漫画の地球儀

Windowsの「winlogon.exe」の意味【ウイルス?、プログラム、パソコン、Windows10】

スポンサーリンク


f:id:rick1208:20200605143533p:plain

Windowsのパソコンでは、バックグラウンドで色々なプロセスが動作しています。動作しているプロセスの中には必要なものから不必要なものまで色々なものが混ざっているため、必要のないプロセスは停止することでパソコンの動作を軽くしたいと考えるユーザーも多いかと思います。

今回ご解説するのは、「winlogon、exe」です。winlogon、exeとは、Windowsのログオンに関わる処理を行っているプロセスです。タスクマネージャーで出してみると、名前が「Windowsログオンアプリケーション」となっていることがチェック可能です。このプロセスはWindowsのOS起動時のログオン画面の処理(userinit、exe・explorer、exeの起動)・lsass、exeと連携してのユーザー認証・またデスクトップ画面やスクリーンセーバーといった表示の制御を行っているほか、「Ctrlキー+Altキー+Deleteキー」を同時押しした時に表示されるログオン画面を起動させることが可能です。

※ログオン画面・・・パソコンのロック・ユーザーの切り替え・シャットダウン(電源を切る)・再起動・タスクマネージャーの起動を行うことが可能な。

winlogon、exeはウイルス?

f:id:rick1208:20200605143556p:plain
タスクマネージャーからwinlogon、exeを見てみたら、何故かCPU使用率が高くなっていてパソコンが重い状態になってしまった経験はないと思いますか。もしかしたらウイルスの仕業なのかもしれないと不安になってしまいますよね。

上記で説明しているように、winlogon、exeはログオン画面の処理を行っているほか、デスクトップ画面の表示の制御などを行っている必要なプロセスなのでウイルスではありません。しかし、winlogon、exeに偽装するウイルスなどは存在しています。タスクマネージャーから、winlogon、exeのファイルの位置を確かめてみましょう。

winlogon、exeのプログラムが置かれている場所は「C:\Windows\System32」となります。もしこのフォルダ以外の場所にwinlogon、exeがあった場合、ウイルスの可能性が高いです。アンチウイルスソフトでスキャンを行ってみましょう。ウイルスであった場合は駆除してくれますよ。