漫画の地球儀

Googleドライブのゴミ箱が空にならない原因、対処法!【Android、スマホ、アプリ、空にする方法】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200606090949p:plain


クラウドストレージサービス・Googleドライブでは、無料ユーザーなら15GB・有料プランに加入しているユーザーで100GB~2TBもの容量を使用することが可能です。しかし、保存しているファイルが容量制限まで到達しそうな場合は、ファイルを消去して整理する必要があります。

ファイルを消去するにはゴミ箱にファイルを入れる必要があるのですが、ゴミ箱にファイルを入れただけでは消去されず、ゴミ箱にファイルが溜まり続けてしまい空にならない上にストレージの空き容量も増えないので、ちゃんととゴミ箱に入れたファイルを消去することが重要です。ここでは、Googleドライブのゴミ箱を空にする方法をご説明していきます。

Googleドライブにアクセスしたら、左側メニューの「ゴミ箱」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200606090626p:plain
ゴミ箱の中に入っているファイルの一覧が表示されます。一覧の上部に表示されている「ゴミ箱」をクリックすると「ゴミ箱を空にする」メニューが表示されるので、押しましょう。

ゴミ箱を空にしますか?」と尋ねられるので、「ゴミ箱を空にする」ボタンをクリックすることでゴミ箱内のファイルが一括消去されます。
f:id:rick1208:20200606090654p:plain
ゴミ箱内のファイルを個別に消去したい場合は、消去したいファイルを右押してメニューを開き、「完全に削除」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200606090811p:plain
「完全に削除しますか?」と尋ねられるので、「完全に削除」ボタンをクリックすればファイルを個別に消去することが可能です。警告文に書かれている通り、元に戻す操作はできないので気を付けましょう。
f:id:rick1208:20200606090846p:plain

Googleドライブのゴミ箱が空にならない場合

f:id:rick1208:20200606090959p:plain
WEBブラウザからGoogleドライブにアクセスして、上記の操作を行ってもゴミ箱が空にならないといった症状が稀に発生することがあります。この症状が発生した時は、AndroidスマホGoogleドライブアプリからGoogleドライブにアクセスしてみましょう。

アプリからゴミ箱を開き、全部のファイルを選んで「完全に削除」を押すことでファイルを消去してゴミ箱を空にすることが可能です。
f:id:rick1208:20200606090921p:plain