漫画の地球儀

Chromeで日本語入力できない原因、対処法!【ブラウザ、パソコン、拡張機能、不具合、改善】

スポンサーリンク

Chromeで日本語入力できない場合の対処法

f:id:rick1208:20200601051803p:plain
Google Chromeの使用中にテキストボックスに日本語入力できないという症状が発生することがあります。

そこでここでは、Chromeの使用中に日本語入力ができなくなった場合の対処法をご説明しています。

ブラウザ・パソコンを再起動する

Chromeで日本語入力が行えなくなったら、1回Chromeを終了させて再起動を行いましょう。これで改善されなければ、パソコンを再起動することで改善されるかどうか試してみましょう。

Flashを無効にする

Chromeに搭載されているFlashプラグインが影響して、日本語入力が行えなくなることがあります。この場合はFlashを無効化しましょう。

画面右上のメニューボタンを押してメニューを開き「設定」を開きましょう。
f:id:rick1208:20200601053029p:plain
設定画面が表示されたら一番下までスクロールして「詳細設定」を押します。
f:id:rick1208:20200601053038p:plain
プライバシーとセキュリティ一覧の「コンテンツの設定」を押します。
f:id:rick1208:20200601053052p:plain

Flash」を押します。
f:id:rick1208:20200601053104p:plain

Flashメニューの上部に表示されているボタンを押してオフにすることで、Flashの実行をブロックすることが可能です。
f:id:rick1208:20200601053115p:plain

拡張機能を確かめてみる

ダウンロードした拡張機能によって、日本語入力が行えなくなるパターンも存在します。この場合は拡張機能をオフにして日本語記入が行えるかどうか確かめてみましょう。

画面右上のメニューボタンを押してメニューを開き「その他のツール」の上にマウスカーソルを載せましょう。
f:id:rick1208:20200601053134p:plain
サブメニューが表示されるので「拡張機能」を押します。
f:id:rick1208:20200601053141p:plain
ダウンロードされている拡張機能の一覧が表示されます。拡張機能ボックスの右下に表示されているボタンをクリックすることでオン・オフが切り替えられるので、一つずつオフにして日本語記入可能なかどうかチェックしてみましょう。
f:id:rick1208:20200601053148p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20200601052753p:plain

Chromeで日本語入力が行えない場合、多くの場合はブラウザの再起動やパソコンの再起動で改善可能ですが、Flash拡張機能が原因の場合もあります。それらが原因の場合は記事内の説明を参考にして対処してみてください