漫画の地球儀

iPhoneのフォントをデフォルトから変更する方法!【アプリ、、脱獄、iOS、 OSX、tvOS】

スポンサーリンク

iPhoneのフォントをかえてみたい!という方向けにiPhoneのフォントをかえる方法についてまとめてみました。

よく言語の設定で「英語」「日本語」「中国語」など言語の一覧から選ぶ機能はありますが、同様にフォントの一覧もあるだろうと思って「設定アプリ」を開いた見たけど、フォントの設定変更が見当たらない・・ Androidの場合は設定からフォントの変更が可能ですが、実はiPhoneの場合は通常フォントの設定ができない事になっています。

しかし特定のアプリをつかえば、システムのフォントは変更可能でせんが、多くのアプリの中でフォントを変更することが可能になります。

ここではフォントをデフォルトからかえる方法について解説をしていきます。


iPhoneのフォント

f:id:rick1208:20200530184111p:plain

iPhoneの歴代のフォント

iOS9までは「Helvetica Neue」というフォントが使用されていました。

個人的には好きで見やすいフォントなのですが、iOS9からは「San Francisco」というフォントに変更されています。

さらに「San Francisco」のフォントには2種類用意されており、iOSOSX、tvOS向けの「San Francisco」というフォントとAppleWatchなどのWatchOS向けの「San Francisco Compact」が用意されています。
※画像はそれぞれのフォントの太さ別の一覧となっています。

iOS9以降は「San Francisco」のフォントがシステムフォントとして使用され、アプリで表示されるテキストは大半が「San Francisco」のフォントとなります。

iPhoneのフォントを変える方法

それではiPhoneのデフォルトのフォントからかえる方法について見ていきます。一般的に脱獄をする場合と脱獄しない場合の方法があります。それぞれ見ていきます。

脱獄してフォントを変更する

脱獄(JailBreak)とはiPhoneApple側が許可していないアプリを使えるようにする事を指します。

特定のツールを使用しますが、通常AppStoreにないアプリを使えるようになります。ただし非公式のアプリの中には当然危険なアプリがある可能性があるのと、脱獄行為はソフトウェア使用許諾契約に違反する行為とみなされ、Appleのサポートを受けられなくなります。
(脱獄行為自体は違法性という意味では日本ではグレーゾーンとなっています)

脱獄をした場合は「BytaFont」というアプリでフォントの変更が簡単に行なえますが、上記の通りリスクがあるためおススメはしません。

AnyFont

f:id:rick1208:20200530183446p:plain
次に脱獄せずに正攻法でフォントをかえる方法を解説します。

「AnyFont」のアプリを使うことでフォントの変更が可能になります。AnyFontはAppStoreから配布されているアプリですので、グレーな部分はありませんがこちらは有料アプリとなっています。

ただしAnyFontの場合はシステムフォントは変更できません。特定のアプリでのみフォントの変更が可能となりますのでご注意下さい。脱獄なしにシステムフォントをかえる方法は現在のところは無いかと思います。

AnyFontを使用

f:id:rick1208:20200530184044p:plain
実際にAnyFontを購入し、使用してみてフォントをかえることをやっていきます。使用端末とOSは ・iPhone7 ・iOs10、2、1 を使用しています。

ダウンロード後にAnyFontを起動します。AnyFontでフォントを自分自身自身の好きなフォントにかえるには使用するフォントを用意する必要があります。TypingArtからフォントを調達したいと思います。 TypingArt ここでは「kodomoゴシック 細め」というかわいらしいフォントを使用してみます。

AnyFontを購入し、起動するとチュートリアルが表示されますので、そのとおりにフォントをダウンロードし、使えるようにしていきます。
f:id:rick1208:20200530183533p:plain
TypingArtからフォントファイルをzipでダウンロードするときに、「AnyFontで読み込む」のアイコンが追加されますので、そちらからダウンロードを行います。
f:id:rick1208:20200530183543p:plain
最終的に独自のフォントのメニューにダウンロードしたフォントの名前が出てきていればOKです!これでこのフォントを使う用意が整いました。 他のフォントをダウンロードした場合もこの「独自のフォント」のメニューにフォントの一覧が表示される形となります。
f:id:rick1208:20200530183551p:plain
iPhoneにデフォルトで入っている「Pages」を使用して、何か文章を書いてみたいと思います。

デフォルトでは「ヒラギノ角ゴ ProN」が選択されていますが「こども丸ゴシック細め」が追加されています!! こども丸ゴシック細めを使用して、文章を書いてみましょう。
f:id:rick1208:20200530183810p:plain
f:id:rick1208:20200530183905p:plain

このやり方でPagesだけではなくWord、ExcelPowerPointなど互換性のあるアプリもたくさんありますので、ぜひお試し下さい。

まとめ

f:id:rick1208:20200530184030p:plain
残念ながら脱獄なしにシステムフォントをかえる方法は現在のところなさそうです。しかしAnyFontの機能を使えば、特定のアプリですが、フォントを変更することが可能です。 ぜひお試しください。