漫画の地球儀

Androidでスクリーンセーバーを設定する方法!【起動、ディスプレイ、画面焼け対策、pc】

スポンサーリンク


スクリーンセーバーとは長時間何も操作されなかったときに表示される映像や画像のスライドショーのことです。

スライドショーは、不在時に勝手にデスクトップを覗き見られないといった目的で使用されることもありますが、本当の目的はディスプレイの画面焼け対策です。

長時間同じ画面の状態を維持し続けてしまうと、その映像がディスプレイに焼き付いてしまって画面の見た目がおかしくなってしまうことがあります。

有機ELディスプレイを使った最新のAndroidでも画面焼けすることがあるため、長時間電源を入れたまま放置することがある場合はスクリーンセーバーを入れておかないと画面焼けが起きてしまうかもしれません。

そんな画面焼け対策が可能なスクリーンセーバーですが、Androidも画面焼けするリスクがあるからか、Androidでも使用可能です。

Androidスクリーンセーバーを設定する方法

f:id:rick1208:20200605191004p:plain

先ほど触れたとおり、Androidでもスクリーンセーバーを設定することは可能です。

しかも別でスクリーンセーバー用の無料スマホアプリを導入する必要がなく、Androidの機能の一つとしてスクリーンセーバーが提供されています。

スクリーンセーバーを設定したい場合は、Androidの設定を開いてください。

使用しているAndroidによって設定項目の位置が多少異なるかもしれませんが、まず最初は画面・ディスプレイの設定を開きましょう。
f:id:rick1208:20200605190210p:plain
次に「その他の表示設定」を押します。
f:id:rick1208:20200605190234p:plain
「その他の表示設定」の中にスクリーンセーバーがあるので、押します。
f:id:rick1208:20200605190307p:plain
スクリーンセーバーが無効になっている場合は有効に切り替えましょう。
f:id:rick1208:20200605190329p:plain
これでスクリーンセーバー機能の有効化されます。スクリーンセーバーで表示されるものはAndroidにより異なり、フォトに保存されている写真のランダム表示や時計、グラデーションなどが表示されます。

表示する画像を自分自身自身で指定したい場合は、「写真」から選択するようにしましょう。
f:id:rick1208:20200605190812p:plain
これでスクリーンセーバーの設定が可能でした。

なお、スクリーンセーバーを実ときに使用するにはAndroid無操作時(アイドル状態)の自動スリープが有効になっている必要があります。

無効状態だとどれだけ待ってもアイドル状態にならずスクリーンセーバーが起動しないので気を付けてください。