漫画の地球儀

Gmailの検索履歴を削除する方法!【消去、キーワード、パソコン、スマホ、ブラウザ】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200611111152p:plain

Gmailで受信したメールの中から見たいメールだけチェックしたい場合、件名や送信元メールアドレスなどで検索するか方がいるかと思います。

ここで検索したキーワードはGmail側で記憶されており、同じキーワードで再検索するときは表示された検索履歴をクリックするだけで、同じキーワードで再検索することが可能です。
f:id:rick1208:20200611055229p:plain
ですが、似た検索キーワードがいっぱい並んでいてうっとおしい、検索履歴を見られたくないという理由で、Gmailの検索履歴を消去したい時があると思います。

そういうときどうしたらいいのか解説します。

Gmailの検索履歴を消去する方法

f:id:rick1208:20200611111212p:plain
Gmailの検索履歴を消去する方法は簡単です。ですがスマホとパソコン(ブラウザ版)とでは消去方法が異なるのでそれぞれ見ていきましょう。

パソコン

パソコンの場合はとてもカンタンです。

まず、普通に検索するときと同様に検索ボックスを押しましょう。
f:id:rick1208:20200611055355p:plain

押して1秒弱経つと頻繁にやり取りを行っている連絡先(メールアドレス)と一緒に過去に検索したキーワードが表示されます。
f:id:rick1208:20200611055406p:plain
この検索キーワードにカーソル合わせると、一番右にバツアイコンが表示されます。
f:id:rick1208:20200611055412p:plain
このバツアイコンをクリックすることで検索履歴から消去可能です。

残しておきたいキーワードはそのまま、要らないキーワードだけ消去するということが可能なので、不要な検索履歴は消去するといいと思います。

スマホ

スマホアプリ版Gmailでの消去のやり方ですが、検索ボックスを押したときに表示される検索履歴にバツボタンが表示されません。なので別の方法で消去する必要があります。

検索履歴を消去したい場合、まずメニューを開きます。
f:id:rick1208:20200611055527p:plain
一番下までスクロールして「設定」を押します。
f:id:rick1208:20200611055536p:plain
設定を開いたら、「全般設定」を押します。
f:id:rick1208:20200611110942p:plain
画面右上の「︙」を押します。
f:id:rick1208:20200611110950p:plain
「検索履歴を消去」を押します。
f:id:rick1208:20200611111001p:plain
表示された警告メッセージの「消去」を押します。
f:id:rick1208:20200611111007p:plain
これで検索履歴が全部消去されます。

ブラウザ版と違ってキーワードごとに消すかどうか選ぶことはできないので、その点だけ気を付けてください。