漫画の地球儀

NVIDIAコントロールパネルがない原因、対処法!【パソコン、エラー、開かない、消えた、開き方】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200608134714p:plain
NVIDIA製のグラフィックボードを搭載しているパソコンには、「NVIDIAコントロールパネル」というグラフィック設定を行うことの可能なソフトウェアがダウンロードされています。3Dグラフィックの設定や解像度の変更・デュアルディスプレイの設定など色々な設定が行えます。

しかし、このNVIDIAコントロールパネルがエラーで開かない・メニューから消えたなど、使いたいのに無くなってしまいどこにあるのか・どうやって開けばいいのか困ってしまうことがあります。ここでは、NVIDIAコントロールパネルがない・消えた場合の対処法についてご説明していきます。

NVIDIAコントロールパネルの通常の開き方

それでは、NVIDIAコントロールパネルの通常の開き方を説明します。

右クリックメニューからNVIDIAコントロールパネルを開く

デスクトップ画面上の何もない場所で右押してメニューを表示すると、メニュー内に「NVIDIAコントロールパネル」があるので、クリックすることでNVIDIAコントロールパネルを開くことが可能です。
f:id:rick1208:20200608105236p:plain

タスクトレイからNVIDIAコントロールパネルを開く

タスクトレイにNVIDIAのロゴのアイコンがある場合、これを右押しましょう。
f:id:rick1208:20200608105353p:plain
右クリックメニューが開くので、「NVIDIAコントロールパネル」を押しましょう。これでNVIDIAコントロールパネルが開きます。
f:id:rick1208:20200608105526p:plain

コントロールパネルからNVIDIAコントロールパネルを開く

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コントロールパネル」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200608105843p:plain
コントロールパネルが表示されたら、「ハードウェアとサウンド」を押しましょう。

表示が画像のようになっていない場合は、ウィンドウ右上の「表示方法」を「カテゴリ」に変更すれば画像の通りになります。
f:id:rick1208:20200608114425p:plain
ハードウェアとサウンドの項目一覧が表示されるので、「NVIDIAコントロールパネル」を押しましょう。これでNVIDIAコントロールパネルが開きます。

NVIDIAコントロールパネルがない・消えた場合の対処法

f:id:rick1208:20200608134727p:plain
こちらでは、NVIDIAコントロールパネルがない・消えた場合の対処法を説明します。

グラフィックドライバーを更新してみる

グラフィックドライバーが古い・あるいはドライバーに問題が発生しているためにNVIDIAコントロールパネルが消えた場合は、グラフィックドライバーをアップデートすることで問題が解消可能な可能性があります。

Windowsキー+Xキー」の同時押しでアドバンスドメニューを呼び出し、メニュー内の「デバイスマネージャー」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200608122828p:plain
バイスマネージャーが表示されるので、項目一覧の「ディスプレイアダプター」を展開して、NVIDIAのグラフィックドライバーを右クリックしましょう。
f:id:rick1208:20200608122836p:plain
右クリックメニューが表示されるので、「ドライバーの更新」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200608122851p:plain
ドライバーの更新ウィンドウが表示されるので、2つあるドライバーの検索方法のうち「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」を押しましょう。インターネット上からドライバーの検索が行われ、最新バージョンのドライバーを見つけてダウンロードしてくれますよ。
f:id:rick1208:20200608122900p:plain

グラフィックドライバーをダウンロードする

バイスマネージャーにNVIDIAのグラフィックドライバーがない場合は、手動でダウンロードを行いドライバーをダウンロードし直す必要があります。

まず最初は下記リンク先のNVIDIAドライバダウンロードページにアクセスしましょう。
NVIDIAドライバダウンロード

NVIDIAドライバダウンロードページが表示されたらドライバのダウンロードを行うのですが、最初に全部のオプション項目を記入する必要があります。
f:id:rick1208:20200608122944p:plain

・製品のタイプ・製品シリーズ・製品ファミリー:使用しているNVIDIA製グラフィックボードの情報を選びましょう。
オペレーティングシステム:パソコンのOS情報を選びます。
・ダウンロードタイプ:基本的にはGame Ready ドライバーとStudioドライバーの2つが用意されています。Game Readyドライバーは名前がGameと付いていますが、最新版のドライバーという位置づけです。ゲームをしていなくても最新のドライバーを導入するのであればこちらを選びます。安定版を導入したいならStudioドライバーを選びましょう。
・言語:Japanese(日本語)を選びましょう。

記入した項目に該当するドライバーが表示されるので、「ダウンロード」ボタンを押してダウンロードしましょう。
f:id:rick1208:20200608132240p:plain
あとはダウンロードしたドライバーのインストーラーを起動して、インストーラーの指示に従って操作を進めればグラフィックドライバーがダウンロードされます。

NVIDIAコントロールパネルがエラーを起こして開かない場合

NVIDIAコントロールパネルはあるけど、開こうとするとエラーが起きる・・・という場合は、上記「グラフィックドライバーを更新してみる」項目のやり方に従ってグラフィックドライバーを最新版にアップデートしてみてください。

最新版にしてもエラーを起こす場合は、NVIDIAコントロールパネルの関連ソフトウェアを再起動してみましょう。

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windows管理ツール」フォルダを展開して「サービス」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200608132315p:plain
※サービスの起動は、「Windowsキー+Rキー」の同時押しでファイル名を指定して実行を呼び出し、「services、msc」と記入して実行することでも可能です。

サービスが開き、サービスの項目一覧が表示されるので「NVIDIA Display Container LS」と「NVIDIA LocalSystem Container」の2つを探しましょう。この2つのサービスに対して下記の操作を行います。
f:id:rick1208:20200608132327p:plain
まず最初は、サービス名を右押して右クリックメニューを開き「再起動」を押してサービスを再起動させます。
f:id:rick1208:20200608132341p:plain
サービスが再起動したらダブル押して開き、「スタートアップの種類」を「自動」に変更してから「OK」を押して設定を終了します。以上の操作を2つのサービスに行えばOKです。
f:id:rick1208:20200608132349p:plain