漫画の地球儀

「デベロッパーモードの拡張機能を無効にする」の原因、対処法!【Chrome、警告、表示】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200601052753p:plain


自作した拡張機能Chrome Web Store以外から入手した拡張機能をダウンロードして使用すると、Google Chromeを起動するたびに「デベロッパーモードの拡張機能を無効にする」の通知が表示されてしまいます。

昔は「デベロッパーモードの拡張機能を無効にする」の警告を簡単に非表示に可能でしたが、現在はできなくなっておりちょっと工夫しなければなりません。

デベロッパーモードの拡張機能を無効にする」の警告が毎回表示される場合の対処法

f:id:rick1208:20200604140620p:plain

警告への対処法はいくつかあります。難しい方法から誰でも可能な簡単な方法までいくつかありますので、できそうなものを試してみてください。

グループポリシーを変更する

Windows10のChromeポリシーを編集することで出しないように可能です。

ただし、この方法は基本的にPro以上のエディションでないと使用できないので気を付けてください。

まず最初はChromeポリシーのもととなるGoogle Chromeヘルプからテンプレートを入手します。
管理対象パソコンに Chrome ブラウザのポリシーを設定する - Google Chrome Enterprise ヘルプ


Q&A形式の回答メッセージにポリシーテンプレートにダウンロードリンクがあるのでそれを押しましょう。
f:id:rick1208:20200604140017p:plain
ダウンロードしたzipファイルを解凍し、ファイルの一部を次の場所にコピーします。

windowsadmxja-jパソコンhrome、adml → C:WindowsPolicyDefinitionsja-Jパソコンhrome、adml
windowsadmxchrome、admx → C:WindowsPolicyDefinitionschrome、admx

2つのファイルを間違えないようにコピーしましょう。

Windowsのシステムフォルダにコピーするので、管理者権限を求められることがあります。「続行」を押してコピーを終了させてください。
f:id:rick1208:20200604140031p:plain
コピーが終了したらローカルグループポリシーエディターを起動します。

タスクバーの検索ボックスで「gpedit」と記入して検索すると見つかるはずです(Home版だと表示されません)。
f:id:rick1208:20200604140250p:plain
ローカルグループポリシーエディターの「ユーザー構成」->「管理用テンプレート」と進むとGoogle Chromeが追加されていることがチェック可能です。
f:id:rick1208:20200604140307p:plain
続いて「Google Chrome」->「拡張機能」へと進み、「拡張機能ダウンロードのホワイトリストを設定する」をダブル押して設定を開いてください。
f:id:rick1208:20200604140326p:plain
次にホワイトリスト設定を有効に切り替えます。
f:id:rick1208:20200604140337p:plain
左下の「ブラックリストから除外する拡張機能 ID」の「表示」を押します。
f:id:rick1208:20200604140346p:plain
ここにChrome Web store以外からダウンロードした拡張機能のIDを追加します。
f:id:rick1208:20200604140354p:plain
拡張機能IDはGoogle Chrome拡張機能管理画面で調べることが可能です。
f:id:rick1208:20200604140400p:plain
IDを追加したら「OK」を押して画面を閉じ、「適用」を押しましょう。

これで「デベロッパーモードの拡張機能を無効にする」が表示されなくなります。

ただし、ここまで丁寧に設定を変更しても、今までと同様に警告が表示されてしまうこともあります。

その場合は別の方法を取りましょう。

Chrome、dllを編集する(非おススメ)

f:id:rick1208:20200601051803p:plain
ダウンロードしているGoogle Chromeのファイル直接書き換えることで警告そのものを無効化することが可能です。

編集するにあたってバイナリエディタを使用するので、バイナリエディタを使ったことがない方や開発の知識が無い方にはお勧めしません。

まず最初は、ダウンロードされているchrome、dllをドキュメントフォルダなど別の通常フォルダにコピーしてから編集します。コピーしたものを編集しないと保存ができないので注意しましょう。
「C:Program Files (x86)GoogleChromeApplicationバージョン名」フォルダのChrome、dll
Chrome、dllは「C:Program Files (x86)GoogleChromeApplicationバージョン名」フォルダに配置されています。
f:id:rick1208:20200604140504p:plain
バイナリエディタで開いたら「83 F8 02 7F 81」を検索します。検索すると1件だけ該当箇所が見つかります。
f:id:rick1208:20200604140514p:plain
ここの並びを「83 F8 09 7F 81」に変更します

保存したら元の場所にコピーして上書きしてください。

これでChrome Web Storeからダウンロードしていない全部の拡張機能による警告を非表示に可能です。

ただし、この方法はGoogle Chrome本体は破壊してしまう可能性があるほか、バージョンアップの都度Chrome、dllが上書き更新されるので再編集の手間ができてしまいます。

ですので、安全かつラクに警告を消す場合は後述するChrome Canaryを使った方法がおススメです。

Chrome Canaryを使う

最も楽な方法はChrome Canaryを使うやり方です。

Chrome Canaryとは開発版Google Chromeで、はじめからChrome Web Store外からの拡張機能ダウンロードが許可されているので、バイナリを書き換えたりグループポリシーを変更する必要もありません。

警告をラクに消して最新のChromeを使いたいという場合はCanary版を使いましょう。