漫画の地球儀

Twitterの凍結されたアカウントを削除する方法!【パソコン版、スマホ、iPhone、Android、Chrome】

スポンサーリンク

ツイッターでアカウントが凍結

f:id:rick1208:20200615151820p:plain
今や老若男女すべての世代が使用しているSNSといえばツイッターです。国内のツイッターの利用者数は4000万人にも上り今やツイッターを使い多くの人とのつながりやコミュニケーションを楽しむことは当たり前になっています。

そんなコミュニケーションツールとして日常に溶け込んでいるツイッターですが実はツイッターアカウントはツイッター社によって厳しく管理されています。

もしもツイッター社が定めるルールを破るような行為を行ってしまった場合故意でなくても直ちにツイッターアカウントが凍結されてしまうことがあります。

ツイッターアカウントが凍結されてしまうとフォローやリツイートツイッターの基本的な機能を凍結されたツイッターアカウントでは一切使用出来なくなってしまします。

ここではツイッターアカウントが凍結された方やアカウント凍結への対処方法を事前に把握したい人のためにツイッターアカウントが凍結したときの凍結解除方法と使用できなくなった場合の凍結したアカウント消去方法について詳しく説明します。

まず、ツイッターアカウントが凍結されるとツイッターのフォロワー数のが0になるためすぐにツイッターアカウントが凍結されていることが分かります。

f:id:rick1208:20200615151617p:plain

ここでツイッターアカウントが凍結された方やアカウント凍結について知りたい方に事前に把握しておいてほしいこととして、ツイッターアカウントの凍結は3段階の重さがある警告処理になっているということです。

凍結における各段階の処理の重さは以下のようになっています。

・1段階目:軽い警告、ツイッターのホーム画面からすぐに凍結解除することが出来る。
・2段階目:本凍結・消去対象リスト入り、ツイッター者に向けてアカウント凍結解除申請をしないとツイッターアカウントの凍結解除が出来ない
・ 3段階目:アカウント消去、大半ない稀有なことですがツイッター社によって凍結したツイッターアカウントが消去されます。

基本的に凍結されたアカウントで対処可能なのは1段階目と2段階目のみになります。それぞれの段階で凍結されたツイッターアカウントの凍結解除方法の違いやその具体的な凍結解除方法については後述していきます。

ルールに違反するツイートをした

f:id:rick1208:20200615151635p:plain
ツイッターのアカウントが凍結される背景にはツイッターが定めたルールに使用しているツイッターアカウントが抵触することによって起こります。

凍結が行われた後は凍結原因を理解し、今後ツイッターアカウントが凍結されないための対策を打つことでツイッターアカウント凍結のリスクをちょっとでも減らすようにしましょう。

ツイッターアカウントが凍結される原因としては大きく以下の5つが考えられます。

①短期間での大量フォロー・ツイートがされた
ツイッターツールの乱用
ツイッターアカウントに対するスパム報告やブロックが多い
④長期間ツイッターアカウントを放置している
ツイッターアカウントの大量作成された

では、それぞれについて詳細を説明していきます。ツイッターアカウントの凍結に関して最も代表的な原因が「短期間の間に大量のフォローがされた場合」になります。

ツイッターはユーザー同士のコミュニケーションを目的とする以外にも、広告などの商業目的で使用されています。

このような商業目的でツイッターを使用する場合に、フォロワー数獲得のためにを短期間に大量にフォローを増やしてしまうとツイッターアカウントが凍結されてしまうのです。

商業目的での使用でもアカウントの凍結を防ぐために、適度な交流として1日に数十名程度のフォローに留めておくことが良いと思います。

次に、ダイレクトメッセージの大量送信や誹謗中傷・個人情報漏洩する行為もツイッターアカウントが凍結しやすい行為とされています。

これは過剰にダイレクトメッセージを送ることや誹謗中傷・個人情報漏洩する行為は、「ツイッターアカウントに対するスパム報告やブロック」を増加させてしまうため、迷惑行為をしているツイッターアカウントとツイッターに判断されてしまいアカウントが凍結されてしまうのです。

また、ツイッターの自動ツールの使用についてですが、ツールの使用は凍結の対象のリスクに常にさらされている自覚を所持して使用するようにしてください。

ツイッターアカウントを安全に使用したい方にはあまりおススメ可能でせん。

どうしても自動化したい場合は大量のフォローやスパム報告・ブロックが起きないよう、アカウントの凍結を防止するのでにも1日のフォロー数などの設定を少なめに調整して使用するようにしましょう。

上述した通り短期間で大量にフォローを行っている場合や他の利用者への迷惑行為と判断される運用をするとツイッターアカウントの凍結対象にされてしまいます。

度が過ぎるフォロ-に関してはツイッターから「これ以上フォロー可能でせん」という警告が表示されます。

このメッセージが来たら1日のフォロー数を減らすなど、ツイッターアカウントが凍結されないように対策を取りながら運用していくようにしましょう。

アカウントを作りすぎている

f:id:rick1208:20200615150807p:plain
ここでは「アカウントの大量作成」によってツイッターアカウントが凍結される場合について説明します。

個人でアカウントを複数持ち同じ内容のツイートを繰り返していることがチェックされるとツイッターアカウントが凍結される可能性があります。

これは通常のツイッター運用では起こりえない状況のためルール違反であるという判定を受けてしまうようです。

ツイッターアカウントを大量に持つこと自体は問題なく凍結対象ではありません。

上述した通り短期間での大量フォローや悪質なツイート、なりすまし、迷惑行為などのために使用しているツイッターアカウントが1つでもあると同一IPで作成したアカウントがすべて凍結されてしまう恐れがあります。

ここで言う同一IPとは、パソコンやiPhoneAndroidなどのスマホなどの使用機器をインターネット上で識別するのでの住所のようなものです。

使用しているネットワークと端末が記録されており、仮に端末を変えてアカウントを作成したとしても同じルーターからインターネットに接続している場合は同一IPで作成したツイッターアカウントと判断されます。

凍結の対象となる可能性があるため注意が必要です。

ツイッター側のバグ

f:id:rick1208:20200615145320p:plain
最後に、何もルール違反をしていない場合にツイッターアカウントが凍結されてしまうツイッター側のバグについて説明します。

普通にツイッターを運用していて凍結される場合は、何かのきっかけで自分自身が有名になりフォロワーが急激に増えた場合です。

1回に多くのフォロー返しを行うと不自然なフォロー数の増加とツイッターに判断され凍結されることがあるようです。

このようにツイッターのシステム上、例外的に凍結されてしまうことがあるのですが、現状特に対策は取られていないため、違反となるルールを理解し上手にツイッターを運用する他対策はありません。

ツイッターで凍結されたアカウントを消去する

f:id:rick1208:20200615145319p:plain
ツイッターで凍結されたアカウントの消去方法について説明していきます。凍結されたツイッターアカウントと消去するのでには、まずツイッターアカウントの凍結を解除する必要があります。

ツイッターアカウントの消去を進めるためにも凍結解除について詳しく説明します。

ツイッターアカウントが凍結された場合、「このアカウントは現在凍結されています。」という表示とフォロー数とフォロワー数が0となっています。

ツイッターアカウントが凍結された場合も1段階目ならば凍結解除が簡単に可能になります。

上述した通りツイッターアカウントの凍結には段階があり、2段階目になると必要情報の記入やツイッターヘルプセンターへの異議申し立てが必要になってきます。

1段階目の凍結を解除する方法としては、ツイッターへのログイン後「凍結されたアカウント」を押し、チェックボックスへのチェックと「画像認証」にある英数字を記入するとツイッターアカウントの凍結が解除されます。
f:id:rick1208:20200615162058p:plain
2段階目の凍結解除にはツイッターヘルプセンターへの「異議申し立て」が必要になります。

ツイッターの異議申し立てはツイッターヘルプセンターの「異議申し立て」サイトページにアクセスし、「アカウントの凍結あるいはロックに異議申し立てをする」という上記のサイトページを表示します。

異議申し立てページに必要事項を記入し凍結解除申請をし、異議申し立てが認められるとツイッターアカウントの凍結が解除されます。

パソコンでツイッターを開く

f:id:rick1208:20200615145309p:plain
上記の方法でツイッターアカウントの凍結が解除されたら、通常のツイッターアカウントの消去方法にしたがってアカウントの消去を行っていきます。

気を付ける点としてはiPhoneAndroidなどのスマホの通常画面からはツイッターアカウントの消去申請はできないためパソコンを使用してサイトを見る。

あるいはiPhoneAndroidなどのスマホからパソコンブラウザを開いてツイッターサイトを開きにログインしてください。

iPhoneAndroidなどのスマホでしかツイッターを利用していない人もツイッターサイトをパソコンで検索します。

アカウントの作成時に登録した電話番号、メールアドレス、ツイッターユーザーとパスワードを記入することで簡単にパソコン版のツイッターサイトにログインすることが出来ます。

また、スマホからパソコンサイトをブラウザ表示しツイッターアカウントを消去する方法については後述します。

設定を開きアカウントを消去を押す

f:id:rick1208:20200615101825p:plain
続いて凍結されたツイッターアカウントの消去方法について説明します。凍結されたツイッターアカウントの凍結が解除されたら消去したいツイッターアカウントでログインします。

消去したいツイッターアカウントでのログイン後は消去したいツイッターアカウントのプロフィールを押し、「設定とプライバシー」のサイトページに移動します。
f:id:rick1208:20200615162703p:plain
消去したいツイッターアカウントで「設定とプライバシー」のサイトページを開くとサイトページを最下部に「アカウントの消去」という項目があるので押してください。
f:id:rick1208:20200615162709p:plain
アカウントの消去をクリックするとツイッターアカウント消去のための退会ページに移動します。消去ページのの最後に「退会する」をクリックすると凍結されたツイッターアカウントの消去が終了します。

witterで凍結されたアカウントを消去すると?

f:id:rick1208:20200615101051p:plain
凍結されたツイッターアカウントの消去には凍結解除を行った後、パソコンブラウザでツイッターサイトを開き自身のプロフィールから消去申請を行うことでツイッターアカウントの消去を行うことが可能です。

しかし、凍結解除しツイッターアカウントしても数十日はデータがツイッター内に残り、簡単にアカウントを復帰できてしまいます。

自身の誤った操作でせっかくおこなったツイッターアカウントの消去申請を解除しないよう、ここでは凍結されたツイッターアカウントの消去における気を付ける点について詳しく説明していきたいと思います。

30日はアカウントのデーターは保存される

f:id:rick1208:20200615101213p:plain
凍結されたツイッターアカウントの消去を行った後も消去済みのアカウントのデータは消去から30日間は保存されます。

消去済みのアカウントのユーザー名、メールアドレス、電話番号と消去済みのアカウントのパスワードでパソコン版のツイッターサイトにログインするか、iPhoneAndroid対応のアプリからログインすると消去したツイッターアカウントが復活します。

消去したアカウントを凍結対象になったまま使用しない場合は、消去したアカウントでツイッターにログインはしないようにしてください。

また、消去したツイッターアカウントで使用していたユーザー名、メールアドレス、電話番号はツイッターを消去して30日後から新規の別アカウントとして使用することが可能になります。

凍結対象となってしまった後、再度同じユーザー名でツイッターの運用を続けたい場合は消去申請をした後30日待ってから同じユーザー名で新規アカウントを作成するようにしましょう。

アカウント復帰の申請(異議申し立て)をしてから行うのがおススメ

f:id:rick1208:20200615095107p:plain

スマホからツイッターのアカウントを消去する方法

何もツイッターのルールに抵触しない運用でアカウントの凍結がされた場合の対策としてはツイッターのヘルプセンターに異議申し立てをし、凍結解除申請をすることが最も効果的です。

異議申し立てで主張の正当性が認められると、どの段階の凍結処分でもツイッターアカウントの凍結が解除されます。

ツイッターが定めるルール上、例外的に凍結がされてしまう場合がどうしてもあるため迷わず異議申し立てをしましょう。

また、どうしてもアカウントの凍結が納得できない場合についても1度異議申し立てを使用し、意見だけでも異議申し立てのサイトページからちゃんと伝え、凍結解除を目指すと状況が好転する場合があります。

異議申し立てが通り、アカウントの凍結が解除されたら必ず対策をとり、今後異議申し立てを使用しなくても良いよう安全なツイッター使用の戦略を立てるようにしてください。

Google Chromeを使う

f:id:rick1208:20200615094926p:plain
最後にiPhoneAndroidなどのスマホからツイッターアカウントを消去する方法を説明していきます。上述した通り、iPhoneAndroidなどのスマホ向けのサイトからはツイッターアカウントの消去は出来ない設定になっています。

よって、iPhoneAndroidなどのスマホを使用する場合はパソコンブラウザでパソコン向けのサイトを表示する必要があります。

それでは、iPhoneAndroidなどのスマホでパソコンブラウザのパソコン向けサイトを開き、アカウントの消去を行う方法は後述していきます。

Google Chromeを使う

f:id:rick1208:20200615092940p:plain
iPhoneAndroidなどのスマホから凍結されたツイッターアカウントの消去を行うためにはパソコンサイトを見ること可能なブラウザを使用する必要があります。

iPhoneAndroidなどのスマホで使用可能なパソコンサイトを見ること可能なブラウザには以下のようなものがあります。

GoogleChrome
Firefox
Yahoo!ブラウザ
Opera Mini Web ブラウザ
⑤ドルフィンゼロ

上記パソコンサイト表示可能なブラウザの中でも、GoogleChromeiPhoneAndroidなどのスマホに標準で入っているパソコン表示可能ブラウザで使用しやすいものになっています。

iPhoneAndroidなどのスマホの中でも特にAndroidを搭載しているスマホとの相性が良いものになります。

ここでは最も使用しやすいGoogleChromeを使ったiPhoneAndroidなどのスマホからのツイッターアカウント消去方法について詳細を説明していきたいと思います。

スマホでパソコン版のツイッターを表示する方法

f:id:rick1208:20200615090656p:plain

iPhoneAndroidなどのスマホに搭載されているブラウザであるGoogleChromeを利用してツイッターサイトを使用するとまずツイッタースマホ向けサイトが表示されます。

そこでブラウザ内に標準機能として搭載されているパソコン版のサイトを表示する機能を使用し、ブラウザでパソコン版のサイトを表示します。

ブラウザとしてGoogleChromeを使用する場合は、右上のメニューを押し「パソコンサイト」にチェックを入れてください。チェックを入れるとスマホ用のサイトからパソコン用のサイトにブラウザの表示が移管します。

ブラウザにパソコン版のサイトが表示されたら、凍結されたツイッターアカウントでログインし、先ほどと同様「プロフィール設定」→「アカウントの消去を行う」という流れで消去申請を行うようにしてください。

ツイッターの凍結されたツイッターアカウントを消去する方法をご理解いただけたと思いますか。

基本的に凍結されたツイッターアカウントの消去を行うためには凍結解除を行い、自身のツイッターアカウントのプロフィール設定からアカウントの消去を行う必要があります。

ツイッターアカウントの凍結解除が進まない場合はツイッターヘルプセンターで異議申し立てを行うようにしてください。

また、ツイッターアカウントの消去はiPhoneAndroidなどのスマホからは出来ないためパソコンからパソコン版のツイッターにログインするか、GoogleChromeなどのブラウザの表示をパソコン版に切り替えてツイッターのサイトにログインし消去申請を進めるようにしましょう。