漫画の地球儀

iPhone、iPadの2ファクタ認証を解除する方法!【無効、Apple ID、セキュリティ、iCloud】

スポンサーリンク

2ファクタ認証とはApple IDの認証を2重にし、セキュリティ面を強化させる機能です。他のサービスの2段階認証のような機能です。

セキュリティ強化されるので、iPhoneiPadなどが窃盗などにあっても中身を見られる可能性や、iCloudにサインインされる可能性がありません。しかし2ファクタ認証の機能を設定するとワンクッション置かなければいけないことが増えるのでめんどくさいと感じる方も。

そこでここでは2ファクタ認証はめんどくさいからしたくない、オフにしたいという方のためにiPhoneiPadの2ファクタ認証を解除する方法について解説します。

iPhoneiPadの2ファクタ認証を解除する方法

f:id:rick1208:20200530234653p:plain
それでは2ファクタ認証を解除する方法について解説します。まず最初は下記のリンクから「Appleアカウントの管理」にアクセスします。

appleid.apple.com

Appleアカウントの管理」が開いたらApple IDとパスワードを記入してサインインします。
f:id:rick1208:20200530234310p:plain
すると2ファクタ認証の画面が開くのでiPhoneあるいはiPadをみてください。
f:id:rick1208:20200530234447p:plain
Apple ID サインインが要求されました」というメッセージと地図が表示されるので「許可する」を押してください。

なんだか地図の位置がおかしい・・・という方もいらっしゃると思いますが、正確に表示されるものではないようです。
f:id:rick1208:20200530234507p:plain
「許可する」を押すと「Apple IDチェックコード」が表示されるので、先ほどの2ファクタ認証の画面にチェックコードを記入し、iPhoneの画面は「OK」を押してください。
f:id:rick1208:20200530234532p:plain

チェックコードを記入するとApple IDの管理画面が表示されるので「セキュリティ」の右側にある「編集」を押します。
f:id:rick1208:20200530234554p:plain
すると編集画面に切り替わるので「2ファクタ認証を無効にする」を押します。「2ファクタ認証を無効にしますか?」というメッセージが表示されるので「2ファクタ認証を無効にする」を押します。

セキュリティの質問が表示されるので選び答えます。最後に「セキュリティ情報を記入」というメッセージが表示されるので生年月日、修復用メールアドレスを記入し「続ける」をクリックすれば2ファクタ認証が無効になります。

2ファクタ認証を無効にしたい、解除したいと思っていたのに無効にできない(解除できない)パターンもあります。実は2ファクタ認証を無効、解除可能なのはセキュリティ保護のアップデートから2週間以内だけです。2週間過ぎると2ファクタ認証の無効や解除はできません。ご注意ください。

まとめ

f:id:rick1208:20200530234622p:plain

iPhoneiPadの2ファクタ認証を解除する方法を解説しました。2ファクタ認証を有効にしたけどやっぱり解除したい・・・という人は今回解説した方法で解除してください。必ず2週間以内にするようにしましょう。