漫画の地球儀

Thunderbirdを初期化する方法!【完全削除、Windows、pc、アンインストール、メールソフト】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200530163114p:plain

メールソフト・Mozilla Thunderbirdを使用していて設定がおかしくなった時に、1回アンインストールしてから再ダウンロードを行ったにも関わらず、何故か設定がそのままになっていて初期化されてないと疑問に思うユーザーもいるかと思います。

何故アンインストールしても初期化されず以前の設定が残ってしまうのかと言うと、Thunderbirdではユーザープロファイルを作って管理するのですが、アンインストールするだけではそのプロファイルが残ってしまうため、そのまま再ダウンロードしても以前のプロファイルを読み込んでしまうために初期化することができません。

初期化を行いたい場合は、プロファイルフォルダをリネームするか消去してプロファイルを新しく作成可能な状態にする必要があります。

そこで、ここではThunderbirdを完全消去して初期化する方法を説明しています。

Thunderbirdを完全消去して初期化する方法

f:id:rick1208:20200530182021p:plain


それでは、Thunderbirdを完全消去して初期化する方法を説明します。


まず最初はデスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コントロールパネル」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200530181534p:plain
コントロールパネルが表示されるので、「プログラムのアンインストール」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200530181546p:plain
「プログラムのアンインストールあるいは変更」画面が表示されるので、Thunderbirdを選びて「アンインストール」を押しましょう。画面の指示に従って、Thunderbirdをアンインストールします。
f:id:rick1208:20200530181624p:plain
続いて、設定フォルダをリネームor消去します。

リネームでフォルダを残せばバックアップになりますので、こちらの方法をおススメします。

もしフォルダを消去した場合、メールサーバーがPOP3の場合は受信したメールデータも消去されます。バックアップを行わない場合は十分に気を付けてください。
f:id:rick1208:20200530181634p:plain
リネーム対象のフォルダは2つ・ファイルが1つ存在しています。「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Thunderbird\Profiles」と「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles」の2つの「Profiles」フォルダをリネームしましょう。

そして、「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles」フォルダの「profiles、ini」ファイルをリネームすればOKです。

「AppData」は隠しフォルダなので、フォルダーオプションから表示可能なように設定を変更しましょう。また、リネームするフォルダは分かりやすい名前や日時を付けておくといつバックアップを取ったファイルなのか分かりやすいです。

上記のリネーム作業が終了したら、Mozilla Thunderbirdの公式ページからインストーラーをダウンロードして、Thunderbirdをダウンロードしましょう。

そのまま起動して設定を進めることで新しいprofilesフォルダが作成され、初期化した状態でThunderbirdを操作することが可能となります。
f:id:rick1208:20200530181939p:plain
Thunderbirdのダウンロードは下記リンク先の公式サイトより。
www.thunderbird.net