漫画の地球儀

Windows10で日本語入力できない原因、対処法!【pc、アルファベット、IME、言語】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200605185444p:plain


Windows10を使用していて、日本語記入できない現象が発生することがあります。

日本語が打てない場合の原因は複数考えられるので、ここでは日本語が打てない場合の対処法をご説明していきます。

ローマ字記入になっている場合

Windows10では日本語記入とローマ字(アルファベット)記入など複数の記入モードがあります。ローマ字記入モードになっていれば、当然日本語記入は行なえません。

何故か日本語ではなくアルファベットが記入されてしまう・・・という場合は、タスクバーに表示されている言語バーを見てみましょう。
f:id:rick1208:20200605163618p:plain
言語バーが「A」と表示されているのであれば日本語記入ではなくローマ字記入になっています。この場合はキーボードの「半角、全角」キーを押すことでかな記入に切り替えて日本語変換が行えるようになります。

このように、言語バーから現在の記入モードをチェックすることが可能です。

また、言語バーの文字アイコン(IMEアイコン)をクリックすると記入一覧が表示されます。この一覧から「ひらがな」を選択することで日本語記入が行えるようになります。
f:id:rick1208:20200605165422p:plain

記入言語が日本語以外になっている場合

Windows10では使用する言語を日本語以外にも登録することが可能です。英語などの他言語を登録していてIMEの記入言語が日本語以外の言語になっている場合は日本語が打てなくなります。この場合は記入言語を日本語に切り替えましょう。

タスクバーの言語バーに表示されているアイコン(英語であればEN等)を押します。
f:id:rick1208:20200605165530p:plain
使用する言語一覧が表示されるので、「日本語」を押して選びましょう。
f:id:rick1208:20200605165628p:plain
表示が「JP」に変わったら日本語記入モードになっています。キーボード記入を行い日本語記入になっているか確かめてみましょう。
f:id:rick1208:20200605165636p:plain

既定の記入方式を日本語にする

既定の記入方式を日本語にしていないと、パソコンを起動するごとに上記の操作を行い日本語記入に戻す必要があります。なので既定の記入方式を日本語にしておくと最初から日本語記入が行えますよ。

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、設定ボタンを押します。

Windowsの設定ウィンドウが表示されたら、「時刻と言語」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605165650p:plain
設定画面が表示されたら、メニュー左側の「言語」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605172455p:plain

ウィンドウ右側に言語の詳細が表示されるので、関連設定項目の「スペルチェック、記入、およびキーボードの設定」を押します。
f:id:rick1208:20200605172507p:plain
記入の詳細が表示されるので、その他のキーボード設定項目の「キーボードの詳細設定」を押します。
f:id:rick1208:20200605172516p:plain
キーボードの詳細設定が表示されたら、「既定の記入方式の上書き」のボタンを押しましょう。IME一覧が表示されるので、日本語のIMEを選びてクリックすることで日本語記入が行えるようになります。
f:id:rick1208:20200605172524p:plain
ワードやエクセルを使用中に日本語記入が行えなくなった場合には、この方法で日本語記入を行えるようになります。

Microsoft IMEを再インストールする

Microsoft IMEに何かしらの不具合が発生して日本語変換・記入が行えなくなってしまった場合は1回Microsoft IMEをアンダウンロードしてから再インストールしましょう。

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、設定ボタンを押します。

Windowsの設定ウィンドウが表示されたら、「時刻と言語」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605172548p:plain
設定画面が表示されたら、メニュー左側の「言語」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605172600p:plain
ウィンドウ右側に言語の詳細が表示されます。日本語IMEをアンインストールするのでに別の言語をインストールする必要があるため、優先する言語項目の「言語を追加する」ボタンを押して使用言語を追加します。

既に他の言語をインストールしてある場合は、ここから先のやり方をスキップして日本語のアンインストールまで読み進めてください。
f:id:rick1208:20200605172903p:plain
「インストールする言語を選びてください。」と尋ねられるので、適当な言語を選びて「次へ」を押しましょう。選択する言語は英語が無難と思います。
f:id:rick1208:20200605172914p:plain
言語機能のインストールを尋ねられたら「言語パックをインストールし、Windowsの表示言語として設定する」のチェックボックスをオンにしてから「インストール」ボタンを押して言語のインストールを行いましょう。
f:id:rick1208:20200605175429p:plain
日本語IMEのアンインストールが終了したら、再度「言語を追加する」ボタンを押して日本語を選びてインストールを行いましょう。
f:id:rick1208:20200605183931p:plain
日本語を探すには、画面上部の検索フォームに「japan」「nihon」などと記入することで日本語が優先表示されます。

日本語IMEの再インストールが終了したら、他言語IMEはアンインストールしておくと突然の言語変更などが起こらないのでアンインストールしておくことをお勧めします。
f:id:rick1208:20200605183746p:plain

Google IMEをインストールする

上記で解説したように、Microsoft IMEは日本語以外の言語も取り扱えるため記入が切り替わってしまい困ることがあります。もしIMEにこだわりがないのであれば、別のIMEを導入することで安定して日本語記入を行うことが可能です。ここでは「Google IME」をダウンロードしてみましょう。

下記リンク先のGoogle IMEダウンロードページに移動したら、「WINDOWS版をインストール」ボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20200605184153p:plain
Google 日本語入力 – Google



Google IMEの使用規約が表示されます。使用規約の下部に表示されている「同意してインストール」ボタンをクリックするとGoogle IMEがダウンロードされます。
f:id:rick1208:20200605184250p:plain
Google IMEMicrosoft IMEと共存させることが可能なので、普段はMicrosoft IMEを使いつつも挙動がおかしくなった時にGoogle IMEに切り替えるといったことも行えます。

言語バーが表示されない場合

かな記入の切り替えを行ったり、IMEのひらがな記入を選びようとしたら言語バーが表示されておらず、記入モード変更が行えないことがあります。

この場合はWindowsキー+Rキーの同時押しで「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、「ctfmon、exe」と記入して「OK」ボタンを押しましょう。言語バーが復元されて表示されるようになります。
f:id:rick1208:20200605185406p:plain

Avast!ストアなど、特定のサイトで日本語記入が行えない場合

アンチウイルスソフトAvast!など、海外製品のソフトで個人情報を登録するときに日本語記入が行えない場合があります。

海外のサイトでは日本語記入をサポートしていなかったり、記入可能なはずがサイト側のバグで日本語記入が行えず、製品の購入や個人情報登録が行えないといったパターンをよく見かけます。不具合報告するにも海外のサイトだと日本語でメッセージを送っても反応に乏しいので困りますよ。

この場合は、メモ帳やワードなどを使い必要な情報を記入してからコピーして、サイトのほうにペーストすることで対応可能ですよ。