漫画の地球儀

Androidの「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」の原因、対処法!【Google Playストア】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200605094437p:plain

AndroidスマホGoogle Playストアからアプリをダウンロードしようとした時に、「使用している端末はこのバージョンに対応していません」と表示されてしまい、アプリがダウンロードできない現象が発生することがあります。

文章に書かれている通り、使用しているAndroidスマホが対応していないバージョンのものであればやり方ないのですが、場合によっては対応しているバージョンのAndroidスマホであってもこのエラーメッセージが表示されてしまい、アプリのダウンロード・ダウンロードが行えなくなります。こうなってしまうとそのアプリの操作が全く行えなくなるので困ってしまいますよね。

ここでは、Androidスマホで「使用している端末はこのバージョンに対応していません」とエラーメッセージが表示された時の対処法についてご説明しています。

「使用している端末はこのバージョンに対応していません」の対処法

f:id:rick1208:20200605085318p:plain
それでは、「使用している端末はこのバージョンに対応していません」の対処法を説明します。

Android要件をチェックする

まず前提条件として、使用しているAndroidスマホでアプリが動くのかどうかチェックしてみましょう。チェックの方法ですが、ブラウザからPlayストアを開き、導入したいアプリのページを開きます。

アプリページを下のほうにスクロールすると、「追加情報」の一覧が表示されています。追加情報の中にある「Android要件」をチェックすると、「4、0、3以上」などバージョンの指定が書かれているので、ここから使用しているAndroidスマホのバージョンで動くのかチェック可能です。
f:id:rick1208:20200605090055p:plain
一般的にはAndroid4、0以上で動くアプリが多く、それ以前の古いAndroidOSだと動くアプリは少なくなってしまうということを念頭に置きましょう。

※LINEなどの特定のアプリでは、Android要件が「デバイスにより異なります」と書いてある場合があります。この場合は使用しているAndroidスマホによって動くかどうか分かれます。

パソコンブラウザでPlayストアを開き、Googleアカウントでログインしてからダウンロードしたいアプリのページを開くことでもアプリがダウンロード可能なかどうかチェックすることが可能です。

アプリ名の下に「このアプリは使用しているすべてのデバイスに対応しています。」と表示され、ダウンロードボタンが表示されていれば対応しているということになります。

タイムゾーン設定をチェックする

アプリによっては日本でしか配信されていないなど、提供地域を限定していることがあります。もし使用しているAndroidスマホタイムゾーンが日本に設定されてない場合、「国外のAndroidスマホ」と認識されて、アプリがダウンロードできないといったパターンもあります。

タイムゾーン設定を変更するには、設定を開いて「システム」項目の「日付と時刻」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605092406p:plain
日付と時刻の設定一覧が表示されます。もし「タイムゾーンの選択」が「GMT+09:00 日本標準時」以外のものに設定されている場合は、日本標準時に設定することで解決可能です。

また、「日付と時刻の自動設定」・「タイムゾーンの自動設定」をオンにすることで、日本にいれば自動的に日本と認識するようになりますよ。基本的には自動設定をどっちもオンにしておくことをおススメします。
f:id:rick1208:20200605092556p:plain

Androidスマホを再起動する

Androidスマホは長時間起動したままにしていると、システムに問題が発生することがあります。システムの不具合が影響してPlayストアで「使用している端末はこのバージョンに対応していません」エラーが発生することもあるので、1回使用しているAndroidスマホを再起動してみましょう。

Playストアのキャッシュを消去・あるいは一旦無効にする

Playストアアプリに何かしらの問題があり、「使用している端末はこのバージョンに対応していません」エラーが発生していることも考えられます。その場合、まず最初はPlayストアのキャッシュを消去してみましょう。

電源ボタンを長押しすると電源メニューが表示されるので、「再起動」をタップすればAndroidスマホが再起動されます。再起動後にPlayストアが正常に動くかチェックしてみましょう。
f:id:rick1208:20200605092819p:plain
設定を開いたら、「アプリ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605092832p:plain
アプリ一覧が表示されるので、「Google Play ストア」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605092846p:plain
アプリ情報が表示されます。「ストレージ」項目を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605092909p:plain
ストレージの使用状態が表示されるので、「キャッシュを消去」ボタンを押してキャッシュを消去しましょう。

キャッシュの消去後に、Playストアアプリを起動して「使用している端末はこのバージョンに対応していません」エラーが出ないかどうか確かめましょう。
f:id:rick1208:20200605092923p:plain
まだエラーが発生するという場合は、再度Playストアのアプリ情報を出して「無効にする」を押しましょう。警告が表示されますが、そのまま続行してアプリを無効にしてから、「有効にする」を押してアプリを有効にします。再ダウンロードと同じ働きになるので、アプリ本体に障害が発生している場合はこれで改善されます。
f:id:rick1208:20200605092937p:plain

Googleアカウントを再登録する

Googleアカウントに関連しているデータに問題が発生していて「使用している端末はこのバージョンに対応していません」エラーが起きてしまっているということも考えられます。この場合は、Googleアカウントを1回消去してから再登録してみましょう。

設定を開いたら、「セキュリティ」を押します。
f:id:rick1208:20200605092954p:plain
Androidスマホに登録されているアカウントの一覧が表示されるので、「Google」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605093003p:plain
Googleアカウントが表示されるので、押しましょう。

同期メニューが表示されるので、各種項目の同期が取れていることをチェックしたら画面右上のメニューボタンを押しましょう。

メニューが表示されるので、「アカウントを消去」を押しましょう。これでアカウントが消去されます。
f:id:rick1208:20200605093033p:plain
あとは、再度Googleアカウントを登録してログインし直せばOKです。

※なぜ各種項目の同期が取れているのかチェックするのかといいますと、1回アカウントを消去することによってアプリのデータなど色々なデータが消えてしまうからです。同期を取っていればバックアップから簡単に復元することが可能なので、同期が行われていなければ同期をしておきましょう。アプリのデータについてはGoogleアカウントに紐づかないものもあるので、そのようなアプリは引き継ぎ設定を行っておきましょう。

データの初期化を行う

Googleアカウントを登録し直すだけでは駄目だった場合、データの初期化を行ってみるのも手です。ただし、データの初期化を行うとAndroidスマホが初期化されてしまいます。データの初期化を行うときはデータのバックアップをちゃんとと取ってから行うようにしましょう。

設定を開いたら、「バックアップとリセット」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605093716p:plain
バックアップとリセットの項目一覧が表示されるので、「データの初期化」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200605093859p:plain
データの初期化に関する注意事項が表示されます。チェックしたら、「デバイスをリセット」を押すことでデータの初期化が行われます。
f:id:rick1208:20200605094044p:plain

開発元に報告する

Android要件を満たしている・最新のスマホを使用している・上記項目を全部試してみてもなお「使用している端末はこのバージョンに対応していません」エラーが起きてしまう場合は、アプリ側に不具合があったり、設定によって特定の端末でアプリが動作しなくなってしまったという可能性もあります。この場合は、開発元にメールで問い合わせ・報告を行いましょう。報告はPlayストアから行うことが可能となっています。

ブラウザでPlayストアにアクセスして該当のアプリページを開き、ページを下方向にスクロールして追加情報項目の「開発元」に問い合わせ用のメールアドレスが記載されているので、メールアプリを起動して問い合わせ・報告を行いましょう。
f:id:rick1208:20200605094245p:plain

Androidエミュレーターを使用している場合

Androidエミュレーターである「BlueStacks」や「NoxPlayer」でPlayストアからアプリをダウンロードしようとした時に「使用している端末はこのバージョンに対応していません」と表示されてしまう場合には、エラーではなくエミュレーターだと判断されているためにダウンロード不可の表示が出ます。この場合、設定などをいじって無理やり本体情報を構成しても、ダウンロード・ダウンロードすることはできません。

ゲームアプリをAndroidエミュレーターで遊ぶという風潮はそれなりにあるものの、ポケモンGOFGOなどのエミュレーターでの起動が許されておらず、認証回避することのできないアプリはある程度存在しています。この場合はやり方がないので、実機・・・要するに本物のAndroidスマホで動作させるしかありません。