漫画の地球儀

Windows Media PlayerでCDの取り込み出来ない原因、対処法!【Windows、パソコン、強制終了、エラー】

スポンサーリンク

Windows Media PlayerでCDの取り込み出来ない

f:id:rick1208:20200601124235p:plain
Windowsパソコンでは、デフォルトの音楽プレイヤーであるWindows Media Playerで音楽CDの取り込み・リッピングを行うことが可能です。

しかし、何故かWindows Media Playerで取り込みを行おうとするとエラーが出たり、Windows Media Playerが落ちる・強制終了してしまい取り込み出来ないという現象が発生することがあります。

ここでは、Windows Media Playerで音楽の取り込みが正しく行えない場合の対処法についてご説明していきます。

また、Windows Media Playerで音楽CDの取り込み方が分からないという方もいらっしゃるかと思います。

Windows Media PlayerでCDの取り込み出来ない場合の対処法

保存先フォルダの設定がおかしくなっている場合

Windows Media Playerで音楽CDの取り込みを行う場合、取り込んだ音楽ファイルを保存するのでのフォルダを指定しておく必要があります。この保存先フォルダの指定がおかしくなっていると、CDの取り込みを正常に行うことが可能でせん。この場合は、保存先フォルダの設定を見直してみましょう。

Windows Media Playerを起動したら、ウィンドウ上部の「ツール」を押して表示されるメニューの「オプション」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601122438p:plain
オプションウィンドウが表示されるので、「音楽の取り込み」タブを押して開きましょう。「取り込んだ音楽を保存する場所」項目に音楽ファイルの保存先パスが表示されています。

デフォルトの状態であれば「C:\Users\<ユーザー名>\Music」となっているはずですが、これが何かの間違いで光学ドライブや外してしまっている外付けのハードディスクなど保存できないパスを指定してしまっていることがあります。その場合は「変更」ボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20200601122506p:plain
「フォルダーの参照」ウィンドウが表示されるので、ハードディスクドライブなど任意の保存先を指定して「OK」を押しましょう。オプション画面に戻るので、再度「OK」をクリックすることでフォルダーの設定が終了します。
f:id:rick1208:20200601123919p:plain

保存先フォルダーの設定が行えない場合

レアパターンですが、「取り込んだ音楽を保存する場所」項目の保存先フォルダーのパスが消失した状態で「変更」ボタンが正常に動作しないために保存先フォルダーの設定が行えないというパターンがあります。この場合は、別の方法でフォルダーを選びましょう。

Windows Media Playerウィンドウの上部の「整理」ボタンを押してメニューを開き、「ライブラリの管理」にマウスカーソルを載せると表示されるサブメニューの「音楽」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601123944p:plain
「ミュージックライブラリの場所」ウィンドウが表示されるので、「追加」ボタンを押してフォルダーを選択することで、選びたフォルダーが音楽ライブラリになると同時に取り込んだ音楽を保存する場所にも設定されます。「使用不可」と表示されているフォルダーがある場合は、選びてから「消去」ボタンで消去しておきましょう。

これで取り込みが可能になるほか、取り込んだ音楽を保存する場所の「変更」ボタンも動くようになります。

ライブラリを再構築する

Windows Media Playerは、音楽ファイルを管理するのでに「ライブラリ」を構築して情報をまとめています。

しかし、ライブラリの読み込みを失敗する・ライブラリが破損するといった不具合が起きてしまうと、CDの取り込みにも影響を及ぼします。この場合は、ライブラリを再構築しましょう。

この作業を行う場合は、Windows Media Playerは起動しないでおきます。

Windowsキー+Rキー」の同時押しで「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、名前欄に「%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Media Player」と記入して「OK」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601124012p:plain
Media Playerフォルダが表示されます。フォルダ内にある「、wmdb」という拡張子のファイルを全部消去しましょう。ファイルを右押して選びて、メニューの「消去」から消去することが可能です。

ファイルの消去が終了したら、Windows Media Playerを起動することでライブラリの再構築が行われます。

音楽取り込みの設定を変更する

音楽CDから音楽ファイルを作成するときに、音質が低く設定されていると正常に取り込みができずエラーが発生することがあります。この場合は、音楽取り込みの設定を変更してみましょう。

Windows Media Playerを起動したら、ウィンドウ上部の「ツール」を押して表示されるメニューの「オプション」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601124045p:plain
オプションウィンドウが表示されるので、「音楽の取り込み」タブを押して開きましょう。

「取り込みの設定」の「音質」項目にスライダーが表示されていますね。このスライダーが左側に行くと音質が低くなり、右側に行くと音質が高くなります。mp3の場合は最高品質で320Kbpsになるので、可能であれば320Kbps・抑えめなら256Kbpsに設定して「OK」を押して設定を適用しましょう。
f:id:rick1208:20200601124051p:plain
音質を上げると音楽ファイルのサイズが上がりますが、その分音が良くなります。デフォルトで設定されている最小サイズの128Kbpsと最高品質の320Kbpsでははっきりと音質の差を感じることが可能なレベルなので、エラーが発生しなくても音質は上げて損はありません。

CDの取り込みボタンが表示されていない場合

Windows Media Playerのウィンドウを最大化していても、メニューに「CDの取り込み」ボタンが表示されないという不具合が発生することもあります。この場合は、Windows Media Playerを再起動させましょう。

Windows Media Playerを再起動するには、Windowsの機能の有効化あるいは無効化を開く必要があります。デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コントロールパネル」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601124118p:plain
コントロールパネルが表示されたら、「プログラム」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601124130p:plain

プログラムの項目一覧が表示されるので、「Windowsの機能の有効化あるいは無効化」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601124138p:plain
Windowsの機能ウィンドウが表示されるので、一覧の中から「メディア機能」を展開して、「Windows Media Player」のチェックボックスを押してオフにしてから「OK」を押して設定を終了させ、パソコンを再起動しましょう。
f:id:rick1208:20200601124145p:plain
パソコンが再起動したら、再びWindowsの機能ウィンドウを開き、一覧の中から「メディア機能」を展開して、「Windows Media Player」のチェックボックスを押してオンにして「OK」をクリックすることでWindows Media Playerが再起動します。

これで「CDの取り込み」ボタンが復活しているかどうか確かめましょう。