漫画の地球儀

Amazon Prime Nowのメリット、デメリット!【プライム会員、配達方法、無料の2時間便、有料】

スポンサーリンク

AmazonPrimeNow

f:id:rick1208:20200611033305p:plain
ここでは、Amazon Prime Nowのメリットとデメリットについて解説します。Amazon Prime Nowを登録しようか考えている人は、この記事を参考にしてみてください。まず最初は、Amazon Prime Nowとは何かについて解説します。

Amazonプライム会員専用のデリバリーサービス

f:id:rick1208:20200613162403p:plain
Amazon Prime Nowとは、Amazonプライム会員専用のデリバリーサービスのことで、最短1時間以内に配達されるサービスのことです(一部エリアのみ)。Amazonプライム会員限定で、スマホアプリ、パソコン画面から登録することが可能です。

アプリは、App StoreからのダウンロードあるいはGoogle Playからのダウンロードが可能です。

選べる商品は最大6万点

f:id:rick1208:20200611033343p:plain
Amazon Prime Nowでは、食品から家電まで選べる商品は最大6万点あります。Amazonプライム専用アプリから簡単に注文が可能です。配送は、対象エリア近隣にある配送センターの専用配送員が担当します。

Amazon Prime Now

Amazon Prime Now

  • AMZN Mobile LLC
  • フード/ドリンク
  • 無料
apps.apple.com


Amazon Prime Nowとは、すべての商品を対象にするのではなく代金が2,500円以上の商品のみに限るので気を付けてください。Amazon Prime Nowとは、便利なサービスではありますが、まとめて頼むことがおススメされています。

配達方法は2種類ある

f:id:rick1208:20200611162108p:plain
Amazon Prime NowとはAmazonプライム会員限定のサービスです。配送方法は、Amazonプライム会員でも選択する必要があります。2種類の配送方法があるので見ていきます。

Amazonプライムアプリは、以下リンクからダウンロード可能です(Google Playアプリからのダウンロード)。
https://play.google.com/store/apps/details?hl=ja&id=com.amazon.now

無料の2時間便

Amazon Prime Nowの配送方法の1種類目として、無料の2時間便があります。2時間ごとで受け取り枠の指定が可能なので、特に急いでいない場合に便利です。

有料の1時間以内配送

もう1つは、1時間以内に配送される配送方法です。1時間以内配送を希望する場合は、別途890円の送料が必要になります。

Amazonプライム会員になる会員費を既に払っているため、少々高く感じるかもしれませんが、「今日中に欲しい」という場合に便利なサービスです。

AmazonPrimeNowの使用方法

早速、Amazon Prime Nowを設定していきます。Amazon Prime Nowの専用アプリをダウンロードし、設定をする必要があります。配送画面の表示から配送指示までアプリをダウンロードすればアプリ1つで設定が可能です。

専用アプリをダウンロード

f:id:rick1208:20200613162904p:plain
まず最初は、Amazon専用アプリをダウンロードしてください。iPhone、Andoroid両方からダウンロード可能です。通常のAmazonのアプリをダウンロードしないように気を付けてください。Amazon Prime Nowアプリをダウンロードします。

住所記入などの初期設定

f:id:rick1208:20200613162915p:plain
Amazon Prime Nowの画面を表示し、住所記入などの初期設定を行います。個人情報の設定は、記入ミスのないように気を付けて設定してください。
f:id:rick1208:20200613163035p:plain

Amazon Prime Nowには、対象エリアの制限があるので住所設定をし、対象エリアかどうかを設定からチェックします。Amazon Prime Now対象エリア内の住所であれば、画像のように表示されます。

商品を選んで配送画面に移る

f:id:rick1208:20200611163818p:plain
通常通り、Amazon Prime Now可能な商品を選んで配送画面に進んでください。配送画面には、商品注文後に自動的に行きます。ここで、配送指示等の設定が可能です。

詳しい配送指示まで可能

f:id:rick1208:20200613163110p:plain
Amazon Prime Nowでは、時間指定の他、詳しい配送指示まで設定可能です。配送画面から無料の2時間配送か、有料の1時間を選びてください。また、配送指示として置き配を希望する場合は「置き配」にチェックを入れます。

随時配送状況をチェック可能

f:id:rick1208:20200613163121p:plain
Amazon Prime Nowのメリットとして、リアルタイムで配達員の配送状況を随時チェック可能です。このように配送状況のチェックが可能なため、安心して待つことが可能です。配送状況は、Amazonアプリから配送画面でチェック可能です。

配達はPrimeNow専用の配達員が来る

f:id:rick1208:20200613163127p:plain
後は、商品を受け取るだけです。Amazon Prime Nowでは、PrimeNow専用の配達員が配達に来るため、詳しい配送指示選択や置き配などの配送指示などを依頼可能です。また、配送画面から簡単に配送状況のチェック、あるいは配送指示が可能なのが魅力です。

このように、Amazon Prime Nowとは通常の配達では考えられない早さと対応の良さが評価されています。

AmazonPrimeNowのメリット

f:id:rick1208:20200611154801p:plain
これまで解説したAmazon Prime Nowのメリットをここで1回整理しておきます。配送画面から配送指示や配送状況のチェックが可能な以外にどんなメリットがあるのと思いますか。

生鮮食品、冷凍食品も取り扱っている

Amazon Prime Nowのメリットとして、生鮮食品や冷凍食品も取り扱っているという点があります。このメリットをいかすと、いちいち買い物に行く手間が省けます。特にスーパーが遠い場合などに便利です。

食品以外にも対応している

食品以外にも日用品や家電製品など6万点の商品がAmazon Prime Nowに対応しているのもメリットです。急に必要になったという場合に、アプリから簡単に注文可能なのは大変便利です。

PrimeNow限定セールがある

Amazon Prime Now限定でセールもあるため、お得に買い物をすることが可能です。Amazon Prime NowとはAmazonプライム会員限定のサービスですが、これらのメリットを登録の参考にしてください。

AmazonPrimeNowのデメリット

f:id:rick1208:20200611130036p:plain
Amazon Prime Nowのメリットを解説しましたが、デメリットもいくつか挙げておきます。

2,500円以上買わないといけない

Amazon Prime Nowとは、Amazon Prime Now対象の商品であっても2,500円以上でないとサービスを使用できないというデメリットがあります。

Amazon Prime Nowの使用頻度を少なくするというメリットはありますが、急ぎの場合でも2,500円以上に限定されてしまうので、このデメリットを考慮してAmazonプライム会員に登録する必要があります。

6万点では欲しい物が揃いにくい

デメリットの2つ目として挙げられるのが、6万点と聞くと多く聞こえますが、Amazon Prime Nowの対象商品は意外と少ないということです。せっかくAmazon プライム会員に登録しても、Amazon Prime Nowを使用可能な商品がなければ勿体ないです。

これらのメリット、デメリットを踏まえて、Amazon プライム登録の参考にしてみてください。

AmazonPrimeNowの気を付ける点

f:id:rick1208:20200611131226p:plain
Amazon Prime Nowのメリット、デメリットのほかに気を付ける点もチェックしておきます。

不在で受け取れなければキャンセルになる

気を付ける点として、Amazon Prime Nowを注文した場合、不在で受け取れなければキャンセルになります。配送画面から配送状況を随時チェックして、いつ頃商品が到着するかを予想しておく必要があります。

住んでいる地域が対象エリア外の場合がある

これはデメリットでもありますが、Amazon Prime Now対象エリア外の場合、Amazonプライム会員に登録しても使用することができないので気を付けてください。現在は、東京都・神奈川県・千葉県・大阪府兵庫県の対象エリアで使用可能です。

・東京都: 23区12市(世田谷区・目黒区・千代田区中央区台東区墨田区江東区・豊島区・板橋区・北区・中野区・渋谷区・品川区・大田区・港区・杉並区・新宿区・文京区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区練馬区調布市・狛江市・武蔵野市三鷹市西東京市東久留米市小平市小金井市国分寺市国立市府中市稲城市)

・ 神奈川県: 川崎市の6区(高津区中原区多摩区・宮前区・川崎区・幸区)、ならびに横浜市の11区(西区・神奈川区港北区・中区全域、都筑区緑区鶴見区・南区・磯子区保土ケ谷区・旭区)

・千葉県: 浦安市市川市

大阪府大阪市17区(北区・淀川区東淀川区都島区・旭区・中央区・港区・福島区此花区西淀川区浪速区城東区・東成区・鶴見区天王寺区・西区・大正区)、豊中市吹田市摂津市守口市

兵庫県尼崎市伊丹市

まとめ

f:id:rick1208:20200611131143p:plain
Amazon Prime Nowでは、配送画面から簡単に配送状況のチェック、あるいは配送指示が可能なのが魅力です。

配送状況をチェック可能なほか、欲しい商品が最短1時間で届くのはAmazon唯一のサービスです。Amazon Prime Nowを登録している人も、これから登録する人も今回の記事を参考にしてみてください。