漫画の地球儀

Messengerでブロックする方法!【解除方法、フェイスブック、友達リスト、拒否、メッセージ】

スポンサーリンク

Messengerで相手をブロックする方法

f:id:rick1208:20200601090256p:plain
Messengerを利用していて、相手をブロックしたいなと思うことがあります。

Messengerでは簡単に相手をブロックすることが可能ですので、1回設定してみましょう。ブロックの方法からご解説します。

相手をブロックするには、Messengerからメッセージをブロックする方法とフェイスブックからブロックする方法があります。ここではMessengerからブロックする方法をご説明していきます。

メッセージをブロックした場合には、フェイスブックの友達リストからは消去されず、アカウントのブロックとも関係なく、メッセージと通話のみを拒否することが可能です。

まず最初は、Messengerアプリを開きます。

Messengerのメイン画面の下部から、人のマークを押します。

次に上部の丸い手帳のマークを押します。
f:id:rick1208:20200601084149p:plain
続いて、ブロックしたい相手を押します。

すると相手が表示されますので、下へスクロールしていきます。
f:id:rick1208:20200601085533p:plain
ブロックするを押します。
f:id:rick1208:20200601085542p:plain
続いて、メッセージをブロックするをオンにします。(画像はオンの状態です)

これでブロック終了です。
f:id:rick1208:20200601085549p:plain
この画面、下側にあるフェイスブックでブロックを押すと、自動的にフェイスブックへ移動しログインするだけで、すぐにブロック可能な画面へ行くことも可能です。

その場合には、文字通りフェイスブックでのアカウントごとのブロックとなりますので、友達リストからも消去されます。Messengerから行ってもそれには変わりませんので、ご注意ください。

ブロックを解除する方法も解説

ブロックを解除するには、2つのシチュエーションがあります。

Messengerでメッセージのみをブロックしている場合と、フェイスブックでアカウントごとブロックしている場合です。

いずれの場合も、すぐにブロック解除することが可能ですので、うっかり間違えてしまった時にも安心してください。

ですがフェイスブックでブロックしているのをブロック解除して、もう1回ブロックするには48時間たたないと可能でせん。この点にご注意ください。

ではそれぞれ見ていきましょう。

Messengerでメッセージのみのブロック解除方法

上記で解説した、Messengerでのブロックする方法に沿って進みます。Messengerアプリを開き→人のマーク→丸い手帳のマーク→相手の名前→ブロック解除するまで進みます。

メッセージをブロックをオフにします。(画像はオンになっています)

これでMessengerでのメッセージのブロックは解除可能です。
f:id:rick1208:20200601085638p:plain

フェイスブックでアカウントごとブロックしている場合の解除方法

こちらでは、フェイスブックのアプリを利用して解除していきます。

1回フェイスブックでアカウントごとブロックすると、すでに友達リストからも消去されていますので、もう1回友達リクエストをすることになり拒否していたのがバレてしまいます。この点にもご注意ください。

アプリメイン画面から「三」ボタンをタップ→設定とプライバシー→設定を押します。
f:id:rick1208:20200601085807p:plain
続いてブロックを押します。
f:id:rick1208:20200601085821p:plain
すでにブロックしている相手は、リストに掲載されていますので、ブロックを解除を押します。
f:id:rick1208:20200601085831p:plain
チェックのポップアップが出てきますので、ブロックを解除を押して終了です。
f:id:rick1208:20200601085842p:plain

ブロックしたことをバレないようにする方法も解説

ブロックをしてしまうと、相手からバレる可能性が高くなってしまうため、バレないようにしたいということもあります。その場合には、メッセージを無視の機能がオススメです。

この機能を使うとどうなるのかというと、届いたメッセージは「メッセージリクエスト」に入り、中身を読んでも相手からは未読のままとなりバレる心配がありません。

上記で解説した、Messengerでのブロックする方法に沿って進みます。Messengerアプリを開き→人のマーク→丸い手帳のマーク→相手の名前まで進みます。

メッセージを無視を押します。
f:id:rick1208:20200601085900p:plain
すると、ポップアップが出てきますので、メッセージを無視を押します。

これで終了です。
f:id:rick1208:20200601090015p:plain
解除する時には、無視にした人のトークスレッドを開き、返信を押します。
f:id:rick1208:20200601090054p:plain

Messengerで自分自身がブロックされているかチェックする方法


あれ?もしかして自分自身がブロックされている?

と感じると、すぐにチェックしたくなるものです。

拒否されている感じがしたら、以下の項目をチェックしておきましょう。

ブロックされるとどうなるのかチェックしましょう。

ブロックされている相手の場合、オンラインかどうかをチェックしようとしても、通常オンライン状態かをチェックする欄がMessengerとなっています。

通常であれば「オンライン」「〇〇分前にオンライン」と表示される部分に、Messengerと書かれています。この場合には相手からMessengerでブロックされている可能性があります。

ですが、このチェック方法は確実ではなく、タイミングによってはMessengerと表示されることもあります。ですので、もし気になる場合には次の項目を試してみてください。
メールが送信できなくなる

Messengerでブロックされている相手には、メールを送信することが可能でせん。

ですので、あれ?と思った時には、メールを送信してみましょう。

メールの送信ができればブロックされていませんが、メッセージは送信されていませんと表示された場合には、Messengerでブロックされていると見て良いと思います。また同時に通話もできなくなっているはずです。

メールではなく通話でチェックすることも可能ですが、通話よりもメールの方がハードルは低いですね。


まとめ

f:id:rick1208:20200601090226p:plain
Messengerでのブロック方法や、された・するとどうなるのかについてご解説しました。

ぜひ、使いこなして友達との関係を友好にしておきましょう。

不用意にブロックしてしまって、相手にバレると友達関係にもヒビが入ってしまいます。どうなるのかを知って、よりMessengerを使いこなしましょう。

特にフェイスブックのアカウントのブロックは、友達リストから消去されることも考慮しておきましょう。