漫画の地球儀

「about:blank」が表示される原因、対処法!【意味、スマホ、アプリ、直し方、Chrome、ウィルス】

スポンサーリンク

SafariGoogle ChromeなどのブラウザでWebページを開こうとすると突然画面が真っ白になり、URL欄が「about:blank」になってしまうことがあります。

「about:blank」とは空白ページという意味があり、何も読み込んでいない本当の意味での空白ページということです。

何もページを読み込んでいない空ページが「about:blank」なのですが、一時期同名のウイルスがWindowsにて広まっていたため、ちょっとややこしくなっています。

なので大半の場合、ウィルスではありません。ここでは「about:blank」が表示されてしまう原因と直し方をそれぞれ見ていきましょう。

「about:blank」が表示される原因

f:id:rick1208:20200531110810p:plain

「about:blank」が表示されてしまう主な原因は全部で3つです。


①ホーム設定が「about:blank」を開く設定になっている

②広告ブロックアプリなどでリンク先の無効化・ポップアップの無効化が影響している

③ウイルスアプリに感染してしまった

主な原因はこの3つで、その中でも大半の場合は上2つのホーム設定と広告ブロックアプリです。

これらはそれぞれ直し方が異なるので、順番に説明していきます。

スマホで勝手に「about:blank」になる場合の直し方


それでは早速スマホアプリで「about:blank」が表示されてしまうトラブルの対処法を説明していきます。

ホーム設定を変更する

ホーム設定が「about:blank」になっていた場合、新規タブを開いたときやタブが全くない状態でブラウザアプリを起動したときに「about:blank」が表示されるようになります。

この設定は各種ブラウザアプリの設定から変更することが可能です。

Chromeブラウザの場合、アプリ右上の「︙」を押したら出てくるメニューにある「設定」を選びます。
f:id:rick1208:20200531110438p:plain
使用しているスマホのサイズによってはメニューをちょっとスクロールしないと表示されないことがあるので気をつけてください。

次に「ホームページ」を押します。
f:id:rick1208:20200531110446p:plain

「このページを開く」の下にあるURLが新規タブ、アプリ起動時に表示されるページなります。
f:id:rick1208:20200531110455p:plain
この項目が「about:blank」になっていた場合は変更する必要があります。「about:blank」だった場合は「このページを開く」を押してください。

テキストボックスに「about:blank」以外のURLを指定して保存します。
f:id:rick1208:20200531110515p:plain
Googleを開きたい場合は「https:、、google、com」を記入してください。

これで今後は「about:blank」ではなく新しく設定したページが開かれるようになります。

広告ブロックアプリの設定を変更する

アドブロックなどの広告ブロックアプリを導入していた場合は、一部のリンクが無効化されて強制的に「about:blank」が表示されることがあります。

この場合は使用している広告ブロックアプリの設定を見直して、特定サイトの広告ブロック除外設定を行ってください。

使用している広告ブロックアプリによって設定方法は異なりますが、有名な広告ブロックアプリの大半はサイトごとに広告ブロックの設定が行えます。

広告ブロックアプリをダウンロードしていて心当たりがある場合は設定を見直してください。

もしくは1回広告ブロックアプリの消去してから問題のページを再読み込みし、再度リンクを押して「about:blank」が表示されるか試してみるといいと思います。

ウィルスアプリをダウンロードしてしまった場合

とあるアプリをダウンロードしたあたりから「about:blank」が表示されるようになった場合、勝手にホーム設定が書き換えられてしまうことがあります。

この場合、ウィルスアプリが分かっているならすぐに消去し、ウィルスが残存しているかどうかセキュリティアプリによるチェックをしてください。

その後、ブラウザアプリのホーム設定を変更して「about:blank」以外のページが表示されるかチェックしてみましょう。

スマホで「about:blank」問題で困っている場合はこれらの対処法を試してみてください。