漫画の地球儀

Windows10でマイクが認識されているかテストする方法!【チェック、パソコン、音割れ、ノイズ】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200609083951p:plain

マイクによる音声入力がうまく機能しないとき、パソコンが本当にマイクを感知しているのか気になったりしますよね。

そういう時はどうやってマイクが認識されているかテストすればいいのと思いますか?

ここではそのようなマイクのテストの疑問について答えていきます。

マイク認識状態のチェック方法

まず接続したマイクがちゃんとWindows10のOSに認識されているかどうかは、Windows10のサウンド設定でチェック可能です。

サウンド設定は、スタートメニューから順番に開いていくことが可能ですが、タスクバーのボリュームアイコンから起動したほうが早いです。

ボリュームアイコンを右押して「サウンドの設定を開く」をクリックすると一発でWindows10のサウンド設定を開けます。

サウンド設定を開いたら「出力」と「入力」の二つが見つかります。これらのうち記入がマイク入力に関わる設定です。
f:id:rick1208:20200609081213p:plain
マイクがひとつも認識されていない場合は、「入力デバイスが見つかりません」と表示されています。

一つでもWindows10が感知しているマイクがあった場合はマイクの端末代が表示されます。
f:id:rick1208:20200609082346p:plain
もしも、ここにマイクが1つも表示されていないということはWindows10が全く感知していないということになるので、何が原因かを特定して解決するようにしましょう。

マイクの音声が入っているかチェックする方法

マイクを感知しているけど音声が入らない場合は、マイク設定が間違っている可能性があります。

マイク設定を見直すには、マイクが認識されてるかどうかをチェックすると同様にサウンド設定画面を開きます。

記入デバイスの下に「マイクのテスト」とありますが、音声が認識されるとここのバーが左右に振れるようになっています。
f:id:rick1208:20200609083246p:plain
ここのバーが全く動かない場合は音声をうまく拾えていない可能性があります。

音声記入の感度を上げたい場合は「デバイスのプロパティ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200609083328p:plain
ボリュームが100以下になっていた場合は100にして感度を最大にし、「追加のデバイスのプロパティ」を押します。
f:id:rick1208:20200609083400p:plain
マイクのプロパティ画面を「レベル」に切り替え、マイクブーストを引き上げます(最大+30、0dB)。
f:id:rick1208:20200609083434p:plain
これでマイクの感度がかなり上がって認識されやすくなります。

この方法は強引にマイクの音量を上げているため、音割れ・ノイズが発生しやすくなります。可能であればマイクブーストを使わないぐらいの音量をマイクで拾えるようにすると良いと思います。