漫画の地球儀

Windows10のクリーンブート実行方法!【意味、セーフモードとの違い、OS、アップグレード】

スポンサーリンク


f:id:rick1208:20200608075953p:plain


Windows10には、「クリーンブート」という起動方法があります。クリーンブートとは、Windows上で実行されている常駐プログラム・常駐サービスをWindowsのものに限定した状態でWindowsを起動することを指します。

OSのアップグレードやWindows Updateが成功しない場合や、常駐プログラム・常駐サービスの噛み合わせ・競合によるトラブルが起きてしまってシステムエラーを起こす場合などに、クリーンブートを使用することでトラブル診断を行いやすくなります。

ここでは、Windows10のクリーンブートの実行方法についてご説明していきます。

セーフモードとの違いとは?

同様なトラブルが発生した場合に、Windows10以前から使用されている「セーフモード」というものがありますね。セーフモードとクリーンブートの違いについて説明します。

セーフモードはWindowsの一部機能を実行せずに起動するモードです。セーフモードでWindowsを起動すると、問題が発生している機能をスキップして起動するので該当の機能を消去したり修復するといったことが行えます。セーフモードには「ネットワークあり」・「セーフモードとコマンドプロンプト」・「ドライバ署名を強制的に無効にして起動」・「起動時のマルウェア対策を無効化して起動」・「障害発生後の自動起動を無効化して起動」といったオプションもあります。セーフモードは、ブートオプションからセーフモードを選択するだけで簡単に起動することが可能です。

一方クリーンブートは、Windowsの機能だけで起動する方法で、トラブルがあったときにWindowsのシステムに問題があるのか・Windows以外のプログラムやサービスに問題があるのかを切り分けて診断するのに用いられます。クリーンブートは手動で設定しなければいけないため、起動までの用意がセーフモードに比べると大変です。

Windows10でクリーンブートする方法

f:id:rick1208:20200608075845p:plain

それでは、Windows10のパソコンでクリーンブートする方法を説明します。

まず最初は「Windowsキー+Rキー」の同時押しで「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを呼び出し、名前記入欄に「msconfig」と記入して「OK」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200608074923p:plain
システム構成ウィンドウが表示されるので、「スタートアップ」タブを押して「タスクマネージャーを開く」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200608075902p:plain
「スタートアップ」タブが表示された状態でタスクマネージャーが開きます。「状態」が「有効」になっているサービスを押して「無効にする」ボタンから無効にしていきましょう。全部のサービスを無効にすればOKです。
f:id:rick1208:20200608075915p:plain
次に「サービス」タブを開き、ウィンドウ左下の「Microsoftのサービスをすべて隠す」のチェックボックスをオンにします。その状態でウィンドウ右側の「すべて無効」ボタンを押して表示されているサービスのチェックボックスがオフになったことをチェックしたら、「適用」ボタンを押してから「OK」ボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20200608075926p:plain
「システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります」と、再起動を要求するウィンドウが表示されます。「再起動」ボタンを押してパソコンを再起動することで、Windows以外のサービス・常駐プログラムが起動しない「クリーンブート」で起動することが可能ですよ。

クリーンブートから元の設定に戻すには、再度システム構成ウィンドウを開いてクリーンブートを行う前の設定に戻せばOKです。