漫画の地球儀

Windows10でタスクバーがフリーズする原因、対処法!【反応しない、パソコン、調子がおかしい】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200610152550p:plain

Windows10のパソコンを使用していて、何故かタスクバーが反応しない状態になってしまうことはありませんか?タスクバーがフリーズして固まると、タスクバーに表示されているアプリケーションをクリックできないなど、各種操作に支障をきたしてしまいます。
f:id:rick1208:20200610151107p:plain

ここでは、Windows10でタスクバーが反応しない・フリーズする場合の対処法をご説明していきます。

タスクバーが反応しない・フリーズする場合の対処法

f:id:rick1208:20200610152605p:plain

パソコンを再起動してみる

パソコンの調子がおかしい場合の定番の方法ですが、まず最初はパソコンを再起動してみましょう。タスクバーのスタートボタンが押せない状態でも「Ctrlキー+Altキー+Deleteキー」の同時押しでログオン画面を呼び出して、画面右下に表示されている電源メニューからパソコンの再起動を行うことが可能です。

もしくは、パソコン本体の電源ボタンを長押しすることでも強制終了をかけることが可能です。強制終了してから再び電源ボタンを押して、パソコンを再起動してみましょう。

エクスプローラーを再起動してみる

タスクバーが動かない場合の原因の大半は「エクスプローラー(explorer、exe)」にあります。エクスプローラーを再起動することで、タスクバーのフリーズも改善されますよ。

まず最初は「Ctrlキー+Altキー+Deleteキー」の同時押しでログオン画面を呼び出して、「タスクマネージャー」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200610151540p:plain
タスクマネージャーが起動するので、「エクスプローラー(explorer、exe)」を押して選びたら、ウィンドウ右下の「再開」ボタンを押しましょう。これでエクスプローラーを再起動することが可能です。
f:id:rick1208:20200610151556p:plain
また、エクスプローラーを右押してメニューの「タスクの終了」を押して1回エクスプローラーを終了させましょう。この時、プチフリーズしてタスクバーが消えますが問題はないので気にしなくても大丈夫です。
f:id:rick1208:20200610151609p:plain
タスクマネージャーのウィンドウ上部メニューの「ファイル」から「新しいタスクの実行」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200610151929p:plain
「新しいタスクの作成」ウィンドウが表示されます。記入欄に「explorer、exe」と記入して「OK」をクリックすれば、エクスプローラーが再起動してタスクバーが復活しますよ。
f:id:rick1208:20200610151937p:plain

「User Manager」が動作しているか確認してみる

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windows管理ツール」フォルダを展開して「サービス」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200610152039p:plain
サービスが表示されるので、一覧から「User Manager」を探します。もし状態が「停止」か「手動」担っている場合は、押して開きましょう。
f:id:rick1208:20200610152104p:plain
User Managerのプロパティが表示されるので、「スタートアップの種類」を「自動」に設定します。あとは「OK」を押して設定を反映したら、パソコンを再起動しましょう。
f:id:rick1208:20200610152113p:plain

SFCでのスキャンを試してみる

Windows10のシステムファイルが破損していることがタスクバーのフリーズの原因である場合は、Windows PowerShellからSFCスキャンを行ってシステムファイルを修復することで症状を改善することが可能ですよ。

まず最初は「Ctrlキー+Altキー+Deleteキー」の同時押しでログオン画面を呼び出して、「タスクマネージャー」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200610152327p:plain
タスクマネージャーが起動するので、ウィンドウ上部メニューの「ファイル」から「新しいタスクの実行」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200610152345p:plain
「新しいタスクの作成」ウィンドウが表示されます。記入欄に「powershell」と記入して「このタスクに管理者特権を付与して作成します。」のチェックボックスを押してオンにしてから「OK」ボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20200610152408p:plain
Windows PowerShellが起動したら「sfc 、 scannow」とコマンドを記入してEnterキーを押し、修復を行いましょう。
f:id:rick1208:20200610152418p:plain