漫画の地球儀

ユーザープロファイルの破損の原因、対処法!【Windows10、パソコン、サインインできない】

スポンサーリンク

ユーザープロファイルが破損する原因

Windows10のパソコンを利用していて、いつも通りサインイン画面からサインインしようとしたら「アカウントにサインインできません」「ユーザープロファイルを読み込めません」と表示されてしまい、困ってしまったことはありませんか?
f:id:rick1208:20200601090526p:plain
このメッセージが表示されるということは、ユーザープロファイルが破損してしまったという事です。ユーザープロファイルが破損してしまうと基本的にサインインすることができず、仮にサインインできてもデスクトップが初期化されてしまう・デスクトップに何も表示されない・フォルダ内のファイルが消えてしまっているなどの不具合が発生します。

ここでは、ユーザープロファイルが破損してしまった場合の対処法についてご説明していきます。
ユーザープロファイルが破損する原因
ユーザープロファイルが破損する原因は色々なものが考えられますが、多いのはハードディスクやSSDなどのストレージの不具合・アンチウィルスソフトが誤動作を起こして必要なデータが消えてしまう・Windows Updateに不具合があるなどのパターンです。

Windows Updateで不具合が起きるの?と疑問に思うユーザーの方もいらっしゃると思いますが、実ときに2018年4月の更新プログラムを適用したらWindowsにログインできなくなってしまったユーザーの報告が多く挙げられています。

こういった色々な要因が絡むため、ユーザープロファイルの破損を予防するのは難しいのが現状です。

ユーザープロファイルが破損した場合の対処法

f:id:rick1208:20200601121647p:plain
それでは、ユーザープロファイルが破損した場合の対処法を説明します。以下に有効な対処法を3つご説明していきますが、もし症状が経度であればパソコンの再起動だけで症状が改善されることもあるので、まず最初はパソコンの再起動を試してみましょう。

再起動を行っても改善されない場合は、下記の方法を試してみてください。

① 破損したユーザープロファイルを修復する方法

破損したユーザープロファイルを修復するには、まず最初はセーフモードでWindowsを起動する必要があります。

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「設定」ボタンを押しましょう。

Windowsの設定が表示されるので、「更新とセキュリティ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601090553p:plain
設定画面が表示されるので、左側メニューの「回復」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601090603p:plain
回復の詳細一覧が表示されます。

一覧の「パソコンの起動をカスタマイズする」項目の「今すぐ再起動」を押しましょう。パソコンが再起動の用意に入ります。
f:id:rick1208:20200601090623p:plain
「お待ち下さい」と画面に表示されるのでしばらく待ちましょう。オプションの選択画面が表示されるので、「トラブルシューティング」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601090633p:plain
トラブルシューティングの一覧が表示されるので、「詳細オプション」を押します。
f:id:rick1208:20200601090726p:plain
詳細オプションの一覧が表示されたら、「スタートアップ設定」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601090742p:plain
スタートアップ設定の説明が表示されるので、「再起動」ボタンを押しましょう。これでパソコンが再起動されます。
f:id:rick1208:20200601090802p:plain
パソコンの再起動が行われると、再度「スタートアップ設定」が表示されます。1~9の番号が割り振られた項目が表示され、項目に対応したファンクションキーを押すことでその起動方法が選択可能なようになっています。

「4)セーフモードを有効にする」「5)セーフモードとネットワークを有効にする」「6)セーフモードとコマンドプロンプトを有効にする」のどれかを選びて、セーフブートを行いましょう。
f:id:rick1208:20200601090817p:plain

以上のやり方を踏むことで、Windowsをセーフモードで起動することが可能です。
デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツー
次は、システムの修復を行います。

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コントロールパネル」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601115219p:plain
コントロールパネルが表示されるので、「システムとセキュリティ」項目を押しましょう。もしコントロールパネルの表示が異なる場合は、ウィンドウ右上の表示方法を「カテゴリ」に変更することで画像通りの表示に変更可能です。
f:id:rick1208:20200601115230p:plain
システムとセキュリティの一覧が表示されるので、「システム」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601115238p:plain
システムが開きます。左側メニューの「システムの保護」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601115248p:plain
システムのプロパティウィンドウが表示されます。

「詳細設定」タブのシステムの復元項目の「システムの復元」ボタンを押しましょう。システムの復元が起動します。
f:id:rick1208:20200601115259p:plain
システムの復元が開いたら、「次へ」を押して進みましょう。
f:id:rick1208:20200601115309p:plain
システムの復元コツの一覧が表示されます。ユーザープロファイルが破損する前(サインインすることができた時期)の復元コツを押して選びたら、「次へ」を押しましょう。気になるのであれば、「影響を受けるプログラムの検出」から復元することで影響を受けるアプリ・プログラムを見ておくといいと思います。
f:id:rick1208:20200601115317p:plain
※復元コツにユーザープロファイルが破損する前の時刻のものがない場合は、復元でのユーザープロファイル修復は可能でせん。この場合は後述の「方法② レジストリエディタで修復する方法」・「方法③ ユーザープロファイルを再作成する方法」を試してみてください。

「復元コツのチェック」ウィンドウが表示されるので、復元する時刻をチェックして問題がなければ「終了」を押しましょう。「いったんシステムの復元を開始したら、中断することは可能でせん。続行しますか?」と警告メッセージが表示されるので、「はい」をクリックすることでシステムの復元が始まります。
f:id:rick1208:20200601115334p:plain
システムの復元が始まるとパソコンが再起動し、Windowsのファイルと設定の復元を始めます。復元が終了したら、サインイン可能なかどうか確かめてみましょう。サインインできれば、ユーザープロファイルの修復は成功です。

レジストリエディタで修復する方法

レジストリエディターを使うことでユーザープロファイルの修復を行うことが可能ですが、レジストリはパソコンの設定情報のデータベースなので、間違えた編集を行ってしまうと最悪パソコンが起動しない事態に陥ってしまうこともあります。もし不安であれば「方法③ ユーザープロファイルを再作成する方法」を試してみてください。

まず最初は、パソコンをセーフモードで起動しましょう。「方法① 破損したユーザープロファイルを修復する方法」で説明している方法で起動することが可能です。起動したら、「Windowsキー+Rキー」を同時押しして「ファイル名を指定して実行」を呼び出しましょう。

ファイル名を指定して実行が表示されたら、「regedit」と記入して「OK」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601115411p:plain
レジストリエディターが起動したら、ウィンドウ上部の「ファイル」を押して開き「エクスポート」を押しましょう。レジストリファイルのエクスポートダイアログが表示されたら、エクスポート範囲は「すべて」を選びて、保存フォルダ指定・ファイル名を記入して「保存」をクリックすることでバックアップを作成することが可能です。
f:id:rick1208:20200601115419p:plain
次に、左側のフォルダツリーから「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→Microsoft」→「Windows NT」→「CurrentVersion」→「ProfileList」の順に展開して、ProfileListの中から「、bak」と名前の付いているキーを押しましょう。

キー内の「ProfileImagePath」に表示されるデータにユーザー名が含まれている場合、キーの「、bak」の文字を消去しましょう。次にキー内の「RefCount」と「State」を右押してメニューの「修正」→「値のデータ」を押して「0」と記入して「OK」を押しましょう。

上記の操作が終了したらレジストリエディターを終了してパソコンを再起動することで、サインイン可能なかどうかチェックしてみましょう。

③ ユーザープロファイルを再作成する方法

レジストリの編集を行うこともない安全な方法が「ユーザープロファイル再作成」です。ユーザープロファイルを新規に作ってそちらのユーザープロファイルを使うことで対処する方法です。

ユーザープロファイル内のファイルは引き継げないので、可能であれば外付けHDDやUSBメモリにファイルのバックアップを取っておきましょう。

エクスプローラーを開いたら「C:\Users\<ユーザー名>」内にあるファイルを全部コピーすればOKです。
f:id:rick1208:20200601115450p:plain
バックアップを取ったら、デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「設定」を押しましょう。

Windowsの設定が表示されるので、「アカウント」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601115521p:plain

設定画面が開くので、左側メニューの「家族とその他のユーザー」を押して、右側ウィンドウに表示される「他のユーザー」項目の「その他のユーザーをこのパソコンに追加」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601115534p:plain

「このユーザーはどのようにサインインしますか?」ウィンドウが表示されるので、「このユーザーのサインイン情報がありません」を押して、次に「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601115544p:plain
「このパソコン用のアカウントの作成」が表示されたら、「ユーザー名」「パスワード」「パスワードのチェック」「パスワードのヒント」をそれぞれ記入して「次へ」をクリックすることでアカウントが作成されます。

作成したアカウントを押して「アカウントの種類の変更」を押しましょう。アカウントの種類を「標準ユーザー」から「管理者」に変更して「OK」をクリックすれば新しいユーザープロファイルの用意終了です。
f:id:rick1208:20200601115556p:plain
次のサインイン時に、先ほど作成したユーザーアカウントを選ぶことで移行することが可能ですよ。残っている破損したユーザープロファイルは、下記リンク先の記事を参考にしながら消去してみてください。

まとめ

f:id:rick1208:20200601115829p:plain

ユーザープロファイルが破損してしまうと、正常にパソコンを使えなくなってしまいます。記事内で解説した方法でユーザープロファイルを修復することが可能ですので、ぜひ参考にしてユーザープロファイルを修復してみてください