漫画の地球儀

バックグラウンドプロセスを停止させる方法!【Windows10、確認、アプリ、オフ、パソコン】

スポンサーリンク


f:id:rick1208:20200605194420p:plain

バックグラウンドプロセスという単語を聞いたことはありますか?バックグラウンドプロセスとは、パソコンのシステムが動作している時に表面上ではなく背後で実行されているプロセスのことを指します。

例えばWindowsの自動更新などは目に見えないのにいつの間にか行われていますよね。これもバックグラウンドプロセスによるものです。

ここでは、Windows10でバックグラウンドプロセスをチェック・停止させる方法をご説明していきます。

バックグラウンドプロセスのチェック方法

それでは、実ときにバックグラウンドプロセスをチェックしてみましょう。当記事ではWindows10環境でのバックグラウンドプロセスのチェック方法をご解説します。

まず最初はデスクトップ画面下部のタスクバーの何もない場所で右押してメニューを出し、「タスクマネージャー」を押しましょう。タスクマネージャーは「Ctrlキー+Shiftキー+Deleteキー」の同時押しでログオン画面を呼び出し、そこから出しることも可能です。
f:id:rick1208:20200605193922p:plain

タスクマネージャーが起動します。「プロセス」タブを見ると「アプリ」と「バックグラウンドプロセス」一覧が表示されており、ここから動作しているバックグラウンドプロセスをチェックすることが可能です。

バックグランドプロセスが多いことに驚く方もいらっしゃるかと思いますが、基本的に多くのプロセスが動作しているのでご安心ください。
f:id:rick1208:20200605193934p:plain
また、Windows10では他にもアプリがバックグラウンドで動く「バックグラウンドアプリ」というものが存在しています。バックグラウンドアプリをチェックする方法を説明します。

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「設定」を押しましょう。

Windowsの設定」が表示されるので、「プライバシー」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605193951p:plain
設定画面が開くので、左側メニューを下にスクロールして「バックグラウンドアプリ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605194017p:plain
ウィンドウ右側にバックグラウンドアプリの一覧が表示されます。ボタンがオンになっているアプリが、バックグラウンドでも動くものとなります。
f:id:rick1208:20200605194026p:plain

不要なバックグラウンドプロセスを停止するメリット

f:id:rick1208:20200605194320p:plain
バックグラウンドプロセスは、存在しているだけでメモリを消費しています。また、バックグラウンドプロセスが動作している時にはCPU使用率も高くなり、特に負荷がかかる動作を実行している場合にはパソコンの動作が重いなどの影響が出ます。

なので、そのような動作の重いバックグラウンドプロセスを停止させることでパソコンが重くなった場合に対処したり、あらかじめ停止させておくことでスムーズにパソコンを動作させることが可能です。

また、バックグラウンドプロセスを停止することでその分のメモリの確保も行えます。メモリ使用率が高くなっている場合には、不要なバックグラウンドプロセスは停止させるようにするとパソコンでの作業時に余裕が可能なと思います。

バックグラウンドアプリも同様に、不要なものはオフにしておくことでスムーズにパソコンが動作しますよ。

バックグラウンドプロセスの停止方法

f:id:rick1208:20200605194357p:plain
それでは、バックグラウンドプロセスの停止方法を説明します。

バックグラウンドプロセスの中には、システムの動作に必要なプロセスもあります。間違ってそのようなシステム関連のプロセスを停止させてしまうとパソコンの動作が停止してしまう可能性が高いので、自己責任で気を付けて行ってください。

バックグラウンドプロセスの停止方法は簡単です。タスクマネージャーを起動したら「プロセス」タブからバックグラウンドプロセスの一覧を出して、停止させたいバックグラウンドプロセスを右押してメニューの「タスクの終了」をクリックすればバックグラウンドプロセスが停止します。
f:id:rick1208:20200605194118p:plain
また、停止させたいバックグラウンドプロセスを左クリックで選びてタスクマネージャーウィンドウ右下の「タスクの終了」ボタンをクリックすることでバックグラウンドプロセスを停止させることが可能です。

バックグラウンドプロセスを起動させずに消去したい場合は、そのプロセスを使用しているアプリのアンインストールなどが必要になります。

Windows10のバックグラウンドアプリを停止させるには、バックグラウンドアプリ一覧を出して「アプリのバックグラウンド実行を許可する」ボタンをオフにすることでバックグラウンドアプリを一括で停止させることが可能です。

個別にオン・オフを切り替えたい場合は「バックグラウンドでの実行を許可するアプリを選んでください」一覧からアプリごとにボタンのオン・オフを切り替えましょう。
f:id:rick1208:20200605194231p:plain