漫画の地球儀

スクリプトエラーの表示が消えない原因、対処法!【消し方、ブラウザ、アプリ、停止、WEBサイト】

スポンサーリンク


Internet ExplorerなどのブラウザでWEBサイトを見ることしていると、突然「このページのスクリプトでエラーが発生しました」とウィンドウが表示されて、アプリが停止してしまうことがあります。

ここでは、スクリプトエラーとは一体何か・スクリプトエラーの対処法についてご説明していきます。
f:id:rick1208:20200531103434p:plain

スクリプトエラー

ここでいうスクリプトエラーとは、「JavaScript」などスクリプト言語を使用しているプログラムが不具合を起こしたときに表示されるエラーという意味です。

発生する原因

訪れたWEBサイトでJavaScriptを使用して組まれているアプリケーションに構文間違えなどの問題があると、スクリプトエラーの引き金となります。

他にも、ブラウザのキャッシュが破損して正しくデータを読み込めない場合にスクリプトに問題があると判断されてスクリプトエラーが発生することがあります。

スクリプトエラーの消し方

f:id:rick1208:20200531105039p:plain

キャッシュを削除する

上記項目で解説した通り、ブラウザのキャッシュが破損してしまいスクリプトエラーが起きることがあります。この場合は、キャッシュを消去することで新規にデータを読み込むことでエラーを回避することが可能です。

Internet Explorer

Internet Explorerでキャッシュを消去するには、ウィンドウ右上の歯車ボタンを押して「セーフティ」にマウスカーソルを乗せましょう。
f:id:rick1208:20200531103652p:plain
サブメニューが表示されるので、「見ること履歴の削除」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200531104353p:plain
「見ることの履歴の消去」ウィンドウが表示されるので、「インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル」「クッキーとWebサイトデータ」「履歴」の3つのチェックボックスをオンにして「削除」を押しましょう。これでキャッシュが消去されます。
f:id:rick1208:20200531104429p:plain

Google Chrome

Google Chromeでキャッシュを消去するには、ウィンドウ右上のメニューボタンを押してメニューを開き、「その他のツール」にマウスカーソルを乗せましょう。
f:id:rick1208:20200531104759p:plain
サブメニューが表示されるので、「見ること履歴を消去」を押しましょう。

f:id:rick1208:20200531104815p:plain
「見ること履歴データの消去」ウィンドウが表示されるので、期間を「全期間」に設定して「キャッシュされた画像とファイル」のチェックボックスをオンにして「データを消去」を押しましょう。これでキャッシュが消去されます。
f:id:rick1208:20200531104839p:plain

スクリプトエラー通知を消す

Google Chromeではスクリプトエラー通知は表示されないのですが、Internet Explorerでは表示されます。このエラー通知はインターネットオプションから消すことが可能なので、消し方を説明します。

Internet Explorerのウィンドウ右上の歯車ボタンを押して、メニューの「インターネットオプション」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200531104925p:plain

インターネットオプションが表示されたら「詳細設定」タブから設定項目をスクロールして、「スクリプトエラーごとに通知を表示する」のチェックボックスをオフに、「スクリプトデバッグを使用しない(Internet Explorer)・(その他)」のチェックボックスをオンにして「OK」を押して設定を保存しましょう。これで、スクリプトエラー通知が出ないようになります。
f:id:rick1208:20200531104932p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20200531104957p:plain

ブラウザでWEBサイトを見ることしていると発生することのある「スクリプトエラー」は、ブラウザのキャッシュをクリアすることで対処可能なほか、通知を出しないことも可能ですよ。記事内で方法を説明していますので、試してみてください。