお題のチェック

f:id:rick1208:20200615171520p:plain
受け取ったお題や送ったお題をお題箱でチェックすることも可能です。

受け取ったお題のチェック方法

まず、受け取ったお題のチェック方法です。お題箱のトップページで「受け取ったお題」を選びます。
f:id:rick1208:20200616014047p:plain
するとお題箱で受け取ったお題が表示されます。なお、新規で受け取ったお題があると「受取箱」に赤で数字が表示されますし、お題にも「new」という表示がされることになります。

送ったお題のチェック方法

送ったお題も先ほどの受け取り箱からチェックが可能ですが、お題箱のトップページで「送ったお題のチェック」を選択すれば同じ画面へ行きつきます。
f:id:rick1208:20200616014112p:plain
選択すると、送ったお題の一覧が表示されます。

お題を受け取った時の通知設定

f:id:rick1208:20200615180605p:plain
お題を受け取った時の通知設定には2種類あります。一つはツイッターのダイレクトメッセージ(DM)に通知される方法、もう一つはお題箱に登録したメールアドレスに通知される方法です。

設定の変更は、お題箱の「設定と管理」から行うことが可能です。
f:id:rick1208:20200616014230p:plain

ダイレクトメッセージ(DM)への通知

お題箱からのダイレクトメッセージ(DM)での通知は、設定項目の「DM通知」から設定可能です。
f:id:rick1208:20200616014249p:plain
すると設定画面になりますので、使用設定をONにします。
f:id:rick1208:20200616014257p:plain
ツイッターのお題箱のアカウントからのダイレクトメッセージ(DM)が贈られることになりますが、アカウントは3種類あるので、そのうちの一つを選びます。仕様に差はないようですので、好きなものを選択すればOKです。
f:id:rick1208:20200616014304p:plain
登録してあると、ツイッターのダイレクトメッセージ(DM)にお題が来た旨が通知されることになります。

ただ、一つ注意しなければならないのは、2018年10月現在ツイッターの使用が変更されたことにより、ダイレクトメッセージ(DM)に通知が来ない場合があるようです。確実に通知を受け取りたい人は次のメールで通知を受け取る方法で通知を受け取ってください。

お題箱に登録したメールアドレスへの通知

メールアドレスで通知を受け取る場合は、メールアドレスを登録する必要があります。「メール設定」を選びてください。
f:id:rick1208:20200616014322p:plain
選択するとメールアドレスを記入する欄になるため、メールアドレスを記入し、通知設定をONにします。
f:id:rick1208:20200616014329p:plain
変更を保存すれば、メールアドレス宛に通知が来るようになります。

ツイッターのお題箱は特定可能?

f:id:rick1208:20200615203048p:plain
ツイッターのお題箱とは匿名性の高いサービスであるとこれまでに何度も申し上げてきましたね。そのことについてもうちょっと詳しく説明していきましょう。

匿名サービスと記載されているため原則的には無理

f:id:rick1208:20200615203133p:plain
残念ながら、デメリットを記載した欄でもお伝えしましたが、お題箱は匿名で送ることが可能なサービスだと記載されているため、原則的に投稿者を特定することには無理があります。

迷惑行為(悪口など)を受けた場合は、投稿者ミュートや投稿の受付範囲の制限、NGワードの設定などで自衛することは可能ですので、そのような方法で防ぐことしかできないのが現状です。

極端にひどい内容の投稿であれば調査を受け付けてくださるそうですが、そもそもが個人的に運営してくださっているものになりますので、すべてについて対応可能なわけでもありません。

調査してくださる範囲などについては下記URLからチェックをお願いします。

個人情報を投稿すると特定される可能性も

f:id:rick1208:20200616011141p:plain
ただし、投稿者側から特定可能な場合も限定的ではありますが、ないわけではありません。

お題を投稿した相手が個人情報を投稿した場合です。この個人情報というのは名前やツイッターのユーザー名以外にも、ツイッターの相互フォローの人同士であれば普段話しているような嗜好の話なども含みます。

要するに、匿名だからといってバレないというわけではないのです。逆に、匿名だけど投稿者が誰か分かるようお題の内容に普段好きだと述べているような内容を含ませたりして楽しむ場合もありますね。

なんにせよ、匿名だからといって好き勝手していいわけではありません。悪口などはなおさらです。お互いに楽しく気持ちよく使用可能なようにしていくようにしてください。

お題箱とは匿名で使用可能な無料の投稿サービスです。匿名で送れはしますが、それを楽しめるのは送る側の配慮もあってこそです。

お互いに楽しく使用可能なようにしていってください。