漫画の地球儀

プレーンテキストの作成方法!【意味、HTMLからの変換方法、メール、HTMLタグ、Windows、Mac】

スポンサーリンク


メールを送って欲しいときなどに「プレーンテキストでお願いします」と言われたことはありませんか?

プレーンテキスト(Plain text)とは色付けや太字化などの文字装飾が一切されていないテキストのことをいいます。

いわゆる、何も加工されていない文字という意味を所持していますね。

プレーンテキストは容量がとても小さく、画像やリンクなどを何も含まないため、メールなどでプレーンテキストを要求されることが多いです。

ここでは簡単にプレーンテキスト作成する方法や、プレーンテキストを作成する上でちょっと気を付けておきたいコツも説明しておきます。

後半ではWebページのHTMLをプレーンテキストとしてペーストする方法も説明しているので、参考にしてみてください。

プレーンテキストを作成する方法

f:id:rick1208:20200531112324p:plain
プレーンテキストを作成したいのであれば、ただただ文字装飾を一切せずにテキスト記入を進めるだけです。

ですが、Wordなどの一部のソフトウェアでは自動的に装飾されてしまうことがあります。

そこで、勝手に文字装飾されないプレーンテキストの作成方法を、まず最初は見ていきましょう。

メモ帳を使用する

プレーンテキストを作成したいのであれば、WindowsMacに標準搭載されているメモ帳を使うと良いと思います。
f:id:rick1208:20200531111605p:plain
OS標準メモ帳は文字装飾機能が搭載されておらず、勝手に文字装飾されないので、プレーンテキストで作成したい場合はメモ帳を使うようにしてください。

ちなみにWindowsの場合、表示するフォントを変更する機能が用意されていますが、フォント情報はコピーされないのでそのままWordなどにペーストることが可能です。

書式なしペーストを使用する

Wordなど文字装飾が可能なソフトウェアを使用して作成したテキストをコピーした場合、コピーした内容に文字装飾情報も含まれています。
f:id:rick1208:20200531111638p:plain
なので、文字装飾に対応したテキスト記入画面にそのままペーストると文字装飾されたままペーストられてしまいます。

この機能を使いたくない場合はショートカットキー「Ctrl+Shift+V」で書式なし貼付けを行うようにしてください。

なお、Wordで作成した装飾済みテキストをコピーして、そのままWordに書式なしでペーストると書式をすべてクリア可能なので、書籍をクリアしたい場合は試してみてください。
f:id:rick1208:20200531111853p:plain

プレーンテキスト作成時の気を付ける点

一切加工されないプレーンテキストですが、加工されないということは誰でも見れるということです。

外部からパスワードロックをかけて暗号化しているのであればOKですが、そうでない平文パスワードはとても危険です。

パスワードを保存したい場合は、誰にも見られないように自動的に暗号化してくれるパスワードマネージャーを使ったり、自主的にパスワードロックをかけておくようにしましょう。

HTMLをプレーンテキストに変換する方法

f:id:rick1208:20200531112304p:plain
WebページなどのHTMLをコピーすると高確率で装飾されたテキストのコピーされます。

太字や斜体以外にもフォント情報もコピーされるほか、表をコピーした場合表の形式も維持されます。
f:id:rick1208:20200531111934p:plain
これをどうやってプレーンテキストに直すかどうかですが、実はものすごく簡単に危険テキストに変換することが可能です。

やり人はとても簡単で、この記事でも既に解説した「書式なしペースト」を行います。

書式なしペーストは「Ctrl+Shift+V」で行いますが、このときHTMLによる装飾を全部消去してくれます。

もちろん表の情報もすべて消去され、テキストのみをペーストることが可能です(大半の場合、セルとセルの間にはタブ文字が入ります)。
f:id:rick1208:20200531112004p:plain
Webページからコピーしてペーストたいけど、テキストだけ欲しいという場合は書式なしペーストを活用すると良いと思います。

HTMLタグを含んだテキストの場合

Webページをコピーしてペーストるだけであれば上記の方法で十分ですが、コピー対象のテキストにHTMLタグが含まれていた場合は話が変わってきます。
f:id:rick1208:20200531112028p:plain
この場合、書式なしペーストをすると書式はコピーされませんが、HTMLタグが残ったままになります。

この状態を直すには、CodePenというサービスを使用します
https://codepen.io/pen

本当はWeb開発者向けのサービスではありますが、このサービスのプレビュー機能を応用します。
コピー元のHTMLを「HTML」と書かれたテキストエディタにペースト

まず最初は、コピー元のHTMLを「HTML」と書かれたテキストエディタにペーストてください。
f:id:rick1208:20200531112153p:plain
ペーストたHTMLの記述が間違ってなければ、下の白い余白部分に自動的にHTMLの内容が装飾された状態で表示されるはずです。

下の方に表示された装飾済みテキストをコピーして、ペーストたい箇所に書式なし貼付けを行ってみてください。
f:id:rick1208:20200531112206p:plain
このように、HTMLタグも装飾も何もない状態で貼り付けられたはずです。

いちいちHTMLファイルを新規作成したり、手作業でHTMLタグを取り除くより遥かに効率的ですので、ぜひ使用してみてください。