漫画の地球儀

Googleドキュメントの自動文字起こしの使い方!【音声入力、ボイスレコーダー、音声ファイル】

スポンサーリンク


f:id:rick1208:20200607202040p:plain

Googleドキュメントの自動文字起こし機能をご存知ですか?Googleドキュメントでは、マイクなどで音声入力をすることで音声感知して文字を起こし、テキスト化してくれる機能が用意されています。手動で記入するより音声認識で文字起こしをしたほうが便利なパターンも多いです。

さて、そんなGoogleドキュメントですが、マイクからの音声記入以外にもボイスレコーダーなどの録音データや音声ファイルなども音声認識させて文字起こしすることが可能なことをご存知と思いますか?音声データを文字起こしできれば、議事録作成やライティングなどの業務が捗りますよね。

ここでは、Googleドキュメントの自動文字起こし機能の使用方法をご説明していきます。

Googleドキュメントの自動文字起こし機能の使用方法

それでは、Googleドキュメントの自動文字起こし機能の使用方法を説明します。まず最初は下記リンク先のサイト「VB-Audio Software」から、フリーソフト「Virtual Audio Cable」をダウンロードしましょう。
VB-Audio Virtual Apps

WEBサイトにアクセスしたら、トップページの「Download」ボタンをクリックすることでインストーラーをダウンロードすることが可能です。
f:id:rick1208:20200607195001p:plain

ダウンロードしたzipファイルを解凍したら、展開されたフォルダ内にある「VBCABLE_Setup_x64、exe(32bitパソコンの場合はx64でない方)」を右押して、「管理者として実行」から開きましょう。
f:id:rick1208:20200607195107p:plain
インストーラーが起動したら、「Install Driver」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200607195117p:plain
ダウンロードの途中で「このデバイスソフトウェアをダウンロードしますか?」とウィンドウが表示されるので、「VB-Audio」製のものであることをチェックしたら「インストール」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200607195127p:plain
ダウンロードが終了したら、早速設定に移動します。タスクトレイに表示されているスピーカーアイコンを右押して、「サウンドの設定を開く」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200607195154p:plain
サウンドの設定画面が表示されるので、「出力」デバイスから「CABLE Input」を選びましょう。
f:id:rick1208:20200607195213p:plain
続いて、「入力」デバイスから「CABLE Output」を選びます。
f:id:rick1208:20200607195221p:plain
上記の設定が終了したら、Googleドキュメントへアクセスしましょう。下記リンクからGoogleドキュメントへアクセスすることが可能です。
Google ドキュメント - オンラインでドキュメントを作成/編集できる無料サービスです

Googleドキュメントで新しいドキュメントを作って、画面上部「ツール」から「音声入力」を押します。
f:id:rick1208:20200607195427p:plain
画面左側にマイクボタンが表示されるので、押して録音状態に移行しましょう。
f:id:rick1208:20200607200552p:plain
マイクボタンが赤くなれば録音状態になっているので、ここで文字起こしをしたい音声ファイルを再生すれば、音声感知してテキスト化してくれますよ。文字起こしは音声ファイル以外にも動画の音声も文字起こししてくれるため汎用性があります。ぜひ試してみてください。
f:id:rick1208:20200607200559p:plain