漫画の地球儀

AndroidのSDカードを内部ストレージ化するメリット、デメリット【スマホ、Huawei、Xperia】

スポンサーリンク


HuaweiXperiaなどAndroidスマホを使用しているユーザーは多いと思います。そんなユーザーの方々は「内部ストレージ」という言葉を聞いたことありますか?Android 6、0から新たに増えた項目でAndroid 7、0、Android 8、0などを使用しているユーザーの中には知っているというユーザーもいらっしゃると思います。

特に今人気の格安スマホに搭載されているパターンが多いようです。

内部ストレージ化とはSDカードを外部ストレージから内部ストレージにすることで、元々スマホにあった内蔵ストレージとして使えるようにすることを言います。

内部ストレージ化するとこで、Androidスマホの容量は増えますが、外部ストレージのSDカードと違いパソコンなど他の端末では読み取れなくなります。そのスマホ専用のSDカードと考えてください。

やっぱり内部ストレージ化を解除したいという時があります。内部ストレージ化することも可能ですが、その場合はSDカード初期化をし中のデータをすべて消す必要がありますので気を付けてください。

内部ストレージ化をするメリット・デメリット

f:id:rick1208:20200608074506p:plain

AndroidのSDカードの内部ストレージ化をするメリット、デメリットについて解説します。

AndroidのSDカードの内部ストレージ化をするメリット

Androidスマホを購入する時はそんなに容量使わないだろ・・・と思い、容量の少ないAndroidスマホを買ったというユーザーもいらっしゃると思います。

しかしいざAndroidスマホを使用していると、楽しいゲームのアプリなどがたくさんあり、気が付いたら容量がなく、ダウンロードできない・・・というパターンもあります。

そんなユーザーの人はSDカードを内部ストレージ化すれば容量が増え、たくさんアプリをダウンロード可能なという大きなメリットがあります。

AndroidのSDカードの内部ストレージ化をするデメリット

SDカードを内部ストレージ化することで容量の問題は解決し、デメリットはないように思いますが、実はデメリットが2つあります。

まず1つ目は、Androidスマホの動作が遅くなる可能性があるという事です。

Androidスマホの内部記憶装置と比較すると、SDカードはデータの処理が遅いというデメリットがあります。SDカードはデータの処理が遅いことでAndroidスマホの動作も遅くなる可能性があります。

2つ目は、SDカードが壊れやすいというデメリットがあります。

SDカードには読み書きなどの処理に回数制限があります。しかし内部ストレージ化してしまうと、いつも大量の読み書きの処理をする必要があるのでSDカードが壊れやすくなります。

内部ストレージ化にはこのようなデメリットもあります。内部ストレージ化を考えているユーザーの人はデメリットも考慮し、どうするか考えてから内部ストレージ化してください。