漫画の地球儀

Windows10でエクセルが開かない原因、対処法!【xlsxファイル、解除、ブロック、制限、アプリ】

スポンサーリンク

Windows10でエクセルが開かない

Windows10でエクセルが開かない、開いてもエラーが起きる、そんな現象が急に多くなっています。その時、Excelソフトは途中で動作を停止してしまって、終了してしまいます。
f:id:rick1208:20200601053607p:plain
今回の記事では、エクセルが開かない場合の対処法を主に4つ取り上げます。Excelファイルが開かない人はぜひ、今回ご解説する対処法を1つずつチェックしてみることをお勧めします。

この中の1つ、あるいはいくつかに、エクセルが起動しない、また保存もできない状態が当てはまるなら、それぞれの方法を試してみてくださいね。

Windows10でエクセルが開かない場合の対処法

Windows10でExcelファイルのアイコンが空白などに変更されてしまっていて、エクセル自体が開かないといいうことが数多く起きています。

原因は、Windows10とExcel2010のプログラムでの相関性にあります。
OfficeとExcelのバージョンが関連しているかどうかという点ですが、2019年1月に、新しい元号に対応するのでExcel2010はアップデートしたのですが、Windows10では使用できない方も多く、せっかくできたアップデートもアンダウンロードしなければならない例が出ています。

でも、それではWindows10にしたのに仕事が進まない、といったデメリットが大きいですよね。

さっそく、対策をしていきましょう。

Excelソフトのデータが破損している場合は修復する

プログラムを関連付ける

Windows10とExcel2010のプログラムを関連付けるなら、エクセルのアイコンが白くなっていても、また開けるように設定可能です。
Excelのアイコンが白くなる状態
このようにExcelのアイコンが白くなる状態がよく見られます。では、対策してみましょう。
f:id:rick1208:20200601053650p:plain

白くなったファイルを右クリックするとプロパティが表示されます。ファイルの種類がExcelファイルに選択されているのをチェックし、「変更」を押します。
f:id:rick1208:20200601055011p:plain
その後、このアプリを今後も使うでOKにします。
これで、Windows10とExcel2010が関連付けられます。

Excelソフトの破損を修復する

こちらはExcelでファイル破損により、エラーが表示された画面です。
Excelソフトが破損していることがはっきりとわかります。
f:id:rick1208:20200601055033p:plain
Excelを開けない、あるいは開いてもエラーになってしまう原因として、Excelのソフトが破損している場合があります。

それが原因なら修復することで、改善されます。

アプリと機能から

では、エクセルファイルをアプリと機能で探してみましょう。Windowsを右押し、「アプリと機能」を選びます。

こちらがアプリと機能の画面です。
Office2010をダブルクリックすると、このように「変更」か「アンダウンロード」が表示されます。
「変更」あるいは「再ダウンロード、修復」を押して改善させることが可能です。
f:id:rick1208:20200601055051p:plain

コントロールパネルから

スタートメニューを押し、コントロールパネルを出します。
f:id:rick1208:20200601055106p:plain
次に、「プログラムと機能」を選び、「Microsoft Office」を右押します。
そして、「変更」にして、ダイアログボックスが表示されたら「修復」を押します。
こちらの操作で、エクセルソフトの破損を修復でき、Excelを開くことが可能なようになります。

Excelの保護ビューの設定を変更

Excelが開けても、通常通り動作ができなくなることがある場合、セキュリティが原因になっている場合もあります。
その保護ビューを設定し直すことで、改善可能なことがあります。

セキュリティの関係で、エクセルが開けていないかチェックしてみましょう。

最初に、Excelを開けるかチェックして、できたらファイルを押します。

次に、オプションを選んで、「セキュリティセンター」を押します。

そして、「セキュリティセンターの設定」を押し、「保護ビュー」を選びます。

最後に、「・・・保護されたビューを有効にする」のチェックを3つとも外します。


これで、保護ビューを外したことになり、セキュリティの設定がファイルを開きづらくしているのを改善可能です。

もし、✔が入っていたらそれを外しましょう。
f:id:rick1208:20200601055144p:plain

ファイルの制限を解除する

エクセルファイルに制限がかかっていることもあり、そちらを解除する方法もあります。
ファイルが制限されているかどうか、チェックしてみましょう。

では、エクセルのファイルが制限されているかどうか、チェックしてみましょう。
こちらの図にあるように、エクセルファイルの名前の横にチェックボックスがあります。
そちらに、✔マークが入っていると、上の表示にあるように、ファイルがブロックされるか保護ビューで開かれることになっています。
f:id:rick1208:20200601055212p:plain
ファイルを選び、「オプション」→「セキュリティセンター」→「セキュリティセンターの設定」へと進みます。
「ファイル制限機能の設定」を選ぶとファイルが並んで表示されます。

その中にあるExcelファイルが、右の「開く」のチェックボックスに✔が入っていないでしょうか。

もし、チェックが入っているなら、それを外すことでファイルが開くのが制限されている状態を解除させることが可能です。

他からのブロック状態を解除する

他のパソコン等から送信されたExcelファイルをブロックしている状態にはなっていないと思いますか。
それには、エクスプローラーを起動させてチェックする必要があります。
1つの方法では、スタートボタンを押し、「エクスプローラー」あるいは「ドキュメント」を選びます。
別の方法では、タスクバーにある「エクスプローラー」を押します。
どっちも同様に、エクスプローラーが表示されます。

こちらがエクスプローラーが表示された画面です。
ここからさらに操作していきます。
f:id:rick1208:20200601055256p:plain
Excelの使用したいファイルを押して選びてから、エクスプローラーの上にある「プロパティ」を押します。
あるいは、ファイルを右押して「プロパティ」を選んで同じ操作をします。

このようにセキュリティの表示がされていたら、ブロックを解除する必要があります。

そのファイルの表示を見て、「受信アクセスが拒否されました」あるいは、「このファイルは他のコンピューターから取得したものです。このコンピューターを保護するので、このファイルへのアクセスはブロックされる可能性があります」と表示されていたなら、「ブロックの解除」→「適用」→「OK」を選びます。

これで、ブロックは解除可能です。

データ接続のセキュリティ設定も

同じく、エクセルデータが送信されてくるのをブロックしている状態を解除します。
ファイルから「オプション」→「セキュリティ」→「セキュリティセンターの設定」に進みます。

次に、「外部コンテンツ」→「すべてのブックリンクの自動更新を有効にする」にします。
もしも、エラーになったら「リンクの編集」から解除しましょう。

この画面のような表示の場合は、コンテンツの有効化を押しましょう。
f:id:rick1208:20200601055332p:plain

「このフォルダーにアクセスする許可がありません。」というような表示がされることがあります。

アクセス権の設定が必要になります。
f:id:rick1208:20200601060144p:plain
ファイルを保存する時、「このフォルダにアクセスする許可がありません」というエラーになってしまうこともあります。

Windowsをアップグレートすると、起きてしまいますが、保存して次回ファイルを開くためには、アクセス権を設定することが必要です。

WindowsAppsのセキュリティの詳細設定の画面です。

アクセス許可のタブで設定します。
f:id:rick1208:20200601060240p:plain
エラーのダイアログボックスで「続行」を押します。

あるいは、「プロパティ」→「セキュリティ」→「詳細設定」へ進み、ブロックされているファイルをアクセス許可にするのでに「変更」あるいは「続行」を押しましょう。

これで、アクセス権の設定ができ、Excelファイルが保存、開かれます。またこの方法はパワーコツ、ワードも同様に行なえます。

まとめ

f:id:rick1208:20200601060324p:plain
Windows10でExcelを開けないというトラブルも、こちらでご解説した方法で対処し、解決可能です。

1つ、あるいはいくつか原因がある場合もありますが、それぞれの対処法でExcelを保存、また開いて、これからもWindows10でExcelでの仕事を進めていきましょう。