漫画の地球儀

キーボード入力を韓国語にする方法!【Android、ハングル、スマホ、切り替え、設定、アプリ】

スポンサーリンク



f:id:rick1208:20200531151504p:plain

Androidスマホのキーボードで文字記入を行う時、ユーザーによっては韓国語(ハングル)を使用する人もいるので「韓国語ってどうやってやって打つんだろう」と打ち方を悩んだことはありませんか?

日本国内のスマホのデフォルトキーボードは日本語記入とアルファベット記入は可能ですが、設定を変更しても韓国語を記入することはほぼできないため、韓国語を記入可能なキーボードアプリを追加する必要があります。

ここでは韓国語(ハングル)を記入可能なおススメキーボードアプリや、キーボードの記入言語の切り替えについてご解説します。
韓国語を記入可能なキーボードアプリをダウンロードする

韓国語を記入可能なキーボードアプリでおススメなのが「Gboard」です。

Googleの提供する多言語記入に対応しているキーボードで、韓国語を含んだ好きな言語を設定から追加して記入することが可能です。下記リンク先のPlayストアからダウンロードしましょう。
play.google.com

韓国語をキーボードに追加する

Gboardをダウンロードしたら、次は韓国語を追加して記入可能なようにしましょう。設定を開き「言語と入力」を押します。
f:id:rick1208:20200531150639p:plain
「言語と記入」メニューの「仮想キーボード」を押します。
f:id:rick1208:20200531150706p:plain
仮想キーボード一覧で「Gboard」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200531150806p:plain
Gboardの設定メニューが表示されたら、一番上の「言語」を押します。
f:id:rick1208:20200531150819p:plain
言語メニューが表示されたら、画面下部の「キーボードを追加」ボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20200531150928p:plain
追加する言語一覧が表示されるので「韓国語」を押して選びましょう。

言語は五十音順に並んでいるのですが、漢字はカタカナの「ン」の次に表示されているため韓国語は一覧のかなり下のほうにあります。
f:id:rick1208:20200531150937p:plain

自分自身にあったものを選びたら画面下部の「終了」ボタンをタップ
韓国語の打ち方を「2 Bulsik」「短母音」など色々な記入方式から選択可能なので、自分自身にあったものを選びたら画面下部の「終了」ボタンを押しましょう。

これでキーボードに韓国語が追加されます。
f:id:rick1208:20200531151319p:plain
Gboardに韓国語を追加したら、次はGboardを使えるようにします。

「言語と記入」メニューに戻り「仮想キーボード」からキーボード一覧を出したら「キーボードを管理」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200531151342p:plain
「キーボードを管理」一覧から使うキーボードのオン・オフが設定可能なので、Gboardを押してオンにしておきましょう。

デフォルトでGboardを使いたい場合は、他のキーボードをオフにすることでGboardをデフォルトで使えるようになります。
f:id:rick1208:20200531151349p:plain

Androidのキーボード記入の韓国語と日本語の切り替え方法

f:id:rick1208:20200531151425p:plain

それでは、韓国語のキーボードでの打ち方を説明します。

Gboardの左下に表示されている地球型のボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20200531151400p:plain
すぐに日本語記入から韓国語記入に切り替えることが可能でした。

日本語記入に戻したい場合は再度地球型のボタンをタップすればOKです。もし複数の言語をキーボードに追加している場合はメニューが表示されるので、そこから韓国語を選びましょう。
f:id:rick1208:20200531151407p:plain