漫画の地球儀

ディスプレイのドット抜けを確認する方法!【モニター、Windows、ドット落ち、液晶パネル】

スポンサーリンク

自分自身の使用している液晶ディスプレイ・モニターの画面をよく見てみると、画面の一部に光る点が写っていることがあります。これは「ドット抜け(あるいはドット欠けドット落ち)」と呼ばれており、ドット抜けが起きている箇所では画像データを正常に表示することができず・輝点や黒点となって表示されてしまいます。

ドット抜けが起きてしまう原因は色々なものがあり、主に液晶パネルの基盤の不良や塵・埃などの混入などが挙げられます。

現代の技術では一定以上の大きさの液晶ディスプレイでドット抜けを100%起こさないというのはクリーンルームでの製造でも不可能とされています。なので、液晶ディスプレイの販売においては数個程度のドット抜けであれば製品として出荷されているのが現状です。

ドット抜けがいくつかあるのは仕様」ではあっても、メーカーによってはドット抜けの保証を行っていることが多く、ディスプレイを買ったら最初にドット抜けをチェックしておくことで自分自身自身のディスプレイが実用に足るものなのか分かりますよ。

ここでは、ディスプレイのドット抜けをチェックする方法をご説明していきます。

ディスプレイのドット抜けドット欠けをチェックする方法

それでは、ディスプレイのドット抜けドット欠けをチェックする方法を説明します。

ディスプレイの画面全体を淡色出しることの可能なサイト「ディスプレイ ドット抜けテスト」から、ドット抜けをチェックすることが可能です。まず最初は下記リンクからディスプレイ ドット抜けテストにアクセスしましょう。
f:id:rick1208:20200530215947p:plain
sachi-web.com


ディスプレイ ドット抜けテストにアクセスしたら、画面左上の「全画面」ボタンを押しましょう。ブラウザが全画面表示に切り替わります。
f:id:rick1208:20200530220345p:plain
全画面表示に切り替えたら、画面上部の各種ボタンを押して画面の色を変えて、色表示がおかしい箇所がないかチェックしてみましょう。

色は、白・黒・赤・緑・青・黄・シアン・マゼンタの8色が用意されており、後半の4つのボタンはグリッド・サークル・グラデーション・カラーバーを出しることが可能です。
f:id:rick1208:20200530220402p:plain
ドット抜けをチェックするには、画面上部のボタン類が邪魔ですよね。画面内の何もない場所でクリックすることで、ボタンを非表示に可能ですよ。再度クリックすることでボタンが復活します。
画面左上の「戻す」ボタンをクリック
ドット抜けのチェックが終了したら、画面左上の「戻す」ボタンをクリックすれば全画面表示から元のウィンドウ表示に戻ります。
f:id:rick1208:20200530220507p:plain

ドット抜けチェッカーソフトを使用してチェックする

フリーのドット抜けチェッカー「IsMyLcdOK」を使うことで、ドット抜けをチェックすることが可能です。こちらはスタンドアロンフリーソフトなので、USBメモリに入れて持ち歩くことも可能です。
IsMyLcdOKのダウンロードページ
下記リンクからIsMyLcdOKのダウンロードページに移動して、「IsMyLcdOK_x64、zip」をクリックすると、ページが切り替わり自動的にダウンロードが始まりますよ。32bitパソコンを使用している場合は「IsMyLcdOK、zip」をダウンロードすればOKです。
f:id:rick1208:20200530220734p:plain

ダウンロードしたzipファイルを解凍して「IsMyLcdOK_x64、exe」を起動すると、画面全体に画像のメニューが表示されます。コマンドを下記に記します。
f:id:rick1208:20200530220748p:plain
1:白色表示
2:黒色表示
3:赤色表示
4:緑色表示
5:青色表示
6:シアン色表示
7:紫色表示
8:黄色表示
9:水平方向のグラデーション表示
0:垂直方向のグラデーション表示
F7orV:垂直線表示
F8orH:水平線表示
F2:BitBlt MB、secテスト
F3:Paint Rectanglesテスト
F4:Paint Linesテスト
F5:耐久テスト
F1:メニュー画面に戻る
Esc:終了

数字キーの1~8までがカラーテスト・9と0はグラデーションテスト・F7とF8がそれぞれ垂直線と水平線の表示テストとなっています。各種画面に切り替えることで、ドット抜けがあるかどうかチェックすることが可能です。

F2~F5はストレステストです。ドット抜けというよりはモニターの動作テストになるので、基本的には上記の表示テストだけ試せばドット抜けのチェックが可能です。

まとめ

f:id:rick1208:20200530220815p:plain

液晶ディスプレイやモニターには、ドット抜けあるいはドット欠けドット落ち)と呼ばれる画像データを正常に表示することができずに輝点や黒点になってしまう箇所が存在することがあります。なので、液晶ディスプレイを買ったらドット抜けの状態をチェックすることが大事です。

ここでは、ドット抜けドット欠けをチェックする方法をブラウザを用いる方法とドット抜けチェッカーを用いる方法の2種類からご説明しています。ぜひ、自分自身自身の使用しているディスプレイのドット抜け状況をチェックしてみてください