漫画の地球儀

Google検索エンジンへのサイトURL登録方法!【メリット、検索上位、URL検査、検索結果、アクセスアップ】

スポンサーリンク

Google検索エンジンにサイトを登録するメリット

f:id:rick1208:20200601151430p:plain
Google検索エンジンにサイトを登録するのはサイトのアクセス数を上昇させるために必要な行為です。まず登録するメリットをご説明します。

なぜサイトURLの登録が必要なのか

検索エンジンというものはサイトのURLが登録されなければ検索結果に表示されません。検索結果に表示されなければ誰もアクセスしないのですから、新しいサイトを作ったら検索エンジンにサイトURLを登録する必要があります。

サイトを検索上位にあげるには

検索エンジンにサイトURLが登録されたならば、そこから検索結果で上位に表示されるようにSEO対策を始めなければなりません。SEO対策はURLが登録されるのでにも必要なことですので、初めからSEOを意識したサイト作りをしてください。

SEO対策

SEOとは「検索エンジン最適化」という意味で、簡単に言うとサイトが検索で上位に出るようにすることです。昔は検索エンジンの隙をつくような手法が有効でしたが、現在のSEO対策では利用者の役に立つ有益なサイトを作ることが重要です。

Google検索エンジンでWebサイトが見つかる仕組み

ここではGoogle検索エンジンがどのようにWebサイトを見つけるのかをご説明します。

Webサイトが見つかる仕組み

検索エンジンにはクローラーという情報収集するプログラムが存在します。このクローラーがインターネット上を巡回して新しいサイトや更新を発見するのです。Googleでは「Googlebot」という名前のクローラーが動いています。

クローラーはその発見した新しいサイトや更新の情報をサーバーに持ち帰ります。そして、そのサーバーに情報が登録されるのですが、これを「インデックスされる」と言います。そうすることで初めて新しいサイトやサイトの更新がインターネット上に反映されるのです。

新しいサイトを作ったらGoogle検索エンジンにサイトURLを登録する

サイトに自然にクローラーが来るまで待つという手も思い浮かびますが、新しいサイトを作ったら必ず検索エンジンに登録してください。クローラーはリンクをたどってインターネット上を巡回するので、リンクの少ない新しいサイトは発見されづらいのです。

日本でよく使用されるブラウザはGoogleYahoo!です。Yahoo!でもGoogle検索エンジンが利用されていますので、Google検索エンジンにURLを登録すればYahoo!の検索結果にも表示されます。

Webサイトが登録されるまでの時間

はっきり言って正確な時間は分かりません。ただしサイトがクロールされるのはそんなに時間がかかりません。試しにサイトを作ってみましたが、1日とかからずクロールされました。それにこちらからURL登録のリクエストを送ればすぐに発見されるはずです。

しかし、クロールされたからといって必ずインデックスされるわけではありません。Googleが不適切と判断すればインデックスされませんし、新しいサイトはまだ信用が薄いのでインデックスされるまで時間がかかります。

早くインデックスされるのでに何をすればよいか

早くインデックスされるのでの基本はGoogleガイドラインを守りつつこまめに更新することです。Googleは「ウェブマスター向けガイドライン」を公表していて、これに反するWebサイトはインデックスされません。

こまめな更新はクローラーの訪問回数を増やします。訪問回数が増えるほどGoogleに注目されていると言えます。ただし、中身のない更新は逆効果なので控えてください。

サイトマップの導入

Googleがおススメしている早くクロールされる方法にサイトマップというものがあります。サイトマップとはWebサイトを人が見やすいものからクローラーが見やすいものに変えたものです。サイトマップを導入するとクローラーがサイトを発見しやすくなります。

サイトマップにはXMLサイトマップRSSもしくはAtomというフィードと呼ばれるものがあります。XMLサイトマップはサイト全体を表し、フィードはサイトの最新の更新情報だけを含みます。その性質上、フィードの方が頻繁にダウンロードされます。

Googleはこの両方の導入をおススメしています。サイトマップを自動で作ってくれるツールがありますので、自作が難しい人は使用を検討してください。

Google検索エンジンにサイトURLを登録する方法

f:id:rick1208:20200601151538p:plain
Google検索エンジンにURLを登録するのでに使うGoogle Search Consoleの使用方法を説明します。Google Search ConsoleSEO対策にも使えますので必ず導入しましょう。

Webサイトを新しく登録した場合

Google Search Console内の「URL検査」から登録の申請をします。また、旧バージョンの「Fetch as Google」の機能はここに含まれます。

Google Search Consoleの登録方法

Google Search ConsoleのページにアクセスするとサイトのURLを記入する画面になります。記入して「続行」を押してください。

次に所有権のチェックというウィンドウが出てきますので、チェック方法を選びてその指示に従ってください。HTMLファイルをアップロードする方法がよく使用されるようですが、他の方法を使うこともあります。
f:id:rick1208:20200601151348p:plain

所有権が無事チェックされたら「終了」を押して登録終了です。Google Search Consoleのトップページに移動します。
f:id:rick1208:20200601151338p:plain

URL検査のやり方

Google Search Consoleのページの左上にある「三本線のマーク」をクリックすると左側にメニューが現れます。メニューの上から3番目に「URL検査」がありますので押してください。

f:id:rick1208:20200601151323p:plain
すると画面が暗転して、画面の上の方にある検索ボックスだけが明るくなります。(検索ボックスを直接押しても同様になります)そこに登録したいサイトのURLを記入してEnterキーを押してください。

f:id:rick1208:20200601151308p:plain
ちょっと待たされた後に検査の結果が表示されます。検査結果の上の方に「インデックス登録をリクエスト」というところがありますので押してください。またしばらく待たされた後で登録のリクエストが終了します。
f:id:rick1208:20200601151257p:plain

Webサイトに新しいWebページを追加した場合


同じくURL検査からクロールの巡回を促せます。やり人はWebサイトを新しく登録する場合と全く同じです。Google Search Consoleの検索ボックスにURLを記入して検査結果からリクエストを送ってください。

Websub、PubSubHubbubでクロールの巡回リクエストを自動化する

WordPressにはクロールの巡回リクエストを自動化可能な「WebSub、PubSubHubbub」というプラグインがあります。このプラグインを導入していると、サイトの更新をする度に自動でクロールの巡回をリクエストしてくれます。

余談ですが、読み人は「パブサブハブバブ」のようです。略してPuSH「プッシュ」ということもあります。

WordPressの管理画面から「プラグイン」をクリック、「新規追加」と進み「WebSub、PubSubHubbub」を有効化してください。サイトマップが導入されていればクロールされるには十分という話もありますが導入して損はありません。

その他のGoogle Search Consoleの機能


Google Search ConsoleにはSEO対策に使える機能がたくさんあります。特に「検索パフォーマンス」では検索キーワードやクリック率、よくアクセスされるページなどアクセス解析に使えるデータを表示可能ですのでSEO対策の大きな助けになります。

Google検索エンジンにWebサイトが登録されたかをチェックする方法

インデックスされたかをチェックする

インデックスされなければ新しいサイトや更新がインターネット上に表示されませんので、インデックスされたかをチェックする必要があります。Google Search Consoleの「URL検査」でインデックスされているかチェック可能です。
f:id:rick1208:20200601151243p:plain

チェックしたいWebサイトのURLを記入して検索してみる

その他にも「site:」というコマンドを使う方法があります。ブラウザの検索ボックスに「site:○○」と記入してください。〇〇はインデックスされているか確かめたいサイトのURLです。検索するとインデックスされている場合は検索結果にサイトが表示されます。

まとめ

サイトURLを登録する方法は分かりましたか。Google検索エンジンにサイトURLを登録することで自然検索からのアクセスアップが見込めます。必ず登録をして皆さんのサイトをどんどん盛り上げていってください。