漫画の地球儀

PDFとJPGの違い!【印刷、スキャン、ファイル形式、特徴、画質、データ容量、デメリット】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200610035705p:plain

ビジネスで使用される文書の紙面をスキャナーでスキャンしたり、仮想プリンターでのデータ印刷時にPDFとJPGのファイル形式を選択可能なことがある場合に、どっちのファイル形式で保存すればいいのか迷ってしまったという経験はありませんか?

これらのファイル形式を取り扱ったことはあっても、ファイルの特徴や違いについてはなかなか分からないですよね。

そこで、ここではPDFとJPGの2つのファイル形式の違いについてご説明していきます。

PDFとJPGの違い

JPG

JPG(Joint Photographic Experts Group)とは、デジタルデータの圧縮形式の一つ(非可逆圧縮)です。

主にパソコンの画像データやデジカメで撮影した写真データの保存に用いられており、1670万色以上の色を取り扱うことが可能です。

なのでたくさんの色を表現することが可能な上に、データの圧縮力が高いためファイルサイズも抑えられるというメリットがあります。JPGはWindowsのデフォルトソフトであるペイントを含めた大半のペイントソフトでの編集が可能で、取り回しが簡単です。

デメリットとしては、データを圧縮するので保存すればするほど画質が劣化していく点です。画質を気にするのであれば、保存は1回のみに留めるなどの注意が必要と思います。

PDF

PDF(Portable Document Format)はアドビシステムズが開発した、特定の環境に左右されずに文書・画像データを見ること可能なというファイル形式です。PDFリーダーさえ用意していれば、パソコンやスマホなどデバイスを問わずにPDFファイルを同じ状態で見ることが可能です。

PDFではJPGと違い文字を画像データではなくフォント情報として埋め込むため、文字が綺麗に印字されます。その性質上、文書の作成・印刷に向いている形式です。

JPGとPDFの比較

JPGとPDFの形式の比較をまとめていきます。もちろん全部のファイルがこれに当てはまるというわけではないですが、一般的にはこうだよという所をまとめていきます。

画質

写真や画像の画質に拘るのであればJPG、文書など文字の綺麗さに拘るのであればPDFがおススメです。

データ容量

JPGは画像のデジタルデータを圧縮するのでデータ容量が比較的軽くなります。PDFでは文字にフォント情報が埋め込まれているので、見た目に反してデータ容量が重くなります。

取り回し

JPGはデフォルトのソフトで扱える環境が多いですが、PDFは専用のソフトをダウンロードしなければならない事が多いです。

まとめ

f:id:rick1208:20200610035624p:plain

紙媒体のスキャン時などに気になるJPGとPDFのファイル形式についてご解説しました。JPGは画像データを取り扱うファイル形式・PDFは文書ファイルの形式という特徴を所持しているので、写真データのスキャンや印刷にはJPGが、文章主体のデータのスキャン、印刷にはPDFが向いていると思います。