漫画の地球儀

マイクを認識しない原因、対処法!【Windows10、pc、イヤホン、ヘッドホン、感知しなくなった】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200608045742p:plain

Windows10でマイクを使おうとしたら、なぜか感知しない、上手く音を拾わないという時があります。

いったいなぜマイクを感知しないトラブルが発生してしまうのでしょうか?

接続端子を間違えている

殆どのパソコンはマイク記入端子とイヤホン・ヘッドホン端子(出力端子)が分かれています。なので端子ごとに適したケーブルを挿さないと動作しないので注意しなければなりません。

こういった仕様のため、出力端子にマイク用ケーブルを差し込んでも一切認識せず、パソコンに詳しくない人からすると壊れたと勘違いしてしまうことがあります。

マイクへのアクセスがオフになっている

Windows10は、マイクへのアクセスを許可する設定を個別に行えるようになっています。

このマイクアクセスをオフにしていた場合、Windows10側が感知していてもマイクを使うことができず、マイク本体は正常なのに上手く動作しない症状に悩まされてしまうのです。

マイク本体が壊れている(寿命を迎えている)

可能性はあまり高くないですが、マイク本体が壊れている可能性があります。内部断線や端子が壊れたなど色々な要因が考えられます。

ほかのパソコンに差し込んでも感知しない場合はこの可能性が極めて高いと思います。

Windows10でマイクを感知しない場合の対処法

f:id:rick1208:20200608045823p:plain

Windows10でマイクを感知しない時の対処法は色々あります。

原因によって効果のある対処法と全く効果のない対処法があるので一つ一つ試してみてください。

マイクを挿し直す

何かしらの原因で接触不良を起こしている場合うまく認識できず、マイクを使った音声記入ができないときがあります。そういう場合は1回マイクをさしなおしてみてください。

マイクを挿し直すだけで解決することが多いです。マイクをさしなおしても解決しない場合は別の要因が考えられるので、後述する「Windows10を再起動する」など別の方法を試してみてください。

Windows10を再起動する

Windows10を利用していて突然不具合が起きたしたらWindows10を再起動することが一番です。再起動することでWindows10内のキャッシュ周りがリセットされ、そのときに問題を起こしている原因が取り除かれることがあります。

ですので、なぜかマイクの認識がおかしくなったと言うのであれば、1回Windows10を再起動してみてください。

マイクアクセス設定をチェックする

マイクアクセスがオフになっていると、Windows10側が認識出来ていても使えない症状が発生します。

マイクアクセス設定をチェックしたい場合は、スタートメニューを右押して「設定」を押します。
f:id:rick1208:20200608030344p:plain
次に「プライバシー」を押します。
f:id:rick1208:20200608030356p:plain
左メニュー「アプリのアクセス許可」にある「マイク」を選びます。
f:id:rick1208:20200608030402p:plain
「アプリがマイクにアクセス可能なようにする」がオフになっていた場合、オンに切り替えます。これでWindows10で認識されているマイクが有効化されます。
f:id:rick1208:20200608030409p:plain
これでアプリでのマイクアクセスが有効化されますが、あくまでMicrosoft Storeで公開されているアプリに限った話です。

すべてのソフトウェアで膜アクセスを許可したい場合は、もうちょっと下にスクロールしたら見つかる「デスクトップアプリがマイクにアクセス可能なようにする」をオンにしてください。
f:id:rick1208:20200608030419p:plain
これでマイクが有効化されます。

試しに使いたいソフトウェアでテストして、正常に動くかチェックしてください。

接続端子を間違えていないかチェックする

ありがちなのが、オーディオジャック(音声出力端子)にマイクのケーブルを差し込んでしまっているパターンです。

マイク音声は出力ではなく記入なので、きちんと記入端子に挿さないと動作してくれません。

うまく認識されているかかどうかわからない場合はサウンド設定でマイクやヘッドホン・イヤホンを正しく感知しているかチェックしましょう。

マイクと音声出力に分かれたヘッドセットを使用する

大半のパソコンはマイクを差し込む音声記入端子と音声を出力する端子に分かれています。

iPhoneなどのスマートフォンであれば端子一つで音声入出力どっちもできてしまうので知らない方もいると思います。もし、スマートフォンで使えるケーブル一本で接続可能なヘッドセットなどだと音声出力しかできず、マイクが認識されません。

ですので、Windows10含むパソコンでマイクを使用したい場合は、ケーブルが2本に分かれたヘッドセットを使うのも有効です。

もしくは、端子を気にする必要がないUSB接続型のヘッドセットもわかりやすくていいと思います。

ある日突然感知しなくなった場合

ある日を境に全く感知しなくなった、感知したりしなかったりを繰り返す場合は、マイクのケーブルが中で断線している可能性があります。

ケーブル内はたくさんの銅線が入っているので1本くらい断線しても動作不良を起こさないことが多いですが、断線本数が多くなってくると接続終了を起こして認識されなくなることが多くなってきます。

この場合は経年劣化による寿命の可能性が高いので買い替えを検討するようにしてください。