漫画の地球儀

System32エラーの原因!【意味、削除、Windows、エラーメッセージ、ファイル、SysWOW64】

スポンサーリンク


Windowsのシステムフォルダ「System32」がどのようなフォルダがご存知でしょうか?

System32の場所は、一般的には「C:\Windows\System32」となっています。システムドライブのWindowsフォルダの中です。
f:id:rick1208:20200531105316p:plain
System32フォルダの中には、Windowsで各種ソフトを動かすためのファイルやレジストリなど、Windowsの動作に必要なファイルが格納されています。

似ている役割のフォルダに「SysWOW64」というフォルダもありますが、SysWOW64フォルダには32bit用のファイルが、System32フォルダには64bit用のファイルが格納されるという違いがあります。

WindowsのSysWOW64とは?System32の違いとは?

64bit環境のWindowsのシステムドライブには「SysWOW64」フォルダが存在しています。どういった機能を持つフォルダなのか気になる方もいますよね。ここでは、WindowsのSysWOW64とは何なのか・またSystem32の違いを説明しています。

System32エラーの原因

f:id:rick1208:20200531105443p:plain
Windowsの動作中にエラーが発生して、エラーメッセージに「System32」を含むパスのエラーが表示されることがあります。

System32絡みのエラーには色々な原因があるのですが、概ね「System32フォルダ内のファイルを消去してしまう」「System32フォルダ内でウイルス感染が起きてしまった」「ハードディスクの損傷によりSystem32にアクセスできないなどのトラブルが起きた」といったものが挙げられます。

System32フォルダ内のファイルを消去してしまった場合はチェックディスクを起動して必要なファイルを再ダウンロードすることで解決可能です。ウイルス感染が起きてしまった場合はアンチウイルスソフトでスキャンを行い、Windows Updateを適用しましょう。

HDDやSSDなどのストレージが物理的な損傷を受けてSystem32フォルダにアクセスできない場合は、ストレージを入れ替えて回復ドライブ・リカバリメディアからリカバリーする必要があります。

ystem32のファイル・フォルダを消去してもOK?

f:id:rick1208:20200531105539p:plain

System32のファイル・フォルダは消去しても大丈夫なのかどうか気になるユーザーもいらっしゃるかと思いますが、絶対に消去してはいけません。System32フォルダにあるシステムファイルはパソコンの動作に必要なものばかりなので、それらのファイルを消去してしまうとWindowsが起動しなくなってしまうなどの重大なトラブルに発展してしまいます。

もしSystem32フォルダやフォルダ内ファイルを消去してしまった場合にはWindowsが正常に起動しなくなります。この場合回復オプションが起動しますので回復オプションからリカバリーを行いましょう。

もし回復オプションが立ち上がらなければ、リカバリーディスクを使用してWindowsの再ダウンロードを行わなければならなくなってしまいます。たった一つのファイルを消去するだけで大惨事になってしまうため、System32フォルダにアクセスするときには十分に注意しましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20200531105502p:plain
Windowsのシステムドライブには、「System32」というフォルダがあります。このフォルダの中には、各種dllファイルやレジストリなど、ソフトを動かすのに必要なファイルやWindowsの動作に関わるシステムファイルが大量に格納されています。

System32フォルダ内のファイルやSystem32フォルダを消去してしまうと、Windowsが正常に動作しなくなってしまいます。ですので、System32フォルダで消去は絶対に行わないようにしましょう。