漫画の地球儀

Windows10のPIO病の直し方!【確認方法、症状、不具合、チェック方法、遅い、HDD、SSD】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200610130534p:plain


Windows10にはエクスプローラーの表示などに不具合が起きることがあるPIO病というものを知っていると思いますか?

PIO病が起きていると、以下のような症状が頻発するようになります。

Windowsの起動・シャットダウンが劇的に遅くなる
エクスプローラを操作すると頻繁に画面が固まる
大規模ソフトウェア(編集ソフトやゲームなど)の起動・ロードがとても遅い

このようなことが起きてしまい、快適にWindowsを使えなくなってしまいます。

これは、Windowsのシステムデータなどが入っているHDD・SSDが何かしらのエラーによるタイムアウトCRCエラーが合計6回発生すると、転送モードを徐々に引き下げていく動作による副作用です。

HDD・SSDの動作を安定させるために転送モードを引き下げていくのですが、引き下げれば引き下げるほどディスクドライブへのアクセスが遅くなるというデメリットがあります。

Windows10のPIO病のチェック方法

f:id:rick1208:20200610130549p:plain
ただただWindows10を使用しているだけであれば、PIO病でディスクアクセスが低速になっているのか分かりません。

PIO病の有無をチェックするにはデバイスマネージャを使用します。

タスクマネージャーの検索ボックスに"デバイスマネージャー"と記入し、デバイスマネージャーを開きましょう。
f:id:rick1208:20200610125902p:plain
コントロールパネルなど、デバイスマネージャーの画面を開く方法はいくつかありますが、一番手っ取り早いのはWindows10の検索機能を使うことですのでこちらがおススメです。

バイスマネージャーを開いたら「IDE ATA、ATAPIコントローラ」をダブル押して開き、「プライマリIDEチャネル」をダブル押してプロパティを開きます。
f:id:rick1208:20200610125936p:plain
PIO病の影響を受けているのはHDD・SSDといったディスクドライブですが、チェックは「IDE ATA、ATAPIコントローラ」で行うので気を付けてください。

プロパティを開いたら詳細設定タブに切り替え、「現在の転送モード」が「PIO」になっているかチェックしましょう。

PIOになっていた場合はPIO病確定です。PIOではなくDMAモードなどになっていた場合は別の要因でディスクドライブへのアクセスが遅くなってるので、ほかの方法を探ってみてください。

Windows10のPIO病の直し方

Windows10のPIO病はデバイスマネージャーで見つかった「プライマリIDEチャネル」や「セカンダリIDEチャネル」を消去すれば解決することが多いです。

ですが、Windows10にダウンロードされているデバイスドライバーはむやみに消去すべきではありません。

レジストリを編集する方法であればドライバーを消去することなくPIO病を直せるので、そちらの方法を解説します。

タスクバーの検索ボックスに「regedit」と記入し、レジストリエディタを起動しましょう。
f:id:rick1208:20200610130009p:plain
レジストリエディタを起動したら、左側のフォルダツリーを使用して「HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlClass{4D36E96A-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}」を開きます。
f:id:rick1208:20200610130423p:plain
最後のフォルダ名がとても複雑ですが、フォルダがアルファベット順に並んでいることと、フォルダ名の先頭が「4D36E96A」になっているのが一つしか存在しないことを目印にすると見つけやすいはずです。
f:id:rick1208:20200610130431p:plain
フォルダを見つけたら、そのフォルダをさらにダブル押して展開します。

すると、このように四桁の数字だけのフォルダが見つかります。
f:id:rick1208:20200610130436p:plain
これがWindows10で使用しているIDE ATA、ATAPI コントローラー一覧で、コントローラーごとに番号が割り当てられています。

どれがどのコントローラーがあるかチェックしたい場合は、4桁数字フォルダ内の「DriveDesc」を参考にチェックして下さい。
f:id:rick1208:20200610130445p:plain
いくつかあるコントローラーのフォルダからPIOモードになってしまっているコントローラーを見つけ出し、「MasterDeviceTimingModeAllowed」を編集します。

「MasterDeviceTimingModeAllowed」が存在しない場合は右クリックで新規作ってください。

編集画面を開いたら、表記が16進数になっていることをチェックし、値を「FFFFFFFF(Fを8回)」にします。
f:id:rick1208:20200610130459p:plain
編集後、Windows10を再起動することでPIOモードがDMAモードに変更され、転送モードによる速度低下が改善されます。