漫画の地球儀

スリープが勝手に解除される原因、対処法!【Windows10、パソコン、スリープモード、スリープ解除タイマー】

スポンサーリンク

Windows10のパソコンを使用していて、寝る時にスリープモードにしたのにも関わらず夜中に勝手にスリープ解除されて起動してしまったというパターンに遭遇したことはありませんか?

Windows10では、パソコンを使用していない時間帯にWindows Updateなどの更新やメンテナンスを行うように設計されています。しかし、それらの更新・メンテナンスを実行するときにパソコンがスリープしている場合、スリープ解除タイマーが働いてスリープを勝手に解除してしまうのです。

スリープ解除タイマー

f:id:rick1208:20200608084021p:plain
スリープ解除タイマーとは、Windows Updateや自動メンテナンスといったプログラムが作業を行う時刻にスリープを解除することが可能な機能です。これにより、設定された時間にスリープしている場合は解除してスケジュール通りにプログラムを動作させます。

しかし、スリープ解除タイマーが動くということは、ユーザー側からすると「勝手にパソコンがスリープから復帰した」と思ってしまいますよね。基本的にスリープにするということはパソコンを使わないということなので、スリープから復帰されたら困ってしまう方が大半だと思います。寝る時に「起きたらパソコンをすぐに使いたいから」という理由でスリープさせる方の場合、スリープからの復帰によるパソコンの動作音で睡眠を妨害されてしまってストレスになることもあります。

そこで、スリープ解除タイマーの設定を変更して無効化させることで、勝手にスリープを解除しないようにすることが可能ですよ。

スリープ解除タイマーの設定方法

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「設定」を押しましょう。

Windowsの設定ウィンドウが表示されるので、「システム」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200608081758p:plain
設定画面が表示されるので、左側メニューの「電源とスリープ」を押して項目を出し、関連設定項目の「電源の追加設定」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200608081814p:plain
電源オプションが表示されるので、設定しているプランの右側に表示されている「プラン設定の変更」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200608082513p:plain
プラン設定の編集画面が表示されたら、「詳細な電源設定の変更」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200608083209p:plain
電源オプションの詳細設定が表示されたら、「スリープ」から「スリープ解除タイマーの許可」を開き、設定を「無効」にして「OK」を押して設定を終了させましょう。

これで、勝手にスリープから復帰しないようになります。
f:id:rick1208:20200608083241p:plain
もしスリープ解除タイマーの許可が表示されない場合、自動メンテナンスをオフにすることでも対処が可能です。デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」を展開して、「コントロールパネル」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200608083537p:plain
コントロールパネルが開くので、「システムとセキュリティ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200608083555p:plain

システムとセキュリティの一覧が表示されたら、「セキュリティとメンテナンス」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200608083758p:plain
セキュリティとメンテナンスの一覧が表示されるので、「メンテナンス設定の変更」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200608083806p:plain
自動メンテナンスの設定が表示されるので、「スケジュールされたメンテナンスによるコンピューターのスリープ解除を許可する」のチェックボックスをオフにして「OK」を押しましょう。これで自動メンテナンスがオフになり、勝手にスリープから復帰しなくなります。
f:id:rick1208:20200608083813p:plain