漫画の地球儀

WeBoxの使い方!【Windows10、WEBサイト、保存、オフライン、パソコン、USBメモリー、SDカード】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200610123808p:plain


WeBoxとは、ブラウザで開けるWebサイトを丸ごと保存してインターネット繋がっていない状態でもページを見ること可能なフリーソフトです。

かなり古くからあるソフトウェアでもあるのですが、定期的に更新されていてWindows10にも対応しています。

ダウンロード不要でダウンロードしたら即使えるものとなっていますので、USBメモリーやSDカードに入れて持ち歩くことも可能です。

WeBoxでダウンロードしたWebサイトデータとWeBoxをSDカードなどに入れておけば、オフライン状態どころかいろんなパソコンで見ること可能なと思います。

WeBoxで可能なこと

f:id:rick1208:20200610123820p:plain
WeBoxはWebサイトをダウンロード可能なというとても便利な機能を持ちながら、使い人はとてもシンプルです。まず最初はWeBoxで何が可能なのか解説します。

オフラインでWEBサイトを見ること

WeBox一番の魅力は、インターネットに繋がっていない状態でもWebサイトを見ること可能なということです。

通常、Google ChromeSafariなどでウェブサイトを見ることしようと思うとインターネットに繋いでおく必要がありますが、1回WeBoxで見たいサイトをダウンロードしてしまえばその必要はありません。

山の中で圏外であっても、パソコンの電源さえ入ればWebサイトを見ること可能です。よく見ているサイトに役立つ情報が書かれているけど、肝心なときに見ることできない(キャンプ中で圏外など)ときでも安心です。

WEBサイト上のリソース一括ダウンロード

WeBoxはWebサイトを見るのでのデータを丸ごとダウンロードします。要するに、サイト上にある画像ファイルも全部まるごと保存するということであり、サイト上のリソースをまとめてダウンロード可能なメリットもあります。

画像を一枚一枚ダウンロードするのが面倒という場合は、オフラインでサイトを見る目的でなくても、画像一括ダウンロードできてしまうWeBoxが役立つと思います。

WeBoxの使用方法

続いてはWeBoxの使用方法を解説します。WeBoxをダウンロードするところから実ときにWebサイトをダウンロードして見るところまで順番に見ていきましょう。

WeBoxのダウンロード・起動

まず最初はWeBoxを入手します。

以下のWeBox公式サイトにアクセスしましょう。
WeBoX - Software


次にダウンロードするわけですが、ダウンロードリンクがちょっとわかりにくいので注意が必要です。

「Help | BBS | Download、、、」と描かれているメニューの「Download」が正規のダウンロードリンクであり、ほかは広告ですので気を付けてください。
f:id:rick1208:20200610122224p:plain
LZH版、EXE版のどっちかをダウンロードします。どっちも同じWeBoxですが、LZH形式についてよく知らない人はEXE版を選びましょう。
f:id:rick1208:20200610123341p:plain
ここではEXE版をダウンロードした前提で解説を進めます。ダウンロードしたWeBoxを実行しましょう。
ダウンロード中の画面
実行するとこのような画面が表示されます(環境によっては文字化けしますが問題ありません)。
f:id:rick1208:20200610123350p:plain
この画面が表示されたら、「展開」を押してWeBox本体を解凍します。

解凍が終了するとwebox0、99Mというフォルダが可能なので、それを押して開き、「WeBoX、exe」を起動します。
f:id:rick1208:20200610123407p:plain
初めて起動するとWeBoxのショートカットキーの割り当てタイプの選択画面が表示されますが、基本的には「Windows風」で大丈夫です。
f:id:rick1208:20200610123416p:plain
次にレジストリの登録の有無を聞かれますが、IEブラウザにのみ影響するものであまり意味がないものですので、どっちを選びてもいません。
f:id:rick1208:20200610123428p:plain
これで、WeBoxの導入が終了しました。
f:id:rick1208:20200610123435p:plain
詳しい使い人はこれから解説します。

Webサイトをダウンロードする

早速Webサイトのダウンロード方法を見ていきましょう。

まず最初は上部メニューの「ファイル」を押し、「新規」->「URL」を押します。
f:id:rick1208:20200610123453p:plain
URL登録画面が表示されるので、ダウンロードするサイトのタイトルとURLを指定します。
f:id:rick1208:20200610123500p:plain
タイトルは、実ときのサイトタイトルやページタイトルではなく自分自身自身がわかりやすいもので構いません。

すると、画面中央のリストに追加されます。この時点ではまだページはダウンロードされていません。
f:id:rick1208:20200610123507p:plain
ダウンロードするにはまず、画面中央を追加されたリスト内のURLをダブル押します。

しばらく待つとリストの下のWebビューワーにページが表示されるはずです。

この状態で取り込みボタンを押します。
f:id:rick1208:20200610123532p:plain
するとダウンロードマネージャーが起動され、Webサイトデータがダウンロードされます。
f:id:rick1208:20200610123549p:plain
ダウンロード終了後は、リストの「DL日時」が更新され、オフライン中でも見ること可能なようになります。
f:id:rick1208:20200610123604p:plain
ダウンロードしたページは更新されないので、次第に古くなっていきます。

定期的に更新して最新の Webページを見ること可能なようにしたい場合は、リストにあるWebページを右押し、「ローカルファイルの更新」を選びます。
f:id:rick1208:20200610123619p:plain
これで、最新のWebページに更新し直すことが可能です。

WeBoxトラブルシューティング

f:id:rick1208:20200610123944p:plain

WeBoxはたまにエラーメッセージが表示されてダウンロードがうまくいかないことがあります。

ありがちなエラーを二つまとめましたので、いざという時の参考にしてください。

「フィルタ設定をチェックしてください」と表示される

Webページを取り込んでダウンロードしようとしたら「フィルタ設定をチェックしてください」と表示されることがあります。

この場合は、URL先頭が「https」だった場合は「http」に、URL先頭が「http」だった場合は「https」に変更してダウンロードし直してみてください。

WeBoxは「http・https」を区別するので、フィルタ設定エラーが発生する場合はこれで解決します。

「ルートには登録できません」

WeBoxでWebサイトをダウンロードするときは何かしらフォルダを選んでおく必要があります。
f:id:rick1208:20200610123702p:plain
WeBoxはルートに登録できない仕様ですので注意する必要あります。
未整理フォルダ
デフォルトでは「未整理フォルダ」が初めから作成されているので、そちらを選びた状態でWebサイトのダウンロードを行いましょう。

f:id:rick1208:20200610123725p:plain