漫画の地球儀

MicrosoftアカウントをGmailで作成する方法!【Windows10、メールアドレス、メリット、デメリット】

スポンサーリンク


f:id:rick1208:20200605204928p:plain


Microsoftアカウント(マイクロソフトアカウント)を所持していると、Microsoftのオンラインサービスを使用可能です。

他にも、Windows10ではアカウントを登録することでMicrosoftアカウントからのログインが可能になります。

MicrosoftアカウントはWindows10上で作成することが可能で、Gmailのメールアドレスでも作成することが可能です。

Gmailのメールアドレスでアカウントを作成すれば管理が楽になるというメリットがあります。一方でデメリットとしては、アカウントを統合するようなものなので他の人にアカウント情報が漏れてしまった場合にリスクがあるという点です。

ここでは、Windows10のMicrosoftアカウントをGmailで作成する方法を実例付きでご説明していきます。

MicrosoftアカウントをGmailで作成する方法

f:id:rick1208:20200605205105p:plain
それでは、MicrosoftアカウントをGmailで作成する方法について説明します。

まず最初はデスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「設定」を押しましょう。

Windowsの設定」ウィンドウが表示されるので、「アカウント」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200606083704p:plain
設定画面が表示されるので、左側メニューの「家族とその他のユーザー」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200606084456p:plain
「家族とその他のユーザー」の項目一覧が表示されます。「他のユーザー」項目の「その他のユーザーをこのPCに追加」ボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20200606084506p:plain
サインインウィンドウが表示されるので、「このユーザーのサインイン情報がありません」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200606084533p:plain
「アカウントの作成」に移動します。ここでGmailのメールアドレスを記入して「次へ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200606084538p:plain
続いて、「パスワードの作成」を行います。サインインするのでのパスワードを記入したら「次へ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200606084547p:plain
パスワードを記入すると「お名前の記入」に移動します。名前(姓名)を記入して「次へ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200606084557p:plain
最後に「生年月日の記入」を行います。「国、地域」は住んでいる国を選び、生年月日を記入して「次へ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200606084653p:plain
個人情報の記入が終了すると、MicrosoftからGmailのメールアドレス宛にチェックコードが記載されたメールが送信されます。Gmailを開いてメールをチェックして、「コードの記入」欄にチェックコードを記入して「次へ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200606084704p:plain
これでMicrosoftアカウントの登録が終了し、他のユーザー一覧にGmailのメールアドレスが表示されます。クリックすることでアカウントの種類の変更や、アカウントのデータ消去が行えます。
f:id:rick1208:20200606084748p:plain