漫画の地球儀

「Windowsの準備をしています」が終わらない原因、対処法!【Windows10、pc、Update】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200605192843p:plain

Windows10のパソコンを終了・再起動した時に、「Windowsの用意をしています。コンピューターの電源を切らないでください」という画面が表示されるものの、なかなか作業が進まないように見えるどころか、全く終わらないこともありますよね。

この「Windowsの用意をしています」は一体どういう作業をしているのかと言いますと、Windows Updateの更新を適用しているのです。Windows Updateを適用した時にパソコンの再起動を求められますが、その後にこのWindowsの用意が始まります。

更新プログラムの容量によって時間が変動し、軽いものであれば数十秒~数分以内には終わることが大半ですが、更新プログラムの容量が大きい場合は数十分も時間がかかってしまうということもあります。

他にも、ハードディスクドライブなどのストレージに不具合があったり空き容量が少ないといった場合には作業スピードが低下してしまいますし、ウイルススキャンをかけている場合にも作業スピードが遅くなります。

ここでは、Windows10のパソコンで「Windowsの用意をしています」が終わらない場合の対処法をご説明していきます。

Windowsの用意をしています」が終わらない場合の対処法

f:id:rick1208:20200605192914p:plain

それでは、Windows10で「Windowsの用意をしています」が終わらない場合の対処法を説明します。

周辺機器を取り外してみる

パソコンにマウス・キーボードといった記入機器や、外付けハードディスク・プリンター・スキャナーなどの周辺機器が接続されている場合は、一旦全部取り外してみましょう。これらの周辺機器が接続されていることによって、作業に遅れが出ている可能性が考えられます。

放置してみる

パソコンのハードディスクランプが点滅しているなど、ちゃんとWindowsの更新作業が行われていると考えられる場合、数時間から1日放置して待つというのも大事です。これで更新作業が行われてパソコンが使用可能になったら、ハードディスクの中身を整理するなどして次回のWindows Updateを行いやすくしておきましょう。

パソコンを強制終了させる

全く「Windowsの用意をしています。コンピューターの電源を切らないでください。」から状態が進まない・終わらない場合は、パソコンを強制終了させてみるのも一つの手です。

ただし、「コンピューターの電源を切らないでください」と表示されている通り、基本的にはパソコンの強制終了はおススメ可能なものではありません。この手段を取った場合は何かしらの不具合が発生してしまうリスクを念頭に置いてください。

パソコンを強制終了させるには、パソコンの接続している周辺機器を取り外した状態でパソコンの電源ボタンを、電源が切れるまで長押ししてください。これでパソコンを強制終了させることが可能です。

スタートアップ修復を行ってみる

Windows10のシステムに不具合が発生していて「Windowsの用意をしています」が終わらない場合は、Windows10の修復機能の1つであるスタートアップ修復を使用して改善するかどうか試してみましょう。

Windows10のパソコンで電源ボタンを押して起動し、Windowsロゴが表示された時に電源ボタンを押し続けて強制終了させるなど、連続でパソコンの起動が失敗した時に自動修復機能を呼び出すことが可能です。画面に「自動修復を用意しています」と表示されたら自動修復の用意とパソコンの診断が行われるので、自動修復画面の起動まで待ちます。

自動修復画面が表示されたら「詳細オプション」を押します。オプションの選択画面が表示されるので、「トラブルシューティング」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605192512p:plain
トラブルシューティング画面が表示されるので、「詳細オプション」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605192521p:plain

詳細オプションの一覧が表示されるので、「スタートアップ修復」を押しましょう。すると「こんにちは、(アカウント名)さん」と表示されるので、パスワードを記入して「続行」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605192528p:plain
これでスタートアップ修復が開始され、パソコンの診断とディスクエラーのチェックが行われ、その後にスタートアップ修復が開始されます。スタートアップ修復は1時間程度の時間がかかるので、空いている時間に行うようにしましょう。スタートアップ修復が終了すると、Windows10が起動します。

システムの復元を行ってみる

システムの復元を行って特定の復元ポイントまで巻き戻してみて、そこから再びWindows Updateを行い正常に更新可能なかどうか試してみましょう。

上記項目「スタートアップ修復」と同じく、まず最初はWindows10のパソコンで電源ボタンを押して起動し、Windowsロゴが表示された時に電源ボタンを押し続けて強制終了させるなどの手段を行い自動修復機能を呼び出します。自動修復画面が表示されたら「詳細オプション」を押します。オプションの選択画面が表示されるので、「トラブルシューティング」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605192548p:plain
トラブルシューティング画面が表示されるので、「詳細オプション」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605192612p:plain
詳細オプションの一覧が表示されるので、「システムの復元」を押しましょう。Windows10にログインするアカウントの選択が求められるので、自分自身自身のアカウントを選びてログインします。
f:id:rick1208:20200605192621p:plain
「システムファイルと設定の復元」が表示されます。「次へ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605192630p:plain
「選びたイベントの前の状態にコンピューターを復元します。」と表示されるので、一覧から復元ポイントを選びます。復元ポイントまで戻ることでプログラムに影響が出るので、「影響を受けるプログラムの検出」を押して、どういったプログラムが影響を受けるのかチェックしておくことをおススメします。チェックが終了したら「次へ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605192640p:plain
最後に、「復元ポイントのチェック」項目が表示されます。先ほど選んだ復元ポイントが選択されていることをチェックしたら、「終了」ボタンをクリックすることでシステムの復元が実行され、指定した復元ポイントまでシステムが巻き戻ります。
f:id:rick1208:20200605192647p:plain