漫画の地球儀

Outlookのメールの返信に引用符をつける方法!【Windows、pc、メッセージ、設定、ビジネスメール】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200607125152p:plain


ビジネスメールの管理に便利なOutlookですが、メールの返信でをするときの元メールの参照部分に引用符がつかないようになっています。

このように、元メールはメール本文末尾に使用されますが、引用符で囲まれることはありません。

こちらはGmailで返信するときのサンプルですが、メールで返信するときはこのように元メール引用を表す装飾がされています。

引用符があるとどこが元メールの内容なのかがわかりやすいため、ないよりかはあったほうがいいと思います。Outlookは引用符をつけるための設定が必要なのでやり方を説明していきます。

Outlookのメールの返信に引用符をつける設定方法


Outlookで返信するときの元メールに引用符をつけるにはちょっと設定を変更します。

まず最初は、Outlookを開いて上部メニューからファイルメニューに切り替えます。
f:id:rick1208:20200608195914p:plain
ファイルメニューを表示したら左メニューの「オプション」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200608200002p:plain
たくさんのオプション項目が表示されますが、今回変更するのはメール設定です。「メール」を選びましょう。
f:id:rick1208:20200608200050p:plain
メール設定を開いたら下の方にスクロールしてください。「返信、転送」が見つかります。

「返信、転送」の「メッセージに返信する時」の設定を「元のメッセージを残す」から「元のメッセージの行頭にインデント記号を挿入する」を選びます。
f:id:rick1208:20200608200107p:plain
設定を変更したらオプションウィンドウ右下の「OK」を押して設定を終了しましょう。

この状態でもう1回メール返信画面を出してみてください。

元メールメッセージの左側に引用符が挿入されます。

これでメール本文と引用した元メールの区別がつきやすくなり、読みやすくなると思います。設定さえ変更しておけば1行のインラインメッセージでも関係なく挿入されるので、メールの返信をする機会が多い人は設定しておきましょう。