漫画の地球儀

Thunderbirdが起動しない原因、対処法!【パソコン、不具合、トラブル、Window、Mac】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200612101455p:plain

Windows10のパソコンで、メールソフト・Mozilla Thunderbirdが突然起動しない状態になってしまうことがあります。1回起動しない状態になってしまうと、何度ショートカットアイコンを押しても開かないのでメールが使えなくなり困ってしまいますよね。

ここでは、Thunderbirdが起動しない場合の対処法をご説明していきます。

Thunderbirdが起動しない場合の対処法

パソコンを再起動する

パソコンでトラブルが起きた場合は、まず最初はパソコンを再起動してみましょう。システムの不具合などでThunderbirdが起動しない場合は、再起動することで起動可能なようになるはずです。

Thunderbird、exeから起動してみる

デスクトップやタスクバーに設置したThunderbirdのショートカットからThunderbirdが起動しない場合は、ショートカットではなく本体のプログラムから起動してみましょう。

まず最初は、Thunderbirdのショートカットアイコンを右押しましょう。
f:id:rick1208:20200612095538p:plain
右クリックメニューの「プロパティ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200612100011p:plain
Thunderbirdのプロパティが開くので、「ファイルの場所を開く」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200612100917p:plain
Thunderbirdのフォルダが開くので、「thunderbird、exe」からThunderbirdが起動するかどうか確かめてみましょう。
f:id:rick1208:20200612100927p:plain

新規プロファイルでThunderbirdを起動してみる

Thunderbirdで使用しているプロファイルにデータ破損などの問題が発生していて、Thunderbirdの起動時にデータが読み込めないために起動できないというパターンもあります。この場合は、新規プロファイルを作ってThunderbirdが起動可能なかどうか確かめてみましょう。

まず最初はWindowsキー+Rキーの同時押しで「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、「thunderbird -p」と記入して「OK」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200612100952p:plain
ユーザープロファイルの選択ウィンドウが表示されるので、「新しいプロファイルを作成」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200612101135p:plain
プロファイル作成ウィザードが開きます。「次へ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200612101222p:plain
「新しいプロファイルの名前を記入してください」欄にプロファイル名を記入して、「あなたのユーザー設定やユーザーデータの保存先」をチェックしたら「終了」を押してプロファイルを作成しましょう。
f:id:rick1208:20200612101230p:plain
ユーザープロファイルの選択ウィンドウに戻るので、上で作成したユーザープロファイルを選びて「Thunderbirdを起動」を押してThunderbirdを起動してみましょう。
f:id:rick1208:20200612101235p:plain
この方法でThunderbirdが起動できた場合は、元々使用していたプロファイルに問題があると判断可能なわけです。あとは、新規作成したプロファイルに元々使用していたプロファイルの中から必要なデータのみを移行しましょう。