漫画の地球儀

wermgr.exeの停止方法!【停止してOK?、意味、Windows、パソコン、ファイル】

スポンサーリンク

Windowsのパソコンでは、バックグラウンドで色々なプロセスが動作しています。動作しているプロセスの中には必要なものから不必要なものなど色々なものが混ざっているため、必要のないプロセスは停止してパソコンの動作を軽くしたいと考えるユーザーも多いかと思います。

今回ご解説するのは、wermgr、exeです。wermgr、exeとは、「Windows Error Reporting Service(WerSvc)」に関連しているプロセスです。Windows Error Reporting Serviceという名前の通り、Windowsで起こったエラーをMicrosoftに報告する機能です。

wermgr、exeは停止してOK?

f:id:rick1208:20200605200531p:plain

wermgr、exeが動作している時にはCPUにかなりの負担をかけているようで、CPUの使用率が高くなる傾向にあります。Windowsでエラー報告をしても直接的なメリットがないと考え、wermgr、exeを停止させたいユーザーも少なくないのではないと思いますか?

wermgr、exeは停止しても大丈夫なのかどうかと言いますと、停止させても問題ありません。ただし、停止するとWindows Error Reporting Serviceが動作しなくなるので、Microsoftへのエラー報告が行われなくなるほか、エラー診断サービスや修復が表示されなくなってしまうという点に注意しましょう。

wermgr、exeの停止方法

f:id:rick1208:20200605200444p:plain
それでは、wermgr、exeの停止方法について説明します。まず最初はデスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windows管理ツール」フォルダを展開して、「サービス」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605194735p:plain
サービスが開き、サービスの項目一覧が表示されます。一覧の中から「Windows Error Reporting Service」を探して、ダブルクリックして開きましょう。

Windows Error Reporting Serviceのプロパティが表示されるので、「スタートアップの種類」を「無効」に、「サービスの状態」に表示されているボタンの中から「停止」を押してサービスを無効化しましょう。

これでWindows Error Reporting Serviceの無効化・およびWindowsの起動時にWindows Error Reporting Serviceのが立ち上がらなくなりますよ。