漫画の地球儀

Googleカレンダーのデザインをカスタマイズする方法!【Windows10、デフォルト、見やすく】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200605192914p:plain

カレンダーの見え方や、デザイン、どういう情報がのっていると嬉しいかは人それぞれあると思います。Googleカレンダーを利用していてちょっと使いにくいな・・・と思った事はありませんか?

そんな方の為にここでは、Googleカレンダーのデザインをカスタマイズする方法を解説します。Googleカレンダーをぜひ自分自身が利用しやすいようにアレンジしてください。

ここではアドオンを使わない初心者向けのカスタマイズです。Googleカレンダーを利用してみようかと悩んでいるユーザーの方もぜひご覧になってください。


Googleカレンダーのデザインをカスタマイズする方法

f:id:rick1208:20200606082610p:plain
それではGoogleカレンダーのデザインをカスタマイズする方法を解説します。

1、表示を切り替える

まず最初はGoogleカレンダーの表示を切り替える方法です。Googleカレンダーのデフォルトは「月」の表示になっています。実はこの表示を「日」「週」「年」「スケジュール」「4日」に変更することも可能です。
f:id:rick1208:20200607101307p:plain

右上の「月」と表示されている部分を押してください。するとメニューが表示され、好きな表示をクリックすれば切り替わります。

便利なショートカットキーも解説します。

日→D
週→W
月→M
年→Y
スケジュール→A
4日→X
f:id:rick1208:20200607110833p:plain

「日」は1日のスケジュールが1時間ごとに線で区切られています。1日のスケジュールを印刷したい時や、チェックしたい時に便利です。

「週」は1週間表示され、1時間ごとに線で区切られています。週の予定をチェックする時に便利です。
f:id:rick1208:20200607110850p:plain
「年」は1月から12月までまとめて表示されます。ダブルクリックすれば「月」の表示に切り替えることも可能です。予定をチェックしたい日付をクリックすれば、その日の予定も表示されます。
f:id:rick1208:20200607110859p:plain
「スケジュール」は予定のある日だけ一覧で表示されます。予定をチェックしたい時に便利です。

最後は「4日」です。選んだ日付を含む4日間が表示されます。1時間ごとに線で区切られているので見やすいです。
f:id:rick1208:20200607110936p:plain

2、繰り返しの機能を自分自身らしく

定期的に行われる会議のスケジュールをGoogleカレンダーに記入する時、繰り返し機能を利用して記入の手間を省いているユーザーの方も多いと思います。

しかし、繰り返し機能には「毎日」「毎週○曜日」「毎月第1○曜日」「毎年○月○日」「毎週平日(月~金)」しかなく、2週間に1回の会議などは繰り返しが使えないので不便に感じることも。そんな時は自分自身好みにカスタムしてください。

まず予定を記入したい日を押します。予定作成のウィンドウが表示されたら下の「その他のオプション」を押します。

「繰り返さない」を押して、1番下の「カスタム」を押します。

すると自分自身好みにカスタム可能な「カスタムの繰り返し」のウィンドウが開くので「繰り返す間隔」で2週間ごとなら2週間ごとにし、下の「終了」を押してください。これで2週間ごとに繰り返されます。

「週間ごと」の他に「日ごと」「か月ごと」「年ごと」もあります。

繰り返しの予定を消去する時はまず予定を押し、詳細が開いたら上のゴミ箱マークを押します。

すると「定期的な予定の消去」というウィンドウが開くので「この予定」「これ以降のすべての予定」「すべての予定」の中から選びて「OK」を押してください。
f:id:rick1208:20200607111421p:plain

3、Windows10の標準カレンダーにGoogleカレンダーをカスタマイズする

Windows10には標準でカレンダーの機能が付いています。中には標準カレンダーとGoogleカレンダー両方を利用しているユーザーの方もいらっしゃると思います。

実はWindows10の標準カレンダーにGoogleカレンダーをカスタマイズして使うという使用方法が可能なことをご存じですか?

カスタマイズすればGoogleカレンダーに記入したスケジュールが標準カレンダーにも表示されます。わざわざGoogleカレンダーを開かなくてもいいので、とても便利です。

また、Googleカレンダーならアプリを使いiPhoneAndroidからでもスケジュールが記入可能なので、iPhoneAndroidで記入したスケジュールがカスタマイズしておけばWindows10の標準カレンダーにも表示され、とても便利です。

Windows10の標準カレンダーにGoogleカレンダーをカスタマイズする方法を解説します。

Windows10の標準カレンダー開き左下にある歯車を押します。

右側に「設定」が開くので「アカウントの管理」を押します。

「アカウントの管理」が開いたら「アカウントの追加」を押します。

「アカウントの追加」が表示されたら「Google」を押します。
f:id:rick1208:20200607111457p:plain
カスタマイズしたいGoogleのアカウント名とパスワードを記入して「Windowsを信頼可能なことをチェック」のメッセージが表示されたら「許可」を押します。
f:id:rick1208:20200607112021p:plain

「すべて完了しました。」というメッセージが表示されたら右下の「完了」をクリックしてください。
f:id:rick1208:20200607113514p:plain
Windows10の標準カレンダーを見てみるとGoogleカレンダーに記入していたスケジュールも表示されています。