漫画の地球儀

Amazonの返品受付IDが表示されない原因、対処法!【バーコード、返品手続き、返品受付センター】

スポンサーリンク

Amazonの返品受付ID

f:id:rick1208:20200613175104p:plain
ここでは、Amazonの返品時に返品受付IDが表示されないときの対処法を解説します。

返送手続きをするのでのバーコード

そもそもAmazonの返品受付IDとは、Amazonで返送手続きをするのでのバーコードのことです。なので、返品受付IDがないと、返品ができないということになります。

Amazonの返品受付IDの発行やり方

f:id:rick1208:20200613171417p:plain
Amazonの返品受付IDの発行やり方についてです。

返品手続きが終了すれば発行される

基本的に、Amazonの返品手続きが終了すれば返品受付IDは発行されます。表示されないという場合は、返品手続きが終了しているかどうかをチェックしてください。

返品手続き

f:id:rick1208:20200613171425p:plain
以下のやり方で、返品手続きを行ってください。

①「返品受付センター」を開く
②「返品・交換を始める」
③「商品の返品」をクリック

「返品受付センター」を開く

Amazonの公式ページから「返品受付センター」を開きます。

「返品・交換を始める」

f:id:rick1208:20200613181048p:plain
「返品・交換を始める」という項目に「注文履歴から返品する」というボタンを押します。

f:id:rick1208:20200613181105p:plain
注文履歴から、返品したい商品を選び、右側にある「商品の返品」ボタンを押します。返品理由を選び、返品手続きが終了です。返品受付IDをチェックすることを忘れないでください。

Amazonの返品受付IDが表示されない時の対処法

f:id:rick1208:20200613181130p:plain
Amazonの返品受付IDが表示されない時の対処法を解説します。

返送先住所下のバーコードを使う

返品手続きをした後でも、返品受付IDが表示されない場合、対処法として返送先住所下のバーコードを使う方法があります。到着したときの梱包材についているラベルから返送先住所下のバーコードを探してください。必ず、住所下のバーコードを使用してください。

印刷

f:id:rick1208:20200613181219p:plain
ここでは、返品用ラベルの印刷方法について解説します。

返品用ラベルを印刷する

Amazonでは、返品するときに返品用ラベルが必要になります。印刷する方法と印刷しない方法がありますが、ここでは印刷する場合について解説します。

まず最初は、プリンターで返品用ラベルを印刷します。

返品用ラベルは住所とバーコードが別々に別れているので切り分けます。ハサミで切り分けると上手く切り分けられます。

梱包、発送

f:id:rick1208:20200613181250p:plain
返品用ラベルの印刷ができたら、次に梱包作業です。

バーコードと商品を同梱包する

先ほど切り分けた返品用ラベルのバーコードの部分を商品と同梱包します。住所の部分は梱包材にペーストるので同梱包しないでください。発送前に、今1回バーコードと商品が同梱包されているかをチェックしてください。

発送

f:id:rick1208:20200613093617p:plain
梱包ができたら、後は発送するだけです。

ゆうパックの場合

Amazonでは、返送方法としてゆうパックをおススメしています。ゆうパックの場合は、集荷依頼も可能なのでわざわざ発送所に行く必要がありません。返送料が負担にならな場合にお勧めです。

ゆうパック以外の場合

ゆうパック以外の場合でも返品が可能です。返送料が負担になる場合は、可能なだ送料のけ安い方法を選ぶと良いです。

まとめ

f:id:rick1208:20200613103028p:plain
ここでは、Amazonの返品時に返品受付IDが表示されないときの対処法を解説しました。返品受付IDとは、Amazonで返送手続きをするのでのバーコードのことです。返品受付IDが表示されない場合や、返品方法についても参考になれば幸いです。