漫画の地球儀

Googleスプレッドシートのグラフをメール送信する方法!【添付、作成、データ、コピペ、コード】

スポンサーリンク

Googleスプレッドシートのグラフをメールに添付するには?

f:id:rick1208:20200615103120p:plain
みなさんはGoogleスプレッドシートでグラフを作成したことはありますか。そもそもGoogleスプレッドシートというのを知っていますか。

Googleスプレッドシートとは、Gmailアカウントさえあれば誰でも使用可能なドキュメント作成ツールになります。

そんなGoogleスプレッドシートでグラフを作成した場合は、どのようにして相手にメールで送信することが可能なのと思いますか。

Google Apps Script、GASを使用

f:id:rick1208:20200615102708p:plain
それでは早速Googleスプレッドシートのグラフをメールに添付するにはどんな方法でGoogleスプレッドシートのグラフをメールに添付することが可能なのと思いますか。

まずGoogleスプレッドシートのグラフをメールに添付するには、Google Apps Script、GASを使用を使用する必要があります。

Google Apps Script、GASとは、Googleが提供するサーバーサイド・スクリプト環境です。Googleが提供する一大スクリプト環境であるため知っておきましょう。

知識がなくてもコピペで可能

f:id:rick1208:20200615102441p:plain
しかしGoogleが提供するサーバーサイド・スクリプト環境であるため、色んなサイトに情報がたくさんあります。なのでスクリプト機能だからと言ってそんなにスクリプトの知識は必要がありません。

サイトのスクリプトをコピペしたり、そのままスクリプトを使用すれば知識がなくてもGoogle Apps Script、GASのスクリプトをコピペ使用することが可能です。

しかしすこしカスタマイズしたりコピペ編集したい場合は、スクリプトの知識やIT知識が必要なので気を付けてください。

グラフ作成

f:id:rick1208:20200615102408p:plain
それではここからはGoogleスプレッドシートでグラフをメールで添付して送信する方法として、メールで送信するGoogleスプレッドシートでグラフを作成する方法について説明していきます。

Googleスプレッドシートは先ほど解説したようにGmailアカウントがあれば無料でグラフを作成することが可能です。なのであらかじめGmailアカウントを作っておきましょう。

グラフ作成やり方

f:id:rick1208:20200615101825p:plain
Googleスプレッドシートでグラフを作成するやり方を解説するのでにはまず最初はグラフを作成するのでにデータを用意する必要もあります。

このデータは自分自身自身があらかじめ作成したデータをコピペしてもいいですし、インターネットにあるデータをコピペしても大丈夫です。

データを作成

f:id:rick1208:20200615101051p:plain
なのでGmailアカウントを作成したあとに、Googleスプレッドシートでグラフにするデータを作成しましょう。一からデータを作成すると時間が掛かってしまいます。

なのでサンプルデータでよければインターネットにあるデータをコピペしましょう。あるいは他のエクセル等で作成したデータもコピペすれば使用することが可能です。

スクリプトエディタを開く

f:id:rick1208:20200615103233p:plain

そしてGoogleスプレッドシートスクリプトエディタを開きましょう。スクリプトエディタとは、macOSに標準搭載しているAppleScriptなどのOSA言語を記述、実行、保存、簡易デバッグまでするのでのアップル製専用のGUIアプリケーションです。

Googleスプレッドシートの「ツール > スクリプトエディタ」から開くことが可能です。しかし気を付ける点として、「スクリプトマネージャ」や「スクリプトギャラリー」が同じメニュータブにありましたが、今はスクリプトエディタのみが表示されています。

コードをペースト

f:id:rick1208:20200615103336p:plain
そして次にインターネットや事前にデータと共にコードをコピペで張り付けましょう。このときにコードのコピペを間違えると正しく動作しないこともあります。

なのでコードをコピペするときは慎重に行うようにしましょう。またコードに興味がある場合は、コードをコピペしながらコードでどんな処理をしているかチェックしてみましょう。

Gmailアカウントとの紐づけを許可

f:id:rick1208:20200615104347p:plain
そしてコードをペーストしたらGmailアカウントとの紐づけを許可を行いましょう。Gmailアカウントとの紐づけを許可することでコードやスクリプトを実行可能なようになります。

逆にGmailアカウントとの紐づけをしないとせっかくコピーしたコードを使用することが可能でせん。なのでGmailアカウントとの紐づけを許可を忘れないようにしてください。

スクリプトを実行

そして最後にGoogleスプレッドシートスクリプトエディタからスクリプトを実行を行いましょう。もしこの時にエラーが発生する場合は、コードコピペが間違っているかGmailアカウントとの紐づけを許可ができていないかもしれません。

なので上記の作業を一つずつチェックしてみてください。

メール送信

f:id:rick1208:20200615094926p:plain
Googleスプレッドシートでグラフを作成することができたら次は、Googleスプレッドシートのグラフをメール送信する方法について説明していきます。

メールで送信するときはどのGoogleスプレッドシートのグラフを添付して送付するのかを事前にチェックしておきましょう。

メール送信やり方

f:id:rick1208:20200615095107p:plain
それでは先ほど作成したGoogleスプレッドシートのグラフを添付してメールで送信する方法を説明していきます。

スクリプトエディタを開く

f:id:rick1208:20200615104430p:plain
先ほど同様にGoogleスプレッドシートスクリプトエディタを開きましょう。Googleスプレッドシートの「ツール > スクリプトエディタ」から開くことが可能です。

しかし気を付ける点として、先ほど作成したGoogleスプレッドシートでグラフを作成したスクリプトエディタを消去しないようにしましょう。

もしかしたら再度使用する場合もあるのでなるべくGoogleスプレッドシートのコードは残しておくことをおすすします。

コードをペースト

f:id:rick1208:20200615104534p:plain
Googleスプレッドシートスクリプトエディタを開いたら、グラフをメール送信するのでのコードを張り付けしましょう。

先ほどのグラフを作成するコード間違ってコピペしないように異なるサイトからコードをコピペすると誤作動を起こさせずに済むのでコピペするときは自分自身自身で工夫して行いましょう。

スクリプト実行

そして最後にコピペしたスクリプトを実行すれば終了です。しかしGmailアカウントとの紐づけを許可をリセットしていると再度Gmailアカウントとの紐づけを許可をする必要があります。

もし今後もGoogleスプレッドシートスクリプトを実行する場合があるのなら、Gmailアカウントとの紐づけを許可を保存しておくといいかもしれません。

また補足としてGmailアカウントとの紐づけを許可するとスクリプトを共有したりすることも可能です。

スクリプトのカスタマイズ

f:id:rick1208:20200615092940p:plain
Googleスプレッドシートのグラフをメール送信する方法として、先ほどはコピペの方法を解説しましたが、スクリプトのカスタマイズすることも可能です。

スクリプトのカスタマイズすることで色んなグラフを作成したり、デザインを変更することも可能です。なのでスクリプトのカスタマイズ方法は知っておくと便利かもしれません。

グラフ作成のスクリプト

f:id:rick1208:20200615092929p:plain
それではスクリプトのカスタマイズしたGoogleスプレッドシートのグラフ作成のスクリプトを変更する方法について説明していきます。

しかしグラフ作成は実はGUI操作でも変更したり。作成することも可能です。なのであまりスクリプト等に興味がなければGUI操作でもいいかもしれません。

グラフの範囲

f:id:rick1208:20200615090656p:plain
まずGoogleスプレッドシートのグラフ作成のスクリプトとしては、グラフの範囲を変更することも可能です。setChartTypeでグラフのカラムを設定します。

またそのカラムに対してaddRange(sheet、getRange)という形でグラフの範囲を設定していくので、addRangeという単語をの範囲を編集することでグラフの範囲を変更することが可能です。

グラフの種類

f:id:rick1208:20200614195846p:plain
次にグラフの種類を変更するのでにGoogleスプレッドシートスクリプトをカスタマイズする方法としては、sheet、updateChartというコードを使用します。

例えばシート上の「棒グラフ」を円グラフに更新するコードは、sheet、updateChart(newchart)とsetChartType(Charts、ChartType、PIE)をコードに追加します。

グラフタイトル

f:id:rick1208:20200614195624p:plain
またグラフのタイトルもスクリプトをカスタマイズすることで変更することが可能です。setOptionでグラフのタイトルを指定します。なのでsetOptionというコードを覚えておきましょう。

使用方法としては、setOption(option,value)で、「option」には「title」を指定し、「value」にはタイトルとして表示するタイトル名を指定することが可能です。

グラフのカラー

f:id:rick1208:20200614195644p:plain
そしてGoogleスプレッドシートのグラフのカラーをスクリプトのカスタマイズから変更する方法も解説します。コードの例は、setOption('series、0、color', '#ff0000')があります。

'#ff0000'は、パソコン言語で色を設定するコードになります。これはちょっと難しいので自分自身自身がしたい色を決めておき別途調べるようにしましょう。

メール送信のスクリプト

f:id:rick1208:20200614192350p:plain

それでは次にメール送信のスクリプトをカスタマイズする方法を解説しいきます。またGmailアカウントとの紐づけを許可の設定も事前にチェックしておくとカスタマイズしたスクリプトを別途活用することも可能です。

件名

f:id:rick1208:20200614192309p:plain
まずメール送信のスクリプトカスタマイズする方法として件名を変更する方法は、titleというコードを使用します。使用方法としては、var title = 'メール件名を記入';という形になります。

宛先

またメールで大事な宛先については、send_dataというコードを使用します。var send_data = 「 'sメールアドレス', ・・・・・・他のメールアドレス・・・・・・ 」;という形で複数を宛先にすることも可能です。

本文

そして最後にメールの本文です。var content =”本番内容を記載”という形でコードを使用することが可能です。このときに記入可能な文字は無限ですが、改行や記号を使用するときは気を付けてください。

Gmail

f:id:rick1208:20200614093147p:plain
Gmailアカウントを使用して、GmailGoogleスプレッドシートのファイルを丸ごとメールで送信する方法を最後に説明していきます。

送信やり方

f:id:rick1208:20200614083315p:plain
GmailGoogleスプレッドシートのファイルを丸ごとメールで送信するには、あらかじめGmailアカウントとGmailの設定を行っておきましょう。

Gmailから作成

f:id:rick1208:20200615104930p:plain
まず最初はGmailのアプリケーションを起動します。Gmailを起動したらGmailで新規作成を押しましょう。

そしてGmailで送信したいGoogleスプレッドシートをドライブアイコンからファイル選びましょう。このときに誤ったGoogleスプレッドシートを選びないようにしましょう。

またGoogleスプレッドシートのサイズが大きいとGmailで送信するときに時間が掛かってしまいますので、サイズにも気を付けてください。

そしてGmailを送信する前に送信方法を選択をしましょう。送信方法とは、Gmailでの送信方法はバージョンによってはない場合もあるので、なければスキップしましょう。

挿入して送信

f:id:rick1208:20200615104958p:plain
Googleスプレッドシートの挿入や添付できていることをチェックしてメールを送信しましょう。また添付しているデータや宛先によっては、データを暗号化許可をすることをおススメします

メールにデータを添付することは危険の場合もあるので、相手に事前にメールを送ることを伝えておきましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20200614050144p:plain

メールに添付するにはコードを使用する必要があったりとちょっと難易度は高いですが、コピペも可能なのでそんな難しくもありません。

また1回スクリプトを作ってGmailアカウントとの紐づけを許可して共有にすれば、他のアプリケーションから使用することが可能です。