漫画の地球儀

Kindle Cloud Readerのメリット!【使い方、デメリット、電子書籍、パソコン、注意点、アプリなし】

スポンサーリンク

Kindle Cloud Reader」

f:id:rick1208:20200615094843p:plain
電子書籍はアプリなどで読むという人もいると思います。そこで、ブラウザで本を読むことの可能なサービスを説明して行きます。そのサービスとは「Kindle Cloud Reader」です。Kindle Cloud Readerとは、ブラウザで本を読めるサービスとなっています。

Kindle Cloud Readerは、Amazon、co、jpから2014年9月19日、 Kindle電子書籍をパソコンのブラウザ上で読むことの可能なサービスのことです。それでは、Kindle Cloud Readerの特徴について本日は徹底的に説明をしていきたいと思います。

アプリなしでKindleの本を読めるサービス

f:id:rick1208:20200615094855p:plain
Kindle Cloud Readerは、使用している端末にアプリをダウンロードする必要はありません。ですから、そのままブラウザで、Kindle Cloud Readerサービスを通して電子書籍を楽しめるというメリットである特徴をしています。

Kindle Cloud Readerを使用して、Amazonで購入をしたKindle電子書籍を手軽に読めますので、これを機に是非、Kindle Cloud Readerを使用してみては、いかがと思いますか。必要なものは、ありませんのですぐに始めることが可能です。

Kindle Cloud Reader」のメリット

f:id:rick1208:20200615094910p:plain
それでは、Kindle電子書籍Kindle Cloud Readerで読むメリットについて説明をしていきたいと思います。あらかじめ、Kindle Cloud Readerのメリットを知っておけば、実ときに使用していくのがスムーズにもなりますので、理解をしておいてください。

では、Kindle Cloud Readerの主なメリットを説明して行きますので、ログインして実ときに使用してみてください。

主なメリット

f:id:rick1208:20200615094926p:plain
Kindle Cloud Readerの主なメリットは5つほどありますので、一つ一つメリットを説明をしていきたいと思います。

ダウンロードせずに読める

Kindle Cloud Readerにログインさえすれば、ブラウザでKindle電子書籍を読むことが可能ですので、ダウンロードをしなくても読むことが可能なメリットがあります。

ブラウザ上で読めますから、パソコンやスマートフォンの容量を使わずにKindle電子書籍を読めることが可能です。

印刷が可能

そして、Kindle Cloud Readerはブラウザ上で読めることで受けるメリットがあります。

それは「印刷が可能な」ということです。Kindleアプリには、この印刷機能を使うことが可能でせんので、Kindle Cloud Readerはブラウザだけのメリットであります。

アプリのダウンロードが必要ない

Kindle Cloud Readerは、すべてブラウザで完結してしまうため「アプリのダウンロードが必要ない」というメリットがあります。一切アプリのダウンロードする必要がありませんので、ログインだけでブラウザ上で読めることが可能です。

動作が軽い

また、Kindle Cloud Readerはブラウザで電子書籍を読めることが可能なため、動作がとても軽く快適に楽しめるというメリットがあります。アプリですと、動作速度などが問題になったりしますが、ブラウザなので関係ありません。

Linuxでも使用可能

Linuxは、Kindleアプリに対応してないため、Kindle電子書籍を読むことができないという現状があります。そこで、Kindle Cloud Readerを使うことで、Linuxでもブラウザ上でありますがKindle電子書籍を読めることが可能になりました。

Kindle Cloud Reader」のデメリット

次には、Kindle Cloud Readerの使用していく上で「デメリット」にも注目をしていく必要があります。デメリットを事前に知っておくことで、実ときに使用した場合の不満などを避けることが可能です。では、デメリットを説明して行きます。

主なデメリット

f:id:rick1208:20200615095026p:plain
Kindle Cloud Readerの主なデメリットを2つほど説明して行きます。このデメリットは、気を付ける点にもなりますので、ちゃんとチェックをしてください。

リフロー型の和書が読めない

では、Kindle Cloud Readerの気を付ける点でもあるデメリットを解説します。最初のデメリットは「リフロー型の和書が読めない」です。

リフロー型の和書とは、小説などの文字主体の本です。Kindle Cloud Readerの気を付ける点でもありますので、気をつけてください。

拡大、縮小ができない

Kindle Cloud Readerは、ブラウザ上で読むことになっておりますので「拡大、縮小ができない」仕様になっていますので、気を付ける点である事を理解しておいてください。

Kindle Cloud Reader」の使用方法

f:id:rick1208:20200615095107p:plain
それでは、Kindle Cloud Readerの使用方法について説明をしていきたいと思います。

使用方法

Kindle Cloud Readerの使用方法のやり方を行っていきますので、参考にしてください。

サインインしてください
f:id:rick1208:20200615095140p:plain
最初に、Kindle Cloud Readerにログインをしなければなりません。下のリンクにアクセスして、Kindle Cloud Readerのページへアクセスして、Kindle Cloud Readerにログインしておいてください。
Kindle Cloud Reader

f:id:rick1208:20200615095217p:plain
Kindle Cloud Readerにログインをしましたら、上の画像のような画面になりますので「オフラインで有効にする」を押していきます。
f:id:rick1208:20200615095352p:plain
つづいて、Kindle Cloud Readerのポップアップが表示されますので「追加」を押して進んでいきます。
f:id:rick1208:20200615095404p:plain
そして、Kindle Cloud Readerのアカウントにサインインが終了されます。まだ、本を購入していない人は「無料のマンガを購入」を押して、本を購入してみてください。

読みたい作品を選択

Kindle Cloud Readerで本を読む場合は、トップページから読みたい作品を選びて行きます。

そうしますと、作品を読むことが可能な。プレビュー画面になります。

また、本をダウンロードすることも可能です。オフラインでも楽しみたい人は使用してみてはいかがと思いますか。

Kindle Cloud Reader」の使うときの気を付ける点

f:id:rick1208:20200615091824p:plain
最後に、Kindle Cloud Readerを使う場合に気を付ける点について解説をして、この記事を閉めたいと思います。気を付ける点をちゃんと理解していないと、Kindle Cloud Readerで本を読むことに支障をきたすことがありますので、必ず知っておくべきです。

開ける本と開けない本がある

f:id:rick1208:20200614201519p:plain
Kindle Cloud Readerの気を付ける点とは「開ける本と開けない本がある」ことです。要するに、読むことができない本と読める本がKindle Cloud Readerにはあるということです。

これをちゃんとと知っておかなければ、本を買ったとしても、Kindle Cloud Readerで読むことができないかもしれません。そこで、Kindle Cloud Readerで「開ける本」「開けない本」をそれぞれ解説をしていきたいと思います。

開ける本

Kindle Cloud Readerで、開ける本は「マンガ、雑誌、技術書、洋書」となっております。

開けない本

Kindle Cloud Readerで、開けない本は「小説などの文字主体の本」となっています。

まとめ

f:id:rick1208:20200615095535p:plain
Kindle Cloud Readerはブラウザ上で、電子書籍を楽しむことが可能ですので、Kindleアプリが使えない端末にとっては便利です。また、気軽に読めますので、使用しやすいです。

それでは、この記事を参考にして、Kindle Cloud Readerを使用してみてください。