漫画の地球儀

Windows10の動画インポート時のエラーの原因、対処法!【iPhone、Android、デバイスに到達できません】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200610143628p:plain

Windows10にiPhoneAndroidスマホをUSBケーブルで接続してファイルをインポートしようとしたときに、「デバイスに到達可能でせん」・「システムに接続されたデバイスが機能していません」といったエラーメッセージが表示されて、ファイルの移動ができない状態になってしまい困ったことはありませんか?

動画・写真を移動するのでにUSBケーブルでスマホとパソコンを接続しているのに、移動できないと言われたらどうすればいいのか分からなくなりますよね。そこで、ここではWindows10の動画インポート時のエラー対処法をご説明していきます。

「デバイスに到達できません」のエラーの対処法

f:id:rick1208:20200610143709p:plain

トラブルシューティングを試してみる

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「設定」を押しましょう。

Windowsの設定が表示されるので、「更新とセキュリティ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200610143224p:plain
設定画面が表示されるので、左側メニューの「トラブルシューティング」を押しましょう。トラブルシューティングの一覧が表示されたら、「ハードウェアとデバイス」を押して開き「トラブルシューティングツールの実行」を押してトラブルシューティングを実行してみましょう。
f:id:rick1208:20200610143237p:plain
トラブルシューティングツールが起動したら、表示される指示に従ってトラブルシューティングを進めましょう。トラブルシューティングが終了したら、再度ファイルをインポート可能なかどうか試してみましょう。

スマホの接続方法をチェックする

AndroidスマホをUSBケーブルでパソコンに接続するだけでは、ファイルを移動させることはできないので注意しましょう。

USBケーブルでパソコンに接続すると「USBをファイル転送に使用しますか?」といったメッセージが表示されます。ここで「はい」を選択することで、ファイル転送(MTP)設定が終了してパソコンにファイルをインポート可能なようになります。
f:id:rick1208:20200610143301p:plain
もし間違って接続時に「いいえ」を選びても、Androidスマホをパソコンに接続している間は通知バーに設定用の項目が表示されたままになります。通知を押して「ファイルを転送する(MTP)」を押すことでインポート可能です。
f:id:rick1208:20200610143312p:plain
iPhoneの場合は、設定を開いて「写真」を押し、写真の項目一覧から「MACあるいはパソコンに転送」の項目で「元のフォーマットのまま」のチェックボックスをオンにしましょう。あとはiPhoneを再起動すればインポート可能なようになります。

ドライバーを再インストールしてみる

接続しているドライバーにトラブルが発生していて正常に動作していないためにファイルがインポートできていないという可能性もあります。この場合は、Windows10に接続しているスマホのドライバーを一旦アンインストールしてから再インストールしてみましょう。

デスクトップ画面で「Windowsキー+Xキー」を同時押ししてアドバンスドメニューを開き、メニュー内の「デバイスマネージャー」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200610143358p:plain
バイスマネージャーが開きます。デバイス一覧の中から「ポータブルデバイス」・「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」・「ユニバーサルシリアルパスデバイス」のいずれかにスマホのドライバーがあるので、右押して「デバイスのアンインストール」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200610143418p:plain
バイスのアンインストールウィンドウが表示されるので、「このデバイスのドライバーソフトウェアを消去します。」のチェックボックスをオンにして「アンインストール」ボタンを押すことで、スマホのドライバーがアンインストールされます。この後、Windows10の再起動を求められるので再起動しましょう。パソコンの再起動後に再びスマホをUSBケーブルで接続することで、ドライバーが再インストールされます。