漫画の地球儀

バンドルカードの使い方!【メリット、デメリット、使えないお店、スマホ、クレジットカード】

スポンサーリンク

バンドルカード

f:id:rick1208:20200613165758p:plain
クレジットカードを所持していない。このような場合は、学生さんなどの多い傾向あると思います。クレジットカードを所持していなくてもクレジットカードのように使えるカードがあるのです。それは、本日解説をする「バンドルカード」です。

バンドルカードとは、カード決済したくてもクレジットカードがない、という声に応えてくれるカードです。今までクレジットカード決済しかネットショップで使えないといった場面も少なくはないはずです。そのような場合に、バンドルカードの登場です。

正式発表によると、バンドルカードとは、誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリと、宣言をしており、配布されているスマホ決済アプリサービスとなっております。それでは、バンドルカードの特徴や使用方法について深堀していきたいと思います。

バンドルカードについて

f:id:rick1208:20200613165835p:plain
バンドルカードをもうちょっと詳しく説明していきます。バンドルカードとは、株式会社カンムが2016年9月よりサービスを開始したスマホ決済アプリとなっています。2019年8月の時点で累計50万以上のダウンロード数を達成しております。

このバンドルカードを発行すれば、さまざまなお店で使うことが可能です。ネットショップやリアル店舗など、普段から使用をしているお店で、バンドルカードの使用方法を行うことが可能ですので、生活に役に立つこと間違いないと思います。

それでは、バンドルカードの実ときの使用方法について説明をしていきたいと思いますので、特にクレジットカードを所持していない人は、ちゃんとと使用方法のやり方を理解していくようにしてください。

用意

f:id:rick1208:20200610133615p:plain
それでは、バンドルカードの使用方法について解説をしていきたいと思います。バンドルカード使用方法を行う前に、事前に用意をしなければいけないことがあります。事前用意をしないと、バンドルカードは使えないので、ちゃんとと行ってください。

バンドルカードは、スマホ決済アプリサービスとなっておりますので、利用しているスマートフォンにダウンロード・ダウンロードを行わなければ使えないようになっております。では、バンドルカードのダウンロード・ダウンロード方法を説明していきます。

アプリダウンロード

バンドルカードで決済したり残高チャージしたりするには、アプリをスマートフォンにダウンロード・ダウンロードしなければなりません。そこで、バンドルカードアプリのダウンロードやり方を実ときに行っていきますので、参考にしてみてください。

まず最初は、利用しているスマートフォンiPhoneの場合は下のリンクの「App Store」の方に押してアクセスして「入手」押して、ダウンロードを行ってみてください。

Androidスマホを利用している人は、下のリンクの「Google Play」の方を押してアクセスします。そこから「ダウンロード」を押してダウンロードを行ってください。以上が、バンドルカードのダウンロード・ダウンロード方法の解説でした。

apps.apple.com
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.kanmu.vandle.android&referrer=adjust_reftag%3DcSMPRk6p840Q7%26utm_source%3Dofficial%26utm_campaign%3DofficialLP%26utm_content%3DAndroid

必要情報の記入

f:id:rick1208:20200613170105p:plain

つづいては、アカウント情報の記入をしていきます。アカウント情報の記入は必須になります。バンドルカードを初回起動しますと、アカウント情報の記入画面になりますので、アカウントに必要になるパスワードの情報を記入して進んでください。

生年月日や電話番号

f:id:rick1208:20200613170803p:plain

つづいてもアカウントの情報の記入の続きとなります。生年月日や性別などの情報を記入をしてください。こちらの情報も正しく記入するようにしてください。生年月日や性別などの情報を記入したら次へ進んでください、
f:id:rick1208:20200613170829p:plain
ここからは、電話番号を記入して送られてきた認証番号を記入をして「認証する」を押してください。正しい情報を記入しなければ、次に進めませんので認証番号は的確に記入をしてください。
f:id:rick1208:20200613170842p:plain
最後に、バンドルカードのアカウント情報をすべて記入したら上の画像のように画面がなります。ハンドルは通知を送信します。よろしいですか?と聞かれますので「許可」をタッチすると、これでバンドルカードの使用方法が可能なようになります。

残高チャージ

f:id:rick1208:20200610124521p:plain
バンドルカードの残高チャージする方法は。いくつかあります。まず最初は、コンビニでバンドルカードの残高チャージする方法について解説をしていきたいと思います。バンドルカードをコンビニで残高チャージするときは現金のみ対応しています。

バンドルカードのアプリ方で「チャージ」を選びます。残高チャージリクエストを作っていきます。つづいて、残高チャージしたいコンビニを選びていきます。つぎに、コンビニ端末で申込券を発券、あるいはレジでバーコードを提示していきます。

最後に、チャージ金額分を支払うとバンドルカードの残高チャージする方法が終了します。
f:id:rick1208:20200613170904p:plain


また、バンドルカードのアプリ内の「ポチっとチャージ」を使うと手元にお金が無くてもすぐに最大2万円まですぐ残高チャージすることが可能です。しかし、残高チャージ方法が簡単なため、こちらは使いすぎないようにしてください。

特徴

f:id:rick1208:20200610102611p:plain
それでは、バンドルカードをこれから利用していく上で重要になる「特徴」について理解をしていくようにしてください。バンドルカードの特徴をあらかじめ知っておかなければ、バンドルカードが使えないといったことになる可能性もあります。

では、バンドルカードの特徴を解説させていただきます。

スマホだけで簡単に作れる

バンドルカードの最大の特徴は「スマホだけで簡単に作れる」ことです。スマホがあれば最速1分で作れるVisaカードと呼ばれております。通常クレジットカードを作るには、少なくても数日必要になりますので、この特徴に関しては、便利だと思います。

クレジットカードのように使える

そして、クレジットカードのようにVisa加盟店で支払いが可能です。ネットショップでもリアル店舗でも、スマートフォンさえあれば、クレジットカード同じような方法で支払うことが可能です。

使用方法

f:id:rick1208:20200610044241p:plain

ここからは、バンドルカードを実ときに利用していく「使用方法」について解説をしていきたいと思います。どのようにして、バンドルカードを使用するのか理解をしておいてください。でなけれれば、使えないことになってしまうかもしれません。

VISA加盟店のリアル店舗で決済

VISA加盟店のリアル店舗であれば、バンドルカードで支払う方法をとることが可能です。

アルカードの発行が条件

ただし、バンドルカードをリアル店舗で使うには、リアルカードを発行していないと使えないといったことになってしまいますので気をつけてください。リアル店舗でリアルカードを使用する場合は、カード裏面の署名欄に自分自身の名前を署名しておきましょう。

ネットショップでの決済

また、ネットショップでの決済する方法を行いたい場合でも、バンドルカードで支払うことが可能です。ネットショップでお買い物をするときは、バンドルカードをクレジットカードのように使用して決済することが可能です。

ネットショップで、バンドルカードを使う場合は「クレジットカード情報にバンドルカードを記入」するだけで、ネットショップで支配が可能なようになります。特別に何か複雑な操作をすることはありません。

メリット

f:id:rick1208:20200610041619p:plain
では、バンドルカードのメリットについて説明をしていきたいと思います。バンドルカードの最大メリットを2つほどまとめましたので、参考にしてみてください。

お金を持ち歩きたくない人におススメ

バンドルカードのメリットは「お金を持ち歩かなくていい」というメリットがあります。ですから、お金を持ち歩きたくない人に、バンドルカードはとてもおススメ。

また、バンドルカードは「学生でも発行可能」というメリットがあります。クレジットカードが作れない学生さんも居ますので、バンドルカードを使用するといいと思います。

デメリット

f:id:rick1208:20200610015410p:plain
次には、バンドルカードのデメリットについても解説させていただきます。デメリットを3つほどまとめてみました。

Visa加盟店でしか使用できない

バンドルカードは、ネットショップやリアル店舗で基本的にどこでも使えると言いましたが「Visa加盟店でしか使用できない」ことがあります。

MastercardやJCBなどにしか対応していないネットショップやリアル店舗では、使えないようになっていますので、気を付けてください。

カード情報の管理は徹底しないといけない

バンドルカードは、通常のクレジットカードよりもセキュリティが低いようになっていますので「カード情報の管理は徹底する」ようにしてください。そうしなければ、他人に悪用されてしまう可能性があります。
作成が簡単だと管理が甘くなりがち

なぜ?バンドルカードは、カード情報の管理は徹底する必要があるのかと言いますと、カード発行が簡単だということに原因があります。簡単に発行手続きができてしまうのであれば、必然的に管理・セキュリティが甘くなりがちなのです。

使えないお店

f:id:rick1208:20200609101130p:plain

最後に、バンドルカードで使えないお店について説明をしていきたいと思います。バンドルカードは、VISA加盟店であっても一部では、使えないお店があるのということを理解をしておいてください。

それでは、バンドルカードで使えないものを解説させていただきます。

リアル店舗でも使えないもの

バンドルカードは、リアル店舗かつVISA加盟店でも使えないものがあるのです。いくつか使えないものがありますので、まとめてみました。

公共費用の支払い、税金の納付

電気代、ガス代、水道代といった公共費用の支払いや税金の納付といった保険料の支払いなどでは、バンドルカードでは支払うことはできません。

定期決済サービス

また、定期支払い・定期購買といったサービスもバンドルカードでは支払うことは可能でせんので気を付けてください。

ガソリンスタンド、宿泊施設、機内販売など

そして、ガソリンスタンド、宿泊施設、機内販売などでも、バンドルカードで決済をすることが可能でせん。ただし、バンドルカード リアル+では支払うことが可能です。

ネット上でも使用できない事がある

また、一部のネットショッピングでは使用をすることができない場合がございます。これはリアル店舗でもネットショッピングでも、バンドルカード自体が対応していない決済システムを導入しているお店では、バンドルカードは使うことは可能でせん。

もし、バンドルカードに対応していないお店で使用すると、使用できないといったエラーのメールが送られてきますので、きちんと買い物ができていない場合があります。

ですから、バンドルカードに対応しているかをあらかじめチェックしておくことが重要になってきます。

まとめ

f:id:rick1208:20200609083951p:plain
バンドルカードは、基本的に誰でも発行することが可能ですので、クレジットカードを作ったことがない人は、これを機会にバンドルカードを利用してみることをおススメします。

バンドルカードを使用可能なお店は、まだ少ないですがどっちにしろ便利なことは間違いないです。それでは、この記事を参考にして、バンドルカードを利用してみてはいかがと思いますか。