漫画の地球儀

Chromeのライトモードの設定方法!【通信量節約、効果、メリット、デメリット、Android、スマホ】

スポンサーリンク



Androidスマホのブラウザ・Chromeには、「ライトモード」と呼ばれるデータセーバー機能があります。ライトモードとは、WEBページのデータの一部をGoogleのサーバーを経由して読み込むようにすることでページが軽量化されるので、スマホでダウンロードするデータ量が減るという機能です。

Chromeでサイト見ることをすることが多いという人は、データ通信量が高くなりがちですよね。そういう場合はこのライトモードを使うことで、データ通信量を抑えることが可能ですよ。

Chromeのライトモードのメリット

f:id:rick1208:20200601052753p:plain
Chromeのライトモードの仕組みですが、ウェブトラフィック(データ量)の一部をGoogleサーバーに送り、そこでデータの軽量化を行います。そしてその軽量化されたデータをスマホでダウンロードして、Chromeに出しるという仕組みになっています。

これにより、データ通信量が抑えられるというのが大きなメリットになります。また、データ量が多く読み込みが重いWEBページにアクセスした場合は、主要なコンテンツのみを読み込むようになるため通常よりも早くWEBページを開けるようになります。
f:id:rick1208:20200604141947p:plain
また、見ることしようとしているWEBページがGoogleのサーバーを経由して読み込むという使用上、セキュリティ対策としても使用することが可能となっています。データセーバーをオンにした状態で危険なサイトにアクセスすると、警告が表示されますよ。

Chromeのライトモードのデメリット

f:id:rick1208:20200601051814p:plain
ライトモードのメリットは大きいですが、デメリット面も存在しています。デメリットについて説明します。

まず最初はシークレットモードによるプライベートブラウジング時にはライトモードが機能しない点です。シークレットモードを使う場合は、データ通信量やWEBページの読み込み速度が通常通りになることを覚えておきましょう。
f:id:rick1208:20200604142028p:plain
特に注意したいのは、特定のWEBサイトにアクセスできなくなってしまう点です。docomoなどの大手キャリアが提供している契約者専用のサービスにログインできなくなってしまったり、ローカルエリアネットワークのWEBサイトにアクセスできなくなることがあります。

WEBページによってはユーザーの位置情報を取得するものがありますが、その位置情報の検出が正しく行われなくなってしまう可能性もあります。

他にも、URLの先頭が「HTTPS」になっている「保護されたページ」にアクセスした場合もデータセーバーが動作しません。これはセキュリティで保護されたWEBページを簡略化してしまうとセキュリティに問題が発生するのでなので、セキュリティ対策のためにデータセーバーが無効化されます。

あまり見ないパターンを2点ほど挙げますが、1点はChromeでプロキシサーバーを使用しているとデータセーバーが機能しなくなってしまう点です。データセーバーの機能がそもそもGoogleのプロキシサーバーを経由しているものだと覚えておきましょう。もう1点は、Googleのサーバーでの処理に不具合が発生してエラーが発生してしまうことがごく稀に起きる点です。サーバーの処理が重くなってしまっている場合は、データセーバーを一旦オフにして正常にWEBサイトに繋がるかチェックする必要があると思います。

Chromeのライトモードの設定方法

f:id:rick1208:20200601051803p:plain
AndroidスマホChromeアプリを起動したら、画面右上のメニューボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20200604142046p:plain
メニューが開くので、「設定」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200604142201p:plain
設定画面が開いたら、「詳細設定」項目の「ライトモード」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200604142214p:plain
ライトモードのメニューが表示されるので、画面上部のボタンを押してオンにしましょう。これでライトモードを設定することが可能です。

ライトモードをオンにしてから再度ライトモードの項目を表示すると、削減したデータ量がグラフ化されてチェックすることが可能なようになっています。
f:id:rick1208:20200604142234p:plain

Chromeのライトモードの効果

上記でChromeのライトモードのメリットとデメリットについて述べましたが、実ときにライトモードがどのぐらいの効果を発揮するのか試してみました。最大60パーセントもデータ使用量を抑えられると書かれていましたが、結果は・・・
何件かのWEBサイトを巡回したあとに、ライトモードのデータ削減量を見てみました。52MBほどの使用量のうち、データを削減できた量は2、60MBとなりました。

実ときのデータ削減量は微々たるものでは?と感じた方もいらっしゃるかと思います。2020年現在、WEBサイトはHTTPSによる保護されたページが一般的になっているため、データセーバーが有効に機能するサイトが少なくなってしまっていることが原因となっているようです。
f:id:rick1208:20200604142249p:plain
ですが、データセーバーをオンにしていても基本的に見ることできなくなってしまうWEBサイトのほうが少ないので、HTTPSによる保護を行っていないサイトでは少なからず動作している点や、Googleのサーバーを経由することによるセキュリティ対策としてデータセーバーを用いるのはアリと言えると思います。