漫画の地球儀

Microsoft EdgeとIEとの違い!【設定、使い方、Windows10、ブラウザ、デザイン、pc】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200611052952p:plain


Windows10のデフォルトブラウザは、今までWindowsで使用されてきた「Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)」ではなく、新しく開発されたブラウザ「Windows Edge(ウィンドウズ エッジ)」となっています。Internet Explorerもダウンロードされてはいますが、デフォルトではMicrosoft EdgeでWebサイトが開かれるようになっています。

ここでは、Microsoft EdgeInternet Explorerの違い・Microsoft Edgeの設定と使用方法についてご説明していきます。

Microsoft EdgeIEの違い

f:id:rick1208:20200610144719p:plain
今までのWindowsのブラウザであるInternet Explorerと、Windows10からのブラウザであるMicrosoft Edgeの違いについて説明していきます。

Microsoft EdgeInternet Explorerの最大の違いは、「エンジン」にあります。ブラウザにおけるエンジンとは、Webサイトを表示するのでのプログラムです。エンジンを変更したことにより、Internet Explorerと比較して最新の技術によって作成されたWebページを素早く表示することが可能なほか、他のブラウザとも相互運用しやすくなっています。

また、Microsoft Edgeは今後もアップデートされていきますが、Internet Explorerは開発が終了しているため今後いつアップデートの提供が終了してもおかしくない状態となっています。

Microsoft Edgeフラットデザイン

デザイン面では、Windows10からの特徴である「フラットデザイン」をMicrosoft Edgeでも採用しており、デザインがスタイリッシュに・はっきりとした表示になっています。画像はMicrosoft Edge(上)とInternet Explorer(下)のボタンを並べたものです。
f:id:rick1208:20200611040019p:plain
Microsoft Edgeのボタンは大きくシンプルなデザインになっており、アドレスバーも大きく見やすくなっていることが分かります。このように、シンプルながらも使用しやすいデザインになっているわけですね。

右クリックメニューもかなり使いやすくなっています。画像は何もない場所で右押したものですが、Internet Explorer(左)はかなり多い項目数であるのに対して、Microsoft Edge(右)はたったの4項目です。もちろん、右クリックする場所によって表示される項目は変化します。その時々で使える・必要な項目のみが表示されるようになったということです。
f:id:rick1208:20200611040331p:plain
特徴的な機能としては、Internet Explorerにあった「フィード(Webサイトの更新を通知してくれる機能)」がMicrosoft Edgeでは廃止されています。そして、新たに「リーディングリスト」機能が追加されました。リーディングリストとは、Webサイトのデータを保存して、オフライン環境でも見ることが可能な機能です。
f:id:rick1208:20200611040343p:plain

Microsoft Edgeの設定

f:id:rick1208:20200610142958p:plain

ホームページ(起動時に表示されるページ)の設定

Microsoft Edgeの起動時に表示されるページを設定しましょう。ウィンドウ右上の「・・・」がメニューボタンなので押して、「設定」を開きましょう。
f:id:rick1208:20200611042232p:plain
設定画面が開きます。「全般」の項目一覧を下にスクロールして、「ホームページの設定」ボタンを押しましょう。「スタートページ」・「新しいタブページ(空白ページ)」・「特定のページ」の3つから設定することが可能です。「特定のページ」を選びた場合はボタンの下にURL記入欄が表示されるので、そこに出したいページのURLを記入しましょう。
f:id:rick1208:20200611044232p:plain

テーマを変更する

Microsoft Edgeではウィンドウの配色を変更するテーマ機能が用意されています。メニューボタンから設定を開きましょう。

「全般」の「カスタマイズ」項目で、「テーマの選択」ボタンから「白」か「黒」の2つのテーマを選択することが可能です。デフォルトのテーマは白なので、ここでは黒を選びてみます。
f:id:rick1208:20200611045237p:plain
テーマを黒に設定した場合、このようになります。現在流行りのダークテーマのようになり、目に優しいのが嬉しいですね。テーマはすぐに切り替わるので、配色のチェックや元に戻すのも簡単です。
f:id:rick1208:20200611052058p:plain

キャッシュの消去

ブラウザと言えば基本的にキャッシュ機能が搭載されており、Microsoft Edgeも当然キャッシュ機能が搭載されています。キャッシュが溜まってストレージを圧迫したり、キャッシュが破損してエラーが起きる場合はキャッシュを消去してみましょう。まず最初はメニューボタンから設定を開きます。

「プライバシーとセキュリティ」を開いたら、「見ることデータのクリア」項目の「クリアするデータの選択」ボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20200611052115p:plain
「見ることの履歴」・「Cookieと保存済みのWebサイトデータ」・「キャッシュされたデータとファイル」・「保存して閉じたタブや最近閉じたタブ」・「ダウンロードの履歴」・「オートフィルデータ(フォームやカードを含む)」・「パスワード」・「メディアライセンス」・「Webサイトのアクセス許可」の9項目を消去するかどうかチェックボックスから選択可能です。

キャッシュを消去するには、「キャッシュされたデータとファイル」のチェックボックスをオンにして「クリア」ボタンをクリックすればキャッシュクリアが行われます。
f:id:rick1208:20200611052828p:plain

お気に入りとリーディングリストの使用方法

お気に入りやリーディングリストに登録したいWebサイトにアクセスしたら、アドレスバー右側の星のボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20200611052846p:plain
お気に入りの登録画面が表示されます。ここで「追加」ボタンをクリックすることで、Webサイトをお気に入りに登録可能です。
f:id:rick1208:20200611052907p:plain
「リーディングリスト」ボタンをクリックするとWebサイトを読み込みます。「追加」ボタンをクリックすることで、オフライン環境でも見ること可能なデータとして保存されます。


リーディングリストに保存したWebサイトを見るには、お気に入り一覧を開き「リーディングリスト」をクリックすることで保存したWebサイトの一覧が表示されます。これで、オフライン環境でもWebサイトを見ることが可能ですよ。